富山第一高校サッカー部のメンバー【2021-2022選手権】出身中学や注目選手、監督を紹介!

第100回全国高校サッカー選手権の出場校も決まり、冬の選手権が始まろうとしています!

2021年12月28日より開幕し、2022年1月10日に決勝戦が行われるわけですが…出場48校の詳細を調べてみましたよ!

今回は富山県代表の富山第一高校です。

出場が予想されるメンバーや、率いる監督などを紹介していきます。

スポンサーリンク

富山第一サッカー部のメンバー【出身中学/クラブ】・フォーメーション

登録メンバー

【12/23】全国大会の登録予定メンバー

1 GK 堀口裕太 3年 JOGANJI富山U-15
12 GK 京極翔矢 3年 カターレ富山U-15
21 GK 辰島尚悟 2年 SQUARE富山FC U-15
2 DF 深井仁 2年 富山市立北部中
3 DF 岡本晃輝 3年 エヌスタイルU-15
4 DF 能浦大嬉 3年 氷見FC U-15
5 DF 湯川信治 2年 STG FC
6 DF 藤堂碧人 2年 SQUARE富山FC U-15
15 DF 片山大治郎 3年 水橋FC U-15
16 DF 入江航輝 3年 水橋FC U-15
18 DF 高木克徳 2年 SQUARE富山FC U-15
19 DF 石田吏玖 3年 カターレ富山U-15
22 DF 渡邊快誠 3年 富山北FC
24 DF 大野楓生 3年 SQUARE富山FC U-15
26 DF 山崎怜 3年 カターレ富山U-15
30 DF 鍛冶悠真 3年 JOGANJI富山U-15
7 MF 井口大樹 3年 カターレ富山U-15
8 MF 吉田圭佑 3年 カターレ富山U-15
10 MF 中川晟 3年 SQUARE富山FC U-15
20 MF 大矢悠太郎 2年 出町中
23 MF 高田晟吾 3年 水橋FC U-15
27 MF 平野稜大 3年 デランテロU-15
29 MF 坂越一平 3年 SQUARE富山FC U-15
9 FW 杉本和真 3年 SQUARE富山FC U-15
11 FW 網谷飛来 2年 FCひがしJrユース
13 FW 橋本絃 3年 水橋FC U-15
14 FW 及川元太郎 3年 カターレ富山U-15
17 FW 大井優太郎 3年 AC長野パルセイロU-15
25 FW 大川翔夢 3年 エヌスタイルU-15
28 FW 本庄輝良 3年 大沢野中

基本フォーメーション・スタメン【5-3-2】

【11/6】富山県大会 決勝戦の登録メンバー

※背番号も県大会のもの

スポンサーリンク

富山第一高校の注目選手を紹介!

富山第一高校で特に活躍が期待される注目選手を2名紹介します!

それは中川晟選手と、能浦大嬉選手です。

中川晟

富山第一高校伝統の10番を背負う選手。

そして主将を務める選手でもあります。

インサイドハーフでチームの攻撃を作る役割を果たし、精度の高いキックが持ち味。

特に右足アウトサイドを使ったパスは必見です。

ゴール前にも積極的に入り込み、チャンスメイクだけではなく自らゴールを狙うこともできる選手ですね。

1年生の頃からトップチームに入っており、最上級生となった今年度はチームの中心選手となっています。

能浦大嬉

5バックのセンターに入り、富山第一のディフェンスラインを統率する選手。

身長175cmと決してこの年代では低いとは言い難いですが、昨今の強豪校のCBを考えると高いとは言えない選手です。

しかし抜群のカバーリング能力を活かし、後ろ3枚で的確に守備を構築できるのが持ち味ですね。

キックの精度も良いものがあり、最後尾から一本のパスで局面を変えるシーンも。

左右には対人に強い湯川信治選手と岡本晃輝選手が入り、センターにカバーリングが上手い能浦選手と、富山第一のセンターは非常に強力です。

富山第一高校サッカー部の監督【大塚一朗】

大塚一朗(おおつか いちろう)

生年月日:1964年11月3日

指導歴:1990年~2002年 アローズ北陸(コーチ)

    2005年~2006年 アルビレックス新潟シンガポール

    2008年~2011年 富山第一高校(コーチ)

    2012年~ 富山第一高校

富山第一高校から法政大学に進学し、卒業後は古河電工に入社。

当時の古河電工には元日本代表監督の岡田武史さんや、東洋のコンピューターの異名を持つ奥寺康彦さんがいました。

現役生活は2年と短かったものの…引退後は古河電工と提携関係にあったウェストハム・ユナイテッドに渡英。

指導者への一歩を踏み出し、イングランドの指導者ライセンスを取得しています。

2004年にはUEFA公認A級ライセンスを取得。

日本のS級に相当し、日本国内では2人目の快挙だそうですね。

日本のS級ライセンス相当ということで…Jクラブの指揮を取ることも可能なハズ。

2008年に母校の富山第一のコーチに就任し、2012年より監督に就任しています。

2013年度には同校初となる全国制覇を達成しました。

多彩な戦術を使い分けることが最大の特徴で、選手や対戦相手に合わせて柔軟にシステムや戦術を変えるのが特徴。

近年は攻撃的5バックという…言葉だけを見ると不思議な気がするシステムですね。

スポンサーリンク

富山第一高校サッカー部を簡単に紹介!

富山県富山市にある、富山第一高校です。

サッカーは全国の常連であり、全国でも有数の強豪校となっています。

出身のサッカー選手も非常に多く輩出していますよ。

今回の選手権は7年連続32回目の出場となり、インターハイへの出場も28回となっています。

選手権では第92回に優勝、インターハイでも2019年度に準優勝の成績を残す超名門校ですね。

部員数は2021年時点で、134名とのことです。

主要成績

1999年 第78回全国高等学校サッカー選手権大会 ベスト4

2000年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 ベスト8

2000年 第79回全国高等学校サッカー選手権大会 ベスト4

2013年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 ベスト8

2013年 第92回全国高等学校サッカー選手権大会 優勝

2018年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 ベスト8

2019年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 準優勝

有名なOB選手

同校出身のサッカー選手は14名確認出来ました。

代表経験のある選手と、現役でJFL以上でプレーする選手のみ紹介致します。

柳沢敦(元日本代表,鹿島アントラーズ等)

中島裕希(FC町田ゼルビア所属)

高橋駿太(カターレ富山所属)

西村拓真(ベガルタ仙台所属)

坪井清志郎(アルビレックス新潟シンガポール所属/シンガポール)

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

富山第一高校は富山県の強豪校

メンバーは本文内で

富山県と言ったらやはり富山第一、というくらいに超名門校ですよね。

全国で見ても実績十分の名門校です。

富山県予選では5試合で33得点1失点。

22-0と得点を稼いだ試合もありましたが…それを除いても4試合で11得点という攻撃力が光ります。

そして失点は高岡第一戦での1失点のみと、抜群の守備力が持ち味のチームです。

日程やその他の出場校などの情報は別記事が詳しいです。

下の記事をご覧ください!

冬の風物詩とも言える高校サッカー選手権。 2021年度の今大会は、2021年12月28日に開幕し2022年1月10日に決勝が行われる第10...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク