矢板中央高校サッカー部のメンバー【2021インターハイ】出身中学や注目選手、監督を紹介!

第55回全国高校総体の出場校も決まり、夏のインターハイが始まろうとしています!

2021年8月14日より開幕し、8月22日に決勝戦が行われるわけですが…出場52校の詳細を調べてみましたよ!

今回は栃木県代表の矢板中央高校です。

出場が予想されるメンバーや、率いる監督などを紹介していきます。

スポンサーリンク

矢板中央高校サッカー部のメンバー【出身中学/クラブ】

登録メンバー

【7/30】インターハイ登録予定のメンバー

1 GK 藤井陽登 3年 十和田中
12 GK 羽渕莉人 3年 FCみやぎバルセロナ
2 DF 小出勇翔 3年 鹿島アントラーズJrユース
3 DF 森山駿 3年 鹿島アントラーズつくば
4 DF 島﨑勝也 3年 FCファイターズ
5 DF 畑岡知樹 2年 栃木SC U-15
13 DF 太田爽志 3年 FCみやぎバルセロナ
18 DF 山越結平 3年 前橋FC
6 MF 田邊海斗 2年 原山中
7 MF 大畑凜生 3年 大宮西カリオカFC
8 MF 唐橋玖生 3年 アストロンJrユース
9 MF 藤野和哉 3年 ジェフユナイテッド千葉U-15
14 MF 片岡駿太 3年 大宮アルディージャU-15
15 MF 柴田玲樹 3年 東京武蔵野シティFC U-15
19 MF 黒澤光成 3年 上州FC高崎
20 MF 宮川雄大 3年 セブン能登
10 FW 星景虎 3年 矢板SC
11 FW 林廉斗 3年 FC古河
16 FW 小森雄斗 3年 ウイングスSC
17 FW 久野木力丸 3年 EC JOGADOR

基本フォーメーション・スタメン【4-4-2】

【7/30】インターハイ登録予定のフォーメーション・スタメン

スポンサーリンク

矢板中央高校の注目選手を紹介!

矢板中央高校で特に活躍が期待される注目選手を2名紹介します!

それは藤井陽登選手と、大畑凜生選手です。

藤井陽登

矢板中央の守護神。

1年生の時から正ゴールキーパーを務め、彼の活躍無しでは選手権ベスト4入りはなかったであろう選手。

2年続けて冬の選手権でベスト4入りに貢献した守護神が、ついに最上級生となりました。

昨年度はまだ2年生ながら既に高校年代トップクラスの逸材と言える存在でありましたが、今年度は更に磨きがかかった印象。。

ゴールキーパーに必要な能力の全てが満遍なく高いのですが、攻撃時にも活かせるキックの精度と飛距離も武器に持っています。

大畑凜生

矢板中央の中盤の底で攻守の中心となる選手。

昨年度の選手権では優秀選手に選出されたボランチですね。

球際の強さ、切り替えの早さ、運動量と空中戦の強さ、中盤で相手の攻撃の芽を摘み取る能力に長けた選手です。

矢板中央高校サッカー部の監督【高橋健二】

高橋健二(たかはし けんじ)

生年月日:1968年6月2日

指導歴:1994年~ 矢板中央高校

矢板東高校、仙台大学でプレーし1994年に矢板中央高校の監督に就任しています。

選手時代に選手権に出場出来なかったことの未練が大きく、指導者として選手権に出たいと思い指導者の道へ進んだそうです。

就任当初は部員も13名程度と少なく、県内でも弱小高だったようで…ブラジルへの留学制度を作り強豪校への一歩を踏み出します。

そして選手権ではベスト4、インターハイではベスト16と全国レベルのチームを作り上げています。

堅守速攻を軸に、全員サッカーをモットーに指導していますね。

スポンサーリンク

矢板中央高校サッカー部を簡単に紹介!

栃木県矢板市にある、矢板中央高校です。

スポーツ科という学科があり、部活動が非常に盛んな学校ですね。

その中でも、やはり強いのはサッカー部!

栃木県の強豪校であり、全国でも強豪校の1つに数えられる高校です。

今回のインターハイが3大会連続10回目の出場となり、選手権も過去11回の出場があります。

昨年度の選手権はベスト4まで進んでおり、今年度の総体でも期待がかかりますね。

総体は3回戦敗退が最高成績ですので、まずはここの更新が目標になるでしょうか。

部員数は2021年時点で、187名となっています。

主要成績

2009年 第88回全国高等学校サッカー選手権大会 ベスト4

2010年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 ベスト16

2014年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 ベスト16

2017年 第96回全国高等学校サッカー選手権大会 ベスト4

2019年 第98回全国高等学校サッカー選手権大会 ベスト4

2020年 第99回全国高等学校サッカー選手権大会 ベスト4

有名なOB選手

入江利和(元サッカー選手,栃木SC等)

平泉衝(元サッカー選手,栃木ウーヴァFC)

渡辺了介(元サッカー選手,栃木ウーヴァFC)

富山貴光(ギラヴァンツ北九州所属)

湯澤洋介(サガン鳥栖所属)

須藤貴郁(元サッカー選手,ヴァンラーレ八戸所属)

三浦拓(元フットサル日本代表)

山越康平(大宮アルディージャ所属)

坪川潤之(AC長野パルセイロ所属)

星キョーワァン(松本山雅FC所属)

川上優樹(ザスパクサツ群馬所属)

人見拓哉(FC琉球所属)

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

矢板中央高校は栃木県の強豪校

メンバーは本文内で

近年栃木では非常に力のある高校ですので、全国の舞台で今まで以上の結果を残したいところです。

昨年度の選手権でベスト4まで進出しており、それを経験している選手も多く残っていますよ。

栃木県予選では4試合で11得点1失点。

決勝戦では強豪校の佐野日大高校、準決勝では宇都宮短大附属高校との試合をどちらも1-0で競り勝っています。

大会を通してわずか1失点というのも大きいですね。

日程やその他の出場校などの情報は別記事が詳しいです。

下の記事をご覧ください!

高校サッカーの2大大会の1つとも言えるのが、夏の高校総体。 インターハイと言った方が馴染みがあるでしょうか? 冬の高校サッカー選手権...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク