都市大塩尻サッカー部のメンバー【2021インターハイ】出身中学や注目選手、監督を紹介!

第55回全国高校総体の出場校も決まり、夏のインターハイが始まろうとしています!

2021年8月14日より開幕し、8月22日に決勝戦が行われるわけですが…出場52校の詳細を調べてみましたよ!

今回は長野県代表の東京都市大学塩尻高校です。

出場が予想されるメンバーや、率いる監督などを紹介していきます。

スポンサーリンク

都市大塩尻高校サッカー部のメンバー【出身中学/クラブ】

登録メンバー

【6/6】長野県大会決勝のメンバー

※現在調査中

1 GK    
  GK    
4      
5      
8      
9      
10      
11      
16      
20      
21      
27      
       
       
       
       
       
       
       
       

基本フォーメーション・スタメン【】

【6/6】長野県予選 決勝のメンバー

※背番号も予選の時のもの

※現在調査中

スポンサーリンク

都市大塩尻高校の注目選手を紹介!

※現在調査中

都市大塩尻高校で特に活躍が期待される注目選手を2名紹介します!

それはxxx選手と、xxx選手です。

xxx

xxx

都市大塩尻高校サッカー部の監督【小松憲太】

小松憲太(こまつ けんた)

生年月日:1988年1月19日

指導歴:2019年~ 都市大塩尻高校

都市大塩尻高校の監督と言えば高橋裕之さんが有名ですが、2019年度より総監督に就任し小松憲太さんがコーチから監督に昇格しています。

武蔵工業大学第二高校(当時)から東海学園大学へ進学、卒業後は松本山雅FCに入団しています。

2014年にはタイのアユタヤFCでプレーし、2015年2月に現役を引退。

引退後には松本山雅FCのユースアカデミーのスタッフに就任。

都市大塩尻高校へは2017年4月からコーチとして、母校に帰ってきています。

スポンサーリンク

都市大塩尻高校サッカー部を簡単に紹介!

長野県塩尻市にある、都市大塩尻高校です。

スポーツではサッカー部の他、女子バレー部が強いことで有名な学校です。

野球部にも力を入れていますよ。

何度か名称が変更になっていますが、武蔵工業大学付属信州工業高校や武蔵工業大学第二高校が有名でしょうか。

現在の名称は武蔵工業大学が東京都市大学へ改称となった、2009年4月からですね。

今回のインターハイが9大会ぶり5回目の出場となり、高校選手権への出場も5回を数えます。

サッカー部は強化部に指定されていることもあり、近年長野県内の強豪校となっています。

部員数は2021年時点で、94名となっています。

主要成績

2008年 第87回全国高等学校サッカー選手権大会 2回戦敗退

2011年 第90回全国高等学校サッカー選手権大会 2回戦敗退

2015年 第94回全国高等学校サッカー選手権大会 2回戦敗退

2018年 第97回全国高等学校サッカー選手権大会 2回戦敗退

全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 出場4回

有名なOB選手

小松憲太(元サッカー選手,松本山雅等)

寺沢優太(AC長野パルセイロ所属)

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

都市大塩尻高校は長野県の強豪校

メンバーは本文内で

現在では長野県有数の強豪校にまで成長した都市大塩尻高校。

今回の総体では実に9大会ぶりの出場を決めてみせましたね。

長野県大会では4試合で15得点1失点。

決勝では強豪の松本国際高校を1-0で退けて全国行きを決めました。

日程やその他の出場校などの情報は別記事が詳しいです。

下の記事をご覧ください!

高校サッカーの2大大会の1つとも言えるのが、夏の高校総体。 インターハイと言った方が馴染みがあるでしょうか? 冬の高校サッカー選手権...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク