神村学園サッカー部のメンバー【2022-2023選手権】出身中学や注目選手、監督を紹介!

第101回全国高校サッカー選手権の出場校も決まり、冬の選手権が始まろうとしています!

2022年12月28日より開幕し、2023年1月9日に決勝戦が行われるわけですが…出場48校の詳細を調べてみましたよ!

今回は鹿児島県代表の神村学園です。

出場が予想されるメンバーや、率いる監督などを紹介していきます。

※下記は夏のインターハイの情報(最新調査中)

スポンサーリンク

神村学園サッカー部のメンバー【出身中学/クラブ】・フォーメーション

登録メンバー

【7/20更新】インターハイの登録メンバー

1 GK 広川豪琉 3年 ソレッソ熊本
17 GK 府川柊哉 3年 神村学園中
2 DF 有馬康汰 2年 神村学園中
3 DF 大川翔 3年 F.Cuore U-15
4 DF 鈴木悠仁 2年 神村学園中
5 DF 槝之浦陽 3年 神村学園中
6 DF 中島大誠 3年 神村学園中
16 DF 吉永夢希 2年 ソレッソ熊本
19 DF 長沼政宗 2年 太陽国分
20 DF 高橋修斗 2年 屋久島中央中
7 MF 則松隼人 3年 神村学園中
8 MF 金城蓮央 1年 神村学園中
9 MF 積歩門 3年 SIEG熊本
14 MF 大迫塁 3年 神村学園中
15 MF 笠置潤 3年 重富中
10 FW 名和田我空 1年 神村学園中
11 FW 高倉太朗 3年 加世田中
12 FW 西丸道人 2年 神村学園中
13 FW 福田師王 3年 神村学園中
18 FW 上地蓮 3年 平良中

基本フォーメーション・スタメン【4-4-2】

【11/7】福島県予選 決勝のフォーメーション・スタメン

※背番号も県大会のもの

スポンサーリンク

神村学園の注目選手を紹介!

神村学園で特に活躍が期待される注目選手を2名紹介します!

それは大迫塁選手と、福田師王選手です。

大迫塁

1年生の頃からチームのエースナンバーである14番を付けてプレー。

3年生となった今年度は主将に就任しています。

U-15から日本代表の中心選手として活躍し、現在もU-17日本代表の中心選手です。

笠置潤選手とコンビを組む神村学園のボランチは、間違いなく全国でもトップクラスと言えるでしょう。

視野の広さと左足の精度が武器の選手で、パスを散らしながら決定的なスルーパスを出すのが本来のスタイルだと思われます。

昨年度はトップ下での起用が多く、後ろ向きでのボールの貰い方やシュートへの繋げ方が伸びて更に良い選手に成長した印象も。

2月には卒業後のセレッソ大阪加入が内定しており、既に卒業後の進路も決定しています。

福田師王

こちらも1年生の時から驚異の1年生として紹介した選手。

U-19日本代表候補であり、U-18ではエースだった万能型のFWです。

憧れの選手は岡崎慎司選手と語るように、泥臭く気持ちを前面に出して戦う選手です。

1年生の時の選手権の県予選の準々決勝では、頭部を負傷したものの…止血後に戻って怪我した頭でゴールを決めてみせました。

このように岡崎慎司選手と同じように頭で点が取れる選手ですが、頭だけでなく利き足の左足も強烈なシュートを放てる選手です。

3年生となった今年度は、間違いなく大会再注目のFWと言って良いでしょう。

神村学園サッカー部の監督【有村圭一郎】

有村圭一郎(ありむら けいいちろう)

生年月日:1977年6月19日

指導歴:xxxx年~ 神村学園(コーチ)

    2014年~ 神村学園

鹿児島実業高校を卒業後、福岡教育大学へ進学。

卒業後は指導者に転身し、神村学園のコーチに就任しています。

そして2014年に神村学園の監督に就任していますね。

鹿児島実業では中盤の要として、選手権で全国制覇を達成しました。

サッカーを通しての人間教育をテーマに、国際社会に通用する人づくりを目指しているそうです。

第101回高校サッカー選手権【出場高校リスト】

他の都道府県の出場校情報は、下記の学校名からどうぞ。

詳しい日程・組み合わせはコチラ

「みんなの優勝予想アンケート」も受付中です。(12月28日15時まで)

優勝予想アンケートに参加する

※アンケートは結果だけを見ることもできます。

スポンサーリンク

神村学園サッカー部OBの進路&進学先

2022年卒業生

佐藤璃樹 FC今治
寺師覇亜斗 日本経済大学
福元玲空 日本経済大学
山本龍希 日本経済大学
前納侑世 福岡大学
前原慶維 京都産業大学
永原大夢 関西福祉大学
抜水昂太 順天堂大学
篠原駿太 関西学院大学
若水風飛 関西学院大学
黒木春風 明海大学
比良柊斗 立命館大学

2021年卒業生

寺田聡 京都橘大学
芝和希 日本経済大学
永吉飛翔 桐蔭横浜大学
稲田翔真 関西学院大学
吉田尊 阪南大学
アン・デービッド 芦屋大学
下川床勇斗 大阪体育大学
吉山太陽 関西国際大学

神村学園サッカー部を簡単に紹介!

鹿児島県いちき串木野市にある、神村学園です。

鹿児島実業鹿児島城西などと並び、鹿児島県の強豪校の1つですね。

今回のインターハイが5大会連続8回目となり、選手権でも出場9回を誇ります。

そしてどちらでもベスト4が最高成績ですね。

プロサッカー選手も数名輩出しておりますが、野球も非常に強く、プロ野球選手も同校出身の選手が数名いますね。

ちなみに女子も、サッカー・野球共に強い名門校となっています。

部員数は2022年時点で、84名とのことです。

主要成績

2006年 第85回全国高等学校サッカー選手権大会 ベスト4

2007年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 ベスト4

有名なOB選手

永畑祐樹(元サッカー選手,鹿児島ユナイテッドFC等)

五領淳樹(鹿児島ユナイテッドFC所属)

泊省吾(元サッカー選手,MIOびわこ滋賀等)

黄順旻(水原FC所属/韓国)

大山直哉(元サッカー選手,ホンダロックSC)

上船利徳(元サッカー選手,KFCユルディンゲン/ドイツ)

吉満大介(レノファ山口所属)

高橋大悟(清水エスパルス所属)

佐藤璃樹(FC今治所属)

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

神村学園は鹿児島県の強豪校

メンバーは本文内で

5大会連続での選手権出場となりました。

昨年度のインターハイ、選手権を経験した選手も多く、経験値は非常に高いですね。

また中高一貫だけに神村学園中出身の選手が多く、同じメンバーで長くプレーしてきたことも強みと言って良いでしょう!

鹿児島県予選では5試合で19得点2失点。

抜群の攻撃力が魅力のチームですが、失点もわずか2点と鉄壁の守備も持ち合わせています。

決勝戦では近年の最大のライバル校である鹿児島城西との死闘を制して優勝しましたね。

日程やその他の出場校などの情報は別記事が詳しいです。

下の記事をご覧ください!

冬の風物詩とも言える高校サッカー選手権。 2022年度の今大会は、2022年12月28日に開幕し2023年1月9日に決勝が行われる第101...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク