昌平高校サッカー部のメンバー【2022インターハイ】出身中学や注目選手、監督を紹介!

第56回全国高校総体の出場校も決まり、夏のインターハイが始まろうとしています!

2022年7月24日より開幕し、7月30日に決勝戦が行われるわけですが…出場52校の詳細を調べてみましたよ!

今回は埼玉県代表の昌平高校です。

出場が予想されるメンバーや、率いる監督などを紹介していきます。

スポンサーリンク

昌平高校サッカー部のメンバー【出身中学/クラブ】

登録メンバー

【7/20更新】インターハイの登録メンバー

1 GK 上林真斗 3年 FC LAVIDA
16 GK 葛西天河 3年 リベロ津軽SC
2 DF 武村圭悟 3年 FC LAVIDA
3 DF 上原悠都 1年 FC LAVIDA
4 DF 津久井佳祐 3年 FC LAVIDA
5 DF 石川穂高 2年 FC LAVIDA
12 DF 田中瞭生 2年 FC LAVIDA
13 DF 今井大翔 3年 FC LAVIDA
19 DF 甲斐田陽大 3年 GRANDE FC
6 MF 佐藤海空斗 3年 FC LAVIDA
7 MF 土谷飛雅 2年 FC LAVIDA
8 MF 長準喜 2年 FC LAVIDA
10 MF 荒井悠汰 3年 FC LAVIDA
11 MF 篠田翼 3年 FC LAVIDA
14 MF 佐々木小太朗 3年 FC LAVIDA
20 MF 田尻匡平 3年 サンフレッチェ広島Jrユース
9 FW 小田晄平 2年 FC LAVIDA
15 FW 鄭志錫 1年 FC LAVIDA
17 FW 伊藤風河 3年 FC LIVIDA
18 FW 平叶大 2年 FC FUORICLASSE SENDAI

基本フォーメーション・スタメン【4-2-3-1】

【6/19】埼玉県大会 決勝のフォーメーション・スタメン

※背番号も県大会のもの

スポンサーリンク

昌平高校の注目選手を紹介!

昌平高校で特に活躍が期待される注目選手を2名紹介します!

それは荒井悠汰選手と、佐藤海空斗選手です。

荒井悠汰

昌平高校の、背番号10を背負う選手です。

U-18,U-19日本代表候補にも選出される逸材で、1年生の時からコンスタントにプレー。

右サイドを主戦場とし、縦への突破やカットインからのシュートやラストパスと、ゴールに直結するプレーが特徴の選手です。

卒業後のFC東京入りが内定しており、2種登録選手として既にルヴァンカップでプレーもしています。

佐藤海空斗

昌平高校の中盤の底を務める選手。

技巧派揃いの昌平高校には珍しく?フィジカルの強さが武器の選手です。

中盤の底で相手のチャンスの芽をことごとく刈り取るのがプレースタイルとなり、屈強なフィジカルと試合の展開を読む力でボール奪取。

攻撃面でも最終ラインからの出しどころとして、前で詰まった際の落としどころとしてボールを引き出せる選手ですね。

昌平高校サッカー部の監督【藤島崇之】

藤島崇之(ふじしま たかゆき)

生年月日:1980年4月12日

指導歴:2007年~ 昌平高校

千葉県の習志野高校、順天堂大学出身で…高校時代には選手権への出場もあります。

1998年度の第77回大会への出場で、優秀選手にも選ばれています。

ちなみにこの時のチームには玉田圭司選手がいましたよ。

大学卒業後に指導者に転身し、青森山田中学・高校にて指導者キャリアをスタート。

2007年より昌平高校の監督に就任しています。

当初はそれほど強くなかった高校ですが、基礎技術の向上を大切に時間をかけて強化。

2014年に初の全国出場を掴みます。

そこからは埼玉県の強豪校の1つに成長していますね。

「育てて勝つ」をテーマに、これからは全国の常連に…そして初の全国制覇に向けてとなるでしょう。

第56回高校サッカーインターハイ【出場高校リスト】

他の都道府県の出場校情報は、下記の学校名からどうぞ。

詳しい日程・組み合わせはコチラ

「みんなの優勝予想アンケート」も受付中です。(7月24日正午まで)

優勝予想アンケートに参加する

※アンケートは結果だけを見ることもできます。

スポンサーリンク

昌平高校サッカー部OBの進路&進学先

2022年卒業生

西村遥己 アルビレックス新潟
井野文太 ギラヴァンツ北九州
平原隆暉 ギラヴァンツ北九州
八木大翔 福島ユナイテッドFC
篠田大輝 日本体育大学
米陀大洋 日本体育大学
須藤悠斗 城西大学
本間温士 桐蔭横浜大学

2021年卒業生

小川優介 鹿島アントラーズ
須藤直輝 鹿島アントラーズ
小見洋太 アルビレックス新潟
柴圭太 福島ユナイテッドFC
青木陸 産業能率大学
唐木晃 産業能率大学
田島魁人 産業能率大学
内田空音 明海大学

昌平高校サッカー部を簡単に紹介!

埼玉県杉戸町にある、昌平高校です。

国際教育が特色として有名な学校ですね。

以前は学校法人福田学園2007年4月に昌平高校に校名が変更となりました。

部活動も盛んで、サッカー部の他にはバスケットボール部、ラグビー部などが全国クラスとなっています。

今回のインターハイが3大会ぶり4回目となり、選手権も過去4回の出場となっています。

サッカー部の強化が昌平高校に改名された2007年からのことですので、かなり短期間で良い結果を出している学校です。

部員数は2022年現在、155名のようです。

主要成績

2016年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 ベスト4

2018年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 ベスト4

2019年 第98回全国高等学校サッカー選手権大会 ベスト8

2020年 第99回全国高等学校サッカー選手権大会 ベスト8

有名なOB選手

斉藤誠司(カリアリFC所属/コスタリカ)※途中転校

和田幹大(Y.S.C.C.横浜所属)

針谷岳晃(ギラヴァンツ北九州所属)

松本泰志(サンフレッチェ広島所属)

佐相壱明(SC相模原所属)

原田虹輝(AC長野パルセイロ所属)

鎌田大夢(ベガルタ仙台所属)

小川優介(鹿島アントラーズ所属)

小見洋太(アルビレックス新潟所属)

柴圭汰(福島ユナイテッドFC所属)

須藤直輝(ツエーゲン金沢所属)

八木大翔(福島ユナイテッドFC所属)

西村遥己(アルビレックス新潟所属)

平原隆暉(ギラヴァンツ北九州所属)

井野文太(ギラヴァンツ北九州所属)

荒井悠汰(FC東京特別指定選手)※卒業後加入内定

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

昌平高校は埼玉県の新鋭校

メンバーは本文内で

一昨年の選手権を1年生で経験した選手が何人かいますね。

その選手達が主力となっており、世代別代表にも選ばれるような逸材です。

今年度の目標はもちろん過去最高成績となるベスト4を超える事、になるでしょう。

埼玉県大会では、4試合で8得点1失点。

例年攻撃面が話題となるチームではありますが、失点は決勝での東京成徳大深谷戦でのわずか1です。

日程やその他の出場校などの情報は別記事が詳しいです。

下の記事をご覧ください!

高校サッカーの2大大会の1つとも言えるのが、夏の高校総体。 インターハイと言った方が馴染みがあるでしょうか? 冬の高校サッカー選手権...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク