高知高校サッカー部のメンバー【2022-2023選手権】出身中学や注目選手、監督を紹介!

第101回全国高校サッカー選手権の出場校も決まり、冬の選手権が始まろうとしています!

2022年12月28日より開幕し、2023年1月9日に決勝戦が行われるわけですが…出場48校の詳細を調べてみましたよ!

今回は高知県代表の高知高校です。

出場が予想されるメンバーや、率いる監督などを紹介していきます。

※下記は夏のインターハイの情報(最新調査中)

スポンサーリンク

高知高校サッカー部のメンバー【出身中学/クラブ】

登録メンバー

【7/20更新】インターハイの登録メンバー

1 GK 東大稀 2年 宿毛中
16 GK 榎並谷礼央 2年 高知中
2 DF 森紺 2年 高知中
3 DF 西本翔馬 3年 高知中
4 DF 橋本拓実 3年 高知中
15 DF 濱口達也 2年 高知中
18 DF 田邊陽翔 2年 FCアスルクラロ高知
5 MF 市川快人 3年 高知中
6 MF 神谷昂成 3年 豊田アソシエーションFC
7 MF 南部翔太 3年 高知中
8 MF 尼崎幸誠 3年 高知中
11 MF 山本愁斗 3年 朝が丘中
14 MF 松井貫太 2年 高知中
17 MF 市原礼斗 2年 高知U
9 FW 村田楓芽 3年 高知中
10 FW 角田颯磨 3年 高知中
12 FW 高尾裕生 3年 高知中
13 FW 大久保天満 2年 FCアスルクラロ高知
19 FW 亀岡春陽 1年 高知中
20 FW 門田翔平 1年 清水ヶ丘中

基本フォーメーション・スタメン【4-4-2】

【5/23】高知県大会 決勝のフォーメーション・スタメン

※背番号も県大会のもの

スポンサーリンク

高知高校の注目選手を紹介!

高知高校で特に活躍が期待される注目選手を2名紹介します!

それは角田颯磨選手と、森紺選手です。

角田颯磨

高知高校の主将を務める選手。

高知高校の10番を背負う選手でもあります。

昨年度の選手権で全国に行った際にも、2年生でメンバー入りしていた選手です。

2トップを組む村田楓芽選手を頂点に、その周囲を衛星のように回るのが基本スタイルとなります。

最大の持ち味はFWの選手ながら守備能力が非常に高いこと。

サッカーIQの高さを感じさせるコースの切り方やスペースの消し方を武器に、前線から積極的な守備で相手の攻撃に制限をかけることができる選手ですね。

森紺

高知高校の守備の要となっている選手。

CBを務める選手で、1年生の時に出場した選手権の全国大会でもメンバー入り。

2年生となった今年度は橋本拓実選手とコンビを組み、屈強な守備を見せています。

高知高校サッカー部の監督【大坪裕典】

大坪裕典(おおつぼ ゆうすけ)

生年月日:1985年9月6日

指導歴:2019年~ 高知高校

高知高校を卒業後、阪南大学へ進学。

卒業後はリャーマス高知でプレーしています。

2019年より母校である高知高校の監督に就任しました。

第101回高校サッカー選手権【出場高校リスト】

他の都道府県の出場校情報は、下記の学校名からどうぞ。

詳しい日程・組み合わせはコチラ

「みんなの優勝予想アンケート」も受付中です。(12月28日15時まで)

優勝予想アンケートに参加する

※アンケートは結果だけを見ることもできます。

スポンサーリンク

高知高校サッカー部OBの進路&進学先

2022年卒業生

松井匠 阪南大学
野島太 阪南大学

2021年卒業生

高知高校サッカー部を簡単に紹介!

高知県高知市にある、高知高等学校です。

私立の中高一貫校であり、幼稚園から高知リハビリテーション専門職大学まである私立教育機関の高等部ですね。

部活動では野球部が有名ですが、サッカーでも高知県内の強豪校の1つとなっています。

とは言っても高知県の高校サッカーと言うと…明徳義塾高校や高知西が超強豪校…といったイメージがあるかもしれません。

現在はその2校と全国行きを争う位置にいる学校と言えるでしょう。

今回のインターハイが2大会ぶり16回目の出場となり、選手権も過去に17回の出場を誇ります。

間違いなくサッカー名門校と言って良いでしょう。

部員数は2022年現在、68名となっています。

主要成績

1986年 第65回全国高等学校サッカー選手権大会 ベスト8

全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 出場15回

有名なOB選手

高杉亮太(元サッカー選手,V・ファーレン長崎等)

濱崎陽平(元サッカー選手,湘南ベルマーレ等)

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

高知高校は高知県の強豪校

メンバーは本文内で

2年ぶりとなる全国大会ですが、昨年度の選手権でメンバー入りしていた選手も多いのが特徴。

出場が無かった選手もいますが、全国の空気に触れた選手がいるのは大きいでしょう。

高知県予選では、4試合で17得点0失点。

初戦となった2回戦の試合で11得点を稼ぎましたが、1得点しか取れなかったのは準決勝の岡豊高校との試合のみという攻撃力が魅力。

そして無失点が語るように、守備が徹底しているチームです。

日程やその他の出場校などの情報は別記事が詳しいです。

下の記事をご覧ください!

冬の風物詩とも言える高校サッカー選手権。 2022年度の今大会は、2022年12月28日に開幕し2023年1月9日に決勝が行われる第101...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク