米子北高校サッカー部のメンバー【2021インターハイ】出身中学や注目選手、監督を紹介!

第55回全国高校総体の出場校も決まり、夏のインターハイが始まろうとしています!

2021年8月14日より開幕し、8月22日に決勝戦が行われるわけですが…出場52校の詳細を調べてみましたよ!

今回は鳥取県代表の米子北高校です。

出場が予想されるメンバーや、率いる監督などを紹介していきます。

スポンサーリンク

米子北高校サッカー部のメンバー【出身中学/クラブ】

登録メンバー

【8/4】インターハイ登録予定のメンバー

1 GK 西山飛源 2年 FCバイエルンツネイシ
17 GK 山田陽介 3年 前橋FC
3 DF 鈴木慎之介 3年 大宮アルディージャU-15
4 DF 青戸幸輝 2年 鳥取KFC
5 DF 海老沼慶士 3年 後藤ヶ丘中
13 DF 飯島巧貴 2年 前橋FC
15 DF 原佳太朗 3年 サンフレッチェくにびき
19 DF 長谷川隼 3年 後藤ヶ丘中
2 MF 渡部颯斗 3年 FC Livent
6 MF 野田徹生 2年 ガンバ大阪Jrユース
7 MF 木村愛斗 3年 FCフェルボール愛知
8 MF 橋本淳史 3年 鳥取VAMOS FC
10 MF 佐野航大 3年 FC Viprate
16 MF 牧野零央 3年 FCフェルボール愛知
20 MF 山中奨 3年 ガンバ大阪門真Jrユース
9 FW 福田秀人 2年 鳥取南中
11 FW 片山颯人 3年 京都JマルカFC
12 FW 小橋川海斗 2年 ヴィクサーレ沖縄FC
14 FW 中井唯斗 2年 鳥取KFC
18 FW 岸本怜緒 3年 蹴友

基本フォーメーション・スタメン【4-4-2】

【6/6】鳥取県予選 決勝のフォーメーション・スタメン

※背番号も県予選のもの

スポンサーリンク

米子北の注目選手を紹介!

米子北高校で特に活躍が期待される注目選手を2名紹介します!

それは佐野航大選手と、海老沼慶士選手です。

佐野航大

米子北高校の攻撃の軸となる選手です。

FWでもプレー出来る選手ですが、恐らく中盤の底での起用となるかと思われます。

当たり負けないフィジカルの強さとスピードを兼ね備えており、ゲームメーカーとして攻撃の形を作る選手。

しかしボールを収める能力とゴール前での意外性があるので、FWとして得点を期待する起用方法もあるかもしれません。

海老沼慶士

左サイドのスピードスター。

圧倒的なスピードで左サイドを深く切り裂き、左足での正確なクロスを供給する選手です。

持ち前のスピードは守備でも活かされており、注目の左SBです。

米子北高校サッカー部の監督【中村真吾】

中村真吾(なかむら しんご)

生年月日:1974年8月28日

指導歴:2003年~2015年 米子北高校(コーチ)

    2016年~ 米子北高校

島根県の松江商業高校を卒業し、九州産業大学に進学。

その後は指導者に転身し、2003年に米子北高校のコーチに就任。

2016年より監督に就任しています。

米子北高校と言えば、長年率い全国クラスのチームへと育ててきた城市徳之監督。

2016年に城市監督が総監督に就任し、コーチとして活躍してきた中村真吾監督が後任となりました。

フィジカルの強化に定評があり、パワフルなのが米子北のスタイル。

部訓は「心・技・体・和」となっており、サッカーを通じて強い精神力を養う指導方針となっています。

スポンサーリンク

米子北高校サッカー部を簡単に紹介!

鳥取県米子市にある、米子北高校です。

サッカー部が非常に強い高校として有名ですね。

特に近年の活躍は目立っているように思いますよ。

他にはバドミントンやソフトテニス、スキー、吹奏楽なども全国経験を持つ学校です。

しかし…やっぱり有名な部はサッカー部でしょう。

今回のインターハイが13大会連続16回目!

更には選手権へも出場16回を誇ります。

出場回数も凄いですが…何と言っても連続というのが凄いです。

近年は鳥取で敵無し状態ですね。

部員数は2021年時点で、126名のようです。

主要成績

2009年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 準優勝

2017年 第96回全国高等学校サッカー選手権大会 ベスト8

有名なOB選手

山本大稀(FC刈谷所属)

谷尾昂也(ガイナーレ鳥取所属)

昌子源(日本代表,ガンバ大阪所属)

加藤潤也(ザスパクサツ群馬所属)

松浦尚人(元サッカー選手,ヴェルスパ大分)

森本大貴(藤枝MYFC所属)

佐野海舟(FC町田ゼルビア所属)

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

米子北高校は鳥取県の強豪校

メンバーは本文内で

鳥取では無敵状態の米子北ですが、昨年度の選手権はまさかの1回戦敗退。

その時を知っているメンバーも多く、まずは夏の総体で!ということになるでしょう。

鳥取県予選では4試合で46得点0失点。

決勝でも米子東相手に、なんと6-0という圧勝劇。

予選を通して圧倒的とも言える攻撃力を見せつけました。

日程やその他の出場校などの情報は別記事が詳しいです。

下の記事をご覧ください!

高校サッカーの2大大会の1つとも言えるのが、夏の高校総体。 インターハイと言った方が馴染みがあるでしょうか? 冬の高校サッカー選手権...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする