仙台育英サッカー部のメンバー【2021インターハイ】出身中学や注目選手、監督を紹介!

第55回全国高校総体の出場校も決まり、夏のインターハイが始まろうとしています!

2021年8月14日より開幕し、8月22日に決勝戦が行われるわけですが…出場52校の詳細を調べてみましたよ!

今回は宮城県代表の仙台育英学園高校です。

出場が予想されるメンバーや、率いる監督などを紹介していきます。

スポンサーリンク

仙台育英高校サッカー部のメンバー【出身中学/クラブ】

登録メンバー

【6/7】宮城県大会決勝のメンバー

1 GK 落合孝昭 2年  
2 DF    
3 DF    
4 DF    
5 DF    
8 MF 明石海月 3年 スプレッドイーグルFC函館
10 MF 島野怜 2年 鹿島アントラーズJrユース
15 MF    
17 MF 染野優輝 3年 グランデFC
9 FW 佐藤遼 3年 FC駒沢
23 FW    

基本フォーメーション・スタメン【4-4-2】

【6/7】宮城県予選 決勝のメンバー

※背番号も予選の時のもの

スポンサーリンク

仙台育英高校の注目選手を紹介!

※現在調査中

仙台育英高校で特に活躍が期待される注目選手を2名紹介します!

それはxxx選手と、xxx選手です。

xxx

xxx

仙台育英高校サッカー部の監督【城福敬】

城福敬(じょうふく たかし)

生年月日:1957年5月10日

指導歴:1997年~2000年 日本文理大学付属高校

    2000年~2002年 川崎フロンターレ(スカウト部長)

    2002年~2006年 コンサドーレ札幌(強化部長)

    2007年~2008年 ジェフ千葉U-18

    2010年~ 仙台育英高校

サンフレッチェ広島で指揮を執る、城福浩監督の兄。

川崎フロンターレやコンサドーレ札幌、ジェフユナイテッド千葉などの強化に関わり、2010年より仙台育英高校の監督に就任。

数々のJクラブに関わってきた手腕を活かし、仙台育英の強化を進めています。

千葉での育成年代の監督・強化スタッフを務めたことで、当時のイビチャ・オシム監督の「考えながら走るサッカー」に感銘を受け、仙台育英でも同じコンセプトを掲げていますね。

スポンサーリンク

仙台育英高校サッカー部を簡単に紹介!

宮城県仙台市にある、仙台育英高校です。

スポーツ強豪校として有名でして、サッカーの他には野球の名門となっています。

他にも陸上・駅伝やラグビーなどでも強豪校ですね。

今回のインターハイは2大会ぶり20回目の出場となり、選手権への出場はなんと35回を数えます。

最高成績は選手権でベスト4、総体ではベスト8となっていますが…近年は全国では苦戦している印象も…。

部員数は公式ホームページによると、186名のようです。

主要成績

1956年 第35回全国高等学校サッカー選手権大会 ベスト4

1964年 第43回全国高等学校サッカー選手権大会 ベスト4

1978年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 ベスト8

有名なOB選手

武藤真一(元サッカー選手,ジェフ市原等)

中島浩二(元サッカー選手,サンフレッチェ広島等)

芳賀博信(元サッカー選手,コンサドーレ札幌等)

大久保将人(元サッカー選手,川崎フロンターレ等)

千田海人(ブラウブリッツ秋田所属)※サッカー部には所属せず

熊谷駿(元サッカー選手,ヴァンフォーレ甲府等)

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

仙台育英高校は宮城県の強豪校

メンバーは本文内で

宮城を代表する名門校ではありますが、近年は少し全国では苦戦気味な印象も。

ここらで1978年まで遡るベスト8以上の結果を残したいところでしょう。

宮城県予選では5試合で22得点3失点。

決勝戦では名門聖和学園とのPK戦を制して、見事に全国行きを決めています。

サドンデスまでもつれ込む息の詰まるPKでしたね。

日程やその他の出場校などの情報は別記事が詳しいです。

下の記事をご覧ください!

高校サッカーの2大大会の1つとも言えるのが、夏の高校総体。 インターハイと言った方が馴染みがあるでしょうか? 冬の高校サッカー選手権...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク