山梨学院高校サッカー部のメンバー【2022インターハイ】出身中学や注目選手、監督を紹介!

第56回全国高校総体の出場校も決まり、夏のインターハイが始まろうとしています!

2022年7月24日より開幕し、7月30日に決勝戦が行われるわけですが…出場52校の詳細を調べてみましたよ!

今回は山梨県代表の山梨学院高校です。

出場が予想されるメンバーや、率いる監督などを紹介していきます。

スポンサーリンク

山梨学院高校サッカー部のメンバー【出身中学/クラブ】

登録メンバー

【7/20更新】インターハイの登録メンバー

1 GK 長谷川皓亮 3年 FCラヴィーダ
17 GK 廣瀬大翔 3年 アンフィニMAKI.FC
2 DF 向山悦生 3年 松本山雅FC U-15
3 DF 芳野伯 3年 名古屋グランパスみよし
4 DF 歳藤稜久 3年 名古屋グランパスみよし
5 DF 庄司優作 3年 田口FA
13 DF 小尾丞斗 3年 レドンドFC
14 DF 三浦礼久 3年 アンフィニMAKI.FC
16 DF 臼田廉太郎 3年 FCヴィアージャ
19 DF 高柳亮吾 2年 バディーSC
6 MF 宮岡拓海 3年 東京・久留米FC
7 MF 小棚木蒼大 3年 鹿島アントラーズJrユース
8 MF 野田駿人 3年 インテリオールFC
10 MF 吉本堅翔 3年 柏田SC
15 MF 本多弥沙哉 2年 ACアスミ
18 MF 山田逞人 1年 アメージングアカデミー
9 FW 栃尾瞭太 3年 GAフロンティア大阪
11 FW 伊藤優作 3年 名古屋グランパスU-15
12 FW 高野夏輝 2年 坂戸ディプロマッツ
20 FW 五十嵐真翔 2年 大谷場中

基本フォーメーション・スタメン【4-3-3】

【6/19】山梨県大会 決勝のフォーメーション・スタメン

※背番号も予選の時のもの

スポンサーリンク

山梨学院高校の注目選手を紹介!

山梨学院高校で特に活躍が期待される注目選手を2名紹介します!

それは小棚木蒼大選手と、庄司優作選手です。

小棚木蒼大

4-4-2ではセカンドトップとして、4-3-3ではインサイドハーフとしてプレーする選手。

技術が高く中盤まで下りてきてボールを引き出し、パスを散らしてゲームをコントロールできる選手ですね。

前線を務めることからもわかるように積極的にシュートも打てる選手で、県大会決勝では40m弾を沈めています。

中盤まで下りてくることも多いですが、決定機にはしっかりとゴール前に入り込むゲームの流れを読む力とポジショニングセンスが優れていますね。

庄司優作

山梨学院高校の左サイドバックを務める選手。

サイドバックの他に、センターバックとしてもプレーできるように非常に守備力が高い選手です。

176cmと特別に大きいわけではありませんが、ジャンプ力がありヘディングに強いのが特徴ですね。

山梨学院高校サッカー部の監督【羽中田昌】

羽中田昌(はちゅうだ まさし)

生年月日:1964年7月19日

指導歴:2008年~2009年 カマタマーレ讃岐

    2012年 奈良クラブ

    2015年~2017年 東京23フットボールクラブ

    2018年 ブリオベッカ浦安

    2022年~ 山梨学院高校

韮崎高校出身で高校年代では非常に注目されたプレーヤーでした。

しかし卒業後の浪人中にバイク事故で脊髄を損傷。

1993年より始まったJリーグで、かつての高校年代の同士の活躍に触発されてサッカー指導者への道へ。

1995年にバルセロナに渡り、2000年に帰国し解説者などとして活動。

暁星高校サッカー部のコーチにも就任していますね。

2008年からカマタマーレ讃岐を率い、奈良クラブ、東京23FC、ブリオベッカ浦安などの監督を務めたのち、2022年より山梨学院高校の監督に就任しています。

第56回高校サッカーインターハイ【出場高校リスト】

他の都道府県の出場校情報は、下記の学校名からどうぞ。

詳しい日程・組み合わせはコチラ

「みんなの優勝予想アンケート」も受付中です。(7月24日正午まで)

優勝予想アンケートに参加する

※アンケートは結果だけを見ることもできます。

スポンサーリンク

山梨学院高校サッカー部OBの進路&進学先

2022年卒業生

谷口航大 早稲田大学
大島悠斗 拓殖大学
小島慈央 拓殖大学
長島大翔 拓殖大学
小林士恩 桐蔭横浜大学
茂木秀人イファイン 桐蔭横浜大学
佐川太一 関東学院大学
井上瞳哉 産業能率大学
佐竹祥太 産業能率大学
菅原斗聖 産業能率大学
石川隼大 順天堂大学
柴田元 順天堂大学
保坂好寿 明海大学

2021年卒業生

鈴木剛 新潟医療福祉大学
笹沼航紀 桐蔭横浜大学
葛谷侑真 中部大学
熊倉匠 立正大学
野田武瑠 順天堂大学

山梨学院高校サッカー部を簡単に紹介!

山梨県甲府市にある、山梨学院高等学校です。

2016年に改名され現在の校名になっており、以前は山梨学院大学附属高等学校でしたね。

スポーツが盛んな学校であり、サッカー部の他にも駅伝部、野球部、水泳部などが有名です。

今回のインターハイが4大会ぶり6回目の出場となり、選手権への出場も8回となっています。

2009年、2020年度には選手権で優勝しており、全国屈指の強豪校の1つと言えますね。

部員数は2022年現在、147名のようです。

主要成績

2009年 第88回全国高等学校サッカー選手権大会 優勝

2018年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 優勝

2020年 第99回全国高等学校サッカー選手権大会 優勝

有名なOB選手

岡西宏祐(ヴァンフォーレ甲府所属)

碓井鉄平(カターレ富山所属)

堀米勇輝(サガン鳥栖所属)※サッカー部には所属せず

白崎凌兵(清水エスパルス所属)

萱沼優聖(ヴァンラーレ八戸所属)

齋藤翔太(元サッカー選手,東京23FC等)

毛利駿也(ツエーゲン金沢所属)

山口一真(FC町田ゼルビア所属)

大野佑哉(松本山雅FC所属)

渡辺剛(日本代表,KVコルトレイク所属/ベルギー)

前田大然(日本代表,セルティックFC所属/スコットランド)

宮崎純真(ヴァンフォーレ甲府所属)

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

山梨学院高校は山梨県の強豪校

メンバーは本文内で

選手権とインターハイでどちらも全国を制した名門校。

昨年度の選手権にも出場していますが、その時には現在の3年生でメンバー入りした選手は少ないですね。

監督も今年度から変更となっていますので、新たな山梨学院のサッカーを見せる大会となりそうです。

山梨県予選では3試合で10得点1失点。

準決勝で1失点したものの、それまで無失点が示すように非常に守備が硬いチームです。

日程やその他の出場校などの情報は別記事が詳しいです。

下の記事をご覧ください!

高校サッカーの2大大会の1つとも言えるのが、夏の高校総体。 インターハイと言った方が馴染みがあるでしょうか? 冬の高校サッカー選手権...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク