帝京第三高校サッカー部のメンバー【2021インターハイ】出身中学や注目選手、監督を紹介!

第55回全国高校総体の出場校も決まり、夏のインターハイが始まろうとしています!

2021年8月14日より開幕し、8月22日に決勝戦が行われるわけですが…出場52校の詳細を調べてみましたよ!

今回は山梨県代表の帝京第三高校です。

出場が予想されるメンバーや、率いる監督などを紹介していきます。

スポンサーリンク

帝京第三高校サッカー部のメンバー【出身中学/クラブ】

登録メンバー

【7/30】インターハイ登録予定のメンバー

1 GK 金子成那 3年 FRIENDLY
17 GK 梨本陸功 2年 東急Sレイエス
2 DF 安原太洋 3年 FC湘南Jrユース
3 DF 塚下宏希 3年 S.T.FC
4 DF 岩川アレクシス駿 3年 名古屋グランパスU-15
5 DF 白鳥稜汰 3年 Uスポーツクラブ
12 DF 初鹿新 3年 Uスポーツクラブ
13 DF 片岡真也 2年 横浜FC Jrユース
6 MF 井野本将汰 3年 八尾大正FC
7 MF 菅野恭生 3年 クラブ・ドラゴンズ柏
8 MF 小林凜太郎 3年 フォルトゥナSC
11 MF 横田隆晟 3年 FCラルクヴェール千葉
14 MF 坂本祥馬 3年 東松山ペレーニアSC
15 MF 辻友翔 1年 FRIENDLY
16 MF 大久保拓真 3年 FC杉野
19 MF 渥美雄登 3年 塩釜FC
20 MF フリッツ輝海音 3年 三菱養和SC調布Jrユース
9 FW 細田皐太 3年 三菱養和SC調布Jrユース
10 FW 趙浚杓 3年 FRIENDLY
18 FW 神山力哉 3年 S.T.FC

基本フォーメーション・スタメン【】

【7/30】インターハイ登録予定のメンバー

スポンサーリンク

帝京第三高校の注目選手を紹介!

帝京第三高校で特に活躍が期待される注目選手を2名紹介します!

それは細田皐太選手と、白鳥稜汰選手です。

細田皐太

183cmの大型FWです。

体格を活かしたキープやポストプレーが得意で、ロングボールを確実に収める頼れる存在。

攻守にハードワークができる選手で、県予選決勝でも延長後半に決勝点を挙げる勝負強さも。

白鳥稜汰

帝京第三高校の主将を務める選手。

元々はボランチの選手で、恐らくCB転向はこのインターハイの山梨県大会からかと。

中盤の選手らしくキックの精度が高く、セカンドボールの回収が良いのも特徴です。

相方を組む岩川アレクシス駿選手が対人に強いタイプですので、両CBの相性も良さそうに見えますね。

帝京第三高校サッカー部の監督【相良和弘】

相良和弘(さがら かずひろ)

生年月日:19xx年x月x日

指導歴:2001年~ 帝京第三高校

日川高校を卒業後、中央大学へ進学。

卒業後は指導者に転身し、帝京第三高校へは2000年に赴任しています。

1年間はコーチとして過ごし、翌2001年より監督に就任しました。

スポンサーリンク

帝京第三高校サッカー部を簡単に紹介!

山梨県北杜市にある、帝京第三高校です。

創立は1962年となっており、比較的歴史の長い学校ですね。

サッカー部の他にも野球部が強く、数多くのプロサッカー選手・プロ野球選手を輩出しています。

今回のインターハイは3大会ぶり11回目の出場となり、選手権への出場は10回を誇ります。

部員数は2021年時点で、87名のようです。

主要成績

1990年 第69回全国高等学校サッカー選手権大会 3回戦敗退

1994年 第73回全国高等学校サッカー選手権大会 3回戦敗退

1995年 第74回全国高等学校サッカー選手権大会 3回戦敗退

2012年 第47回全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 3回戦敗退

2014年 第49回全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 3回戦敗退

2015年 第50回全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 3回戦敗退

2015年 第94回全国高等学校サッカー選手権大会 3回戦敗退

2017年 第52回全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 3回戦敗退

有名なOB選手

赤羽邦彦(元サッカー選手,サンフレッチェ広島等)

宮沢正史(元サッカー選手,大分トリニータ等)

宮川大輔(元サッカー選手,ギラヴァンツ北九州等)

西部洋平(カターレ富山所属)

長山一也(元サッカー選手,カターレ富山等)

岡田亮太(福島ユナイテッドFC所属)

亀川諒史(V・ファーレン長崎所属)

松本大輔(サガン鳥栖所属)

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

帝京第三高校は山梨県の強豪校

メンバーは本文内で

3大会ぶりのインターハイとなります。

強豪校揃いの山梨県であり、決勝戦では韮崎高校を相手に延長戦までもつれ込む死闘となりましたね。

山梨県予選では5試合で13得点1失点。

準々決勝が不戦勝となったため、実質4試合13得点1失点と言った方が良いでしょうか。

準決勝でも強豪の日大明誠高校を相手に1-0と競り勝ちました。

日程やその他の出場校などの情報は別記事が詳しいです。

下の記事をご覧ください!

高校サッカーの2大大会の1つとも言えるのが、夏の高校総体。 インターハイと言った方が馴染みがあるでしょうか? 冬の高校サッカー選手権...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク