徳島市立高校サッカー部のメンバー【2021インターハイ】出身中学や注目選手、監督を紹介!

第55回全国高校総体の出場校も決まり、夏のインターハイが始まろうとしています!

2021年8月14日より開幕し、8月22日に決勝戦が行われるわけですが…出場52校の詳細を調べてみましたよ!

今回は徳島県代表の徳島市立高校です。

出場が予想されるメンバーや、率いる監督などを紹介していきます。

スポンサーリンク

徳島市立高校サッカー部のメンバー【出身中学/クラブ】

登録メンバー

【6/7】徳島県大会決勝のメンバー

1 GK 藤澤芭琉 2年 那須川中
2 DF 稲川陽友 2年 フレスカ神戸
3 DF 花房玲遠 2年 フレスカ神戸
4 DF 河合侑馬 2年 伊丹FC
6 MF 柴田侑茉 2年 羽ノ浦中
7 MF 織田大翔 2年 FC.Livent
8 MF 川上楓雅 3年 川内中
9 MF 佐藤秀一 3年 Liberal.E.C
13 MF 河村壮真 2年 徳島FCリベリモ
11 FW 藤島涼介 3年 徳島ヴォルティスJrユース
12 FW 秋月大和 2年 愛媛FC U-15新居浜

基本フォーメーション・スタメン【3-4-3】

【6/7】徳島県予選 決勝のフォーメーション・スタメン

※背番号も予選の時のもの

スポンサーリンク

徳島市立高校の注目選手を紹介!

※現在調査中

徳島市立高校で特に活躍が期待される注目選手を2名紹介します!

それはxxx選手と、xxx選手です。

xxx

xxx

徳島市立高校サッカー部の監督【河野博幸】

河野博幸(かわの ひろゆき)

生年月日:1974年7月29日

指導歴:2003年~2009年 徳島商業高校

    2013年~ 徳島市立高校

徳島市立高校を卒業後、高知大学へ進学。

卒業後は指導者に転身し、鴨島商業高校へ赴任。

2007年に徳島商業高校の監督に就任し、2013年より母校の徳島市立高校の監督に就任しています。

徳島市立と言うと…過去の名門といった状況になっており…2001年から10年間県予選を突破出来ずにいました。

この時に徳島市立の県優勝を阻んでいたのが、河野博幸監督率いる徳島商業高校。

7年間で6度の選手権出場という強さを見せていました。

スポンサーリンク

徳島市立高校サッカー部を簡単に紹介!

徳島県徳島市にある、徳島市立高校です。

県内では有数のサッカー強豪校として有名です。

他にもテニスや卓球なども強いですね。

文化部ではオーケストラ、クイズ研究同好会などが全国クラスとなっています。

スポーツ推薦で大学に進学する学生も多く、非常に部活動に力を入れている学校です。

今回のインターハイが7大会連続19回目の出場となり、選手権への出場も18回を誇ります。

最高成績は総体での優勝となり、選手権ではベスト8となっています。

部員数は2020年時点で、51名となっていますので2021年も同程度と思われます。

主要成績

1992年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 優勝

2019年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 ベスト8

2019年 第98回全国高等学校サッカー選手権大会 ベスト8

有名なOB選手

森一哉(元サッカー選手,川崎フロンターレ)

吉成浩司(元サッカー選手,大塚製薬等)

本田征治(元サッカー選手,ザスパ草津等)

藤田聡(元サッカー選手,ガンバ大阪)

藤本主税(元日本代表,大宮アルディージャ等)

森陽一(元サッカー選手,ツエーゲン金沢等)

天羽良輔(元サッカー選手,カマタマーレ讃岐等)

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

徳島市立高校は徳島県の強豪校

メンバーは本文内で

市立ながらも県内有数の強豪校です。

実に7大会連続でのインターハイとなり、昨年度の冬の選手権でメンバー入りした選手も多く残っています。

しかも1年生で選手権を経験した選手が、今年は2年生で主力となっているので来年以降も楽しみなチームですね。

徳島県予選では、4試合で10得点2失点。

失点は準決勝でのわずか1失点のみという、守備の硬さが魅力のチームです。

日程やその他の出場校などの情報は別記事が詳しいです。

下の記事をご覧ください!

高校サッカーの2大大会の1つとも言えるのが、夏の高校総体。 インターハイと言った方が馴染みがあるでしょうか? 冬の高校サッカー選手権...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク