履正社高校サッカー部のメンバー【2022インターハイ】出身中学や注目選手、監督を紹介!

第56回全国高校総体の出場校も決まり、夏のインターハイが始まろうとしています!

2022年7月24日より開幕し、7月30日に決勝戦が行われるわけですが…出場52校の詳細を調べてみましたよ!

今回は大阪府代表の履正社高校です。

出場が予想されるメンバーや、率いる監督などを紹介していきます。

スポンサーリンク

履正社高校サッカー部のメンバー【出身中学/クラブ】

登録メンバー

【7/20更新】インターハイの登録メンバー

1 GK 湯池駿介 3年 SC大阪エルマーノ
12 GK ジョン カミィ信バー 3年 刈谷Jrユース
2 DF 西坂斗和 3年 STFC.Partida
3 DF 加藤日向 3年 ガンバ大阪Jrユース
4 DF 東尾大空 3年 ガンバ大阪Jrユース
13 DF 岡田誠也 3年 千里丘FC
16 DF 石塚蒼空 2年 千里丘FC
18 DF 森田夢生 2年 三重サッカーアカデミー
20 DF 平井佑亮 3年 城南中
5 MF 徳山亮伍 3年 千里丘FC
6 MF 杉本銀士 3年 ヴィッセル神戸伊丹U-15
8 MF 小田村優希 3年 ヴィッセル神戸伊丹U-15
10 MF 名願斗哉 3年 ガンバ大阪Jrユース
11 MF 張山拓夢 3年 RIP ACE SC
14 MF 川端元 3年 アイリスFC住吉
15 MF 中鉢大翔 2年 千里丘FC
17 MF 中村成那 2年 FC伊勢志摩
7 FW 梶並笑顔 3年 千里丘FC
9 FW 古田和之介 3年 ガンバ大阪Jrユース
19 FW 河野朔也 2年 アイリスFC住吉

基本フォーメーション・スタメン【4-2-3-1】

【6/12】大阪府大会 決勝のフォーメーション・スタメン

※背番号も府大会のもの

スポンサーリンク

履正社高校の注目選手を紹介!

履正社高校で特に活躍が期待される注目選手を2名紹介します!

それは名願斗哉選手と、平井佑亮選手です。

名願斗哉

履正社高校屈指のドリブラー

U-17日本高校選抜にも選ばれた、抜群の突破力と得点力を武器にした選手。

主に左サイドを主戦場とし、縦への仕掛けは驚異の一言。

県大会では準決勝の後半に負傷したこと、更には準決勝を勝ったことで出場権が得られたことなどもありベンチスタートとなりました。

しかし軽傷のようですので、本大会では問題無く力を発揮してくれるでしょう。

平井佑亮

履正社高校のCB

なんといっても190cmを超える高身長が武器の選手。

プレミアリーグではあまり出れていなかったこともあり、インターハイで出番があるかというのはわかりませんが…この高さは他には無い武器でしょう。

ヘディングの技術も高く、身長とフィジカルと共に簡単には競り負けない強さが魅力ですね。

履正社高校サッカー部の監督【平野直樹】

平野直樹(ひらの なおき)

生年月日:1965年11月2日

指導歴:2003年~ 履正社高校

四日市中央工業時代にはインターハイで優勝し、選手権ではベスト4を達成しています。

卒業後は順天堂大学に進学し、その後に松下電器産業(現ガンバ大阪)に入団しています。

引退後には指導者に転身し、ガンバ大阪ユースのコーチやジュニアユースのコーチを務めました。

ベガルタ仙台のコーチ、星稜高校などを経て、2003年から履正社高校の監督に就任しています。

履正社高校のサッカー部創部と同時に就任しましたので、履正社高校サッカー部の全てとも言える存在。

S級ライセンス保持者でもあります。

第56回高校サッカーインターハイ【出場高校リスト】

他の都道府県の出場校情報は、下記の学校名からどうぞ。

詳しい日程・組み合わせはコチラ

「みんなの優勝予想アンケート」も受付中です。(7月24日正午まで)

優勝予想アンケートに参加する

※アンケートは結果だけを見ることもできます。

スポンサーリンク

履正社高校サッカー部OBの進路&進学先

2022年卒業生

平尾駿輝 カターレ富山
宮路峻輔 新潟医療福祉大学
寺田侑平 大阪学院大学
山中大輝 大阪学院大学
森本恵大 大阪産業大学
藤原光輝 立正大学
竹腰智也 順天堂大学
植田敬太 神戸学院大学
高橋直樹 大阪体育大学
廣野大河 大阪体育大学
大津明日光 近畿大学
高橋陸 近畿大学

2021年卒業生

平岡太陽 湘南ベルマーレ
向晃生 京都橘大学
李晃輝 桐蔭横浜大学
池田喜晴 大阪学院大学
杉村斗磨 大阪学院大学
野村大輔 大阪学院大学
舩田陸人 大阪学院大学
赤井瞭太 流通経済大学
菅澤烈 流通経済大学
森川颯太 芦屋大学
松尾怜 神戸学院大学
山田大暉 大阪体育大学

履正社高校サッカー部を簡単に紹介!

大阪府豊中市にある、履正社高等学校です。

1922年に創立された大阪府福島商業学校が前身となるようです。

大阪福島商業高校という名称を経て、1983年より履正社高等学校に改名。

野球部の強い学校として有名です。

2000年に共学化となり、サッカー部は2003年に創部されています。

そこから10年で初の全国行きを決め、その年にベスト8という快挙を達成しましたね。

今回のインターハイが5大会ぶり4回目の出場となり、選手権への出場も3回となっています。

インターハイは久々ですが、2020年に選手権で全国に行っていますね(こちらも久々)

部員数は公式ホームページによると2022年現在、85名のようです。

主要成績

2013年 第92回全国高等学校サッカー選手権大会 ベスト8

2014年 第93回全国高等学校サッカー選手権大会 ベスト8

2015年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 ベスト8

2016年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 ベスト8

有名なOB選手

新村純平(元サッカー選手,東京ヴェルディ1969等)

奥井諒(V・ファーレン長崎所属)

林大地(日本代表,シント=トロイデンVV所属/ベルギー)

田中駿汰(北海道コンサドーレ札幌所属)

牧野寛太(AC長野パルセイロ所属)

大迫暁(アスルクラロ沼津所属)

町野修斗(湘南ベルマーレ所属)

平岡大陽(湘南ベルマーレ所属)

平尾駿輝(カターレ富山所属)

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

履正社高校は大阪府の新鋭高

メンバーは本文内で

2003年の創部から10年で全国行きを達成。

そして選手権とインターハイ、共にベスト8を達成した新鋭高ですね。

大阪府予選では4試合で6得点3失点。

準決勝では近代附属高校相手にPK戦という激闘となり勝ち上がりました。

他3試合全て1失点ずつというのが気になるところではありますが、それでもプレミア勢の強さというのを見せつけた府大会でしたね。

日程やその他の出場校などの情報は別記事が詳しいです。

下の記事をご覧ください!

高校サッカーの2大大会の1つとも言えるのが、夏の高校総体。 インターハイと言った方が馴染みがあるでしょうか? 冬の高校サッカー選手権...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク