専大北上サッカー部のメンバー【2021インターハイ】出身中学や注目選手、監督を紹介!

第55回全国高校総体の出場校も決まり、夏のインターハイが始まろうとしています!

2021年8月14日より開幕し、8月22日に決勝戦が行われるわけですが…出場52校の詳細を調べてみましたよ!

今回は岩手県代表の専修大学北上高校です。

出場が予想されるメンバーや、率いる監督などを紹介していきます。

スポンサーリンク

専修大学北上高校サッカー部のメンバー【出身中学/クラブ】

登録メンバー

【5/31】岩手県大会決勝のメンバー

※現在調査中

1 GK 及川康生 3年 北上中
17 GK    
2      
3      
4 DF 伊藤羽琉  
5 MF 鎌田悠生 3年 ヴェルディSS岩手
6 MF 阿部翔輝 3年 MIRUMAE FC
7 MF 鳥谷部修平  
8 MF 小原希琉 3年 ヴェルディSS岩手
9 FW 佐藤裕翔 3年 東水沢中
10 MF 吉武皇雅 3年 北上中
11      
12      
13      
14      
15      
16      
19      
25      
26      

基本フォーメーション・スタメン【4-4-2?】

【5/31】岩手県予選 決勝のメンバー

※背番号も予選の時のもの

※現在調査中

スポンサーリンク

専大北上高校の注目選手を紹介!

※現在調査中

専大北上高校で特に活躍が期待される注目選手を2名紹介します!

それはxxx選手と、xxx選手です。

xxx

xxx

専修大学北上サッカー部の監督【小原昭弘】

小原昭弘(おばら あきひろ)

生年月日:19xx年x月x日

指導歴:2000年~ 専修大学北上高校

学生時代は盛岡商業高校、順天堂大学でプレー。

東北社会人リーグ1部に所属する、盛岡ゼブラで主将を務めたのちに2000年より専大北上の監督に就任しています。

小原昭弘監督就任以降、チームは強くなり岩手県内でベスト8の常連校に成長。

2018年3月に悲願の県大会優勝を果たし、2019年の夏の総体が初の全国の舞台に。

そして冬も全国の切符を確保するという、就任20年にしてついに全国レベルに押し上げた監督です。

人間性向上をテーマに、専大北上高校を指導しています。

スポンサーリンク

専修大学北上高校サッカー部を簡単に紹介!

岩手県北上市にある、専修大学北上高等学校です。

部活動に非常に力をいれている学校で、運動部だけでなく文化部も強い学校ですね。

特に野球部は県内屈指の強豪校であり、吹奏楽やマーチングバンドは東北屈指の強豪校です。

今回のインターハイが2大会連続2回目となり、冬の選手権は過去1回の出場です。

2年前の全国を1年生で経験した選手も多く、前大会の2回戦敗退(選手権も総体も)を超える成績を狙っていきたいところです。

部員数は2020年時点で、80名となっています。

主要成績

2019年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 2回戦敗退

2019年 第98回全国高等学校サッカー選手権大会 2回戦敗退

有名なOB選手

※同校出身のプロサッカー選手はいないようです

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

専修大学北上高校は岩手県の新鋭校

メンバーは本文内で

2019年度の夏冬制覇に続いて、2度目の夏の総体となります。

岩手県と言えば…盛岡商業遠野高校が非常に強いですからね。

現時点ではそこに次ぐ高校…という状態ですが、確実に3強状態へと移行しているようにも見えますね。

岩手県予選では5試合で25得点5失点。

決勝戦では遠野高校を相手に0-2から逆転での3-2という素晴らしい試合を見せました。

準決勝でも強豪の盛岡商業を相手に4-2と、着実に岩手県の強豪校に成長しています。

日程やその他の出場校などの情報は別記事が詳しいです。

下の記事をご覧ください!

高校サッカーの2大大会の1つとも言えるのが、夏の高校総体。 インターハイと言った方が馴染みがあるでしょうか? 冬の高校サッカー選手権...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク