前橋育英サッカー部のメンバー2019-2020!出身中学や監督、部員数を紹介!

第98回全国高校サッカー選手権の出場校も決まり、冬の選手権が始まろうとしています!

2019年12月30日より開幕し、2020年1月13日に決勝戦が行われるわけですが…出場48校の詳細を調べてみましたよ!

今回は群馬県代表の前橋育英高校です。

出場が予想されるメンバーや、率いる監督などを紹介していきます。

スポンサーリンク

前橋育英高校サッカー部を簡単に紹介!

群馬県前橋市にある強豪校、前橋育英高校です。

2017年の第96回大会で悲願の初優勝を成し遂げたことで話題になりましたね。

群馬県のみならず、全国でも強豪校の1つと言える高校です。

今回の選手権が6年連続23回目の出場となり、インターハイへの出場も16回。

全国の常連となっており、これまでに残してきた成績も素晴らしいものがあります。

ちなみに女子サッカーも非常に強い名門校です。

部員数は2019年5月現在で、138名となっています。

主要成績

1998年 第77回全国高等学校サッカー選手権大会 ベスト4

1999年 第78回全国高等学校サッカー選手権大会 ベスト4

2001年 第80回全国高等学校サッカー選手権大会 ベスト4

2004年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 ベスト4

2008年 第87回全国高等学校サッカー選手権大会 ベスト4

2009年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 優勝

2014年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 ベスト4

2014年 第93回全国高等学校サッカー選手権大会 準優勝

2016年 第95回全国高等学校サッカー選手権大会 準優勝

2017年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 ベスト4

2017年 第96回全国高等学校サッカー選手権大会 優勝

有名なOB選手

前橋育英出身のサッカー選手は非常に多いので、日本代表経験のある選手だけを紹介します。

なんと歴代のプロ選手は82名とのことですよ!

山口素弘(元日本代表)

松田直樹(元日本代表)

青木剛(元日本代表)

細貝萌(元日本代表)

青木拓矢(元日本代表)

スポンサーリンク

前橋育英サッカー部のメンバー【出身中学/クラブ】

紹介するメンバーは最近の大会で活躍していたメンバーとなります。

インターハイ時には、メンバーや背番号の変更がある可能性がありますのでご了承下さい。

【12/20】2019年度 高校サッカー選手権大会の登録メンバー

基本フォーメーション・スタメン

GK

高橋怜士(たかはし れお)

背番号:1

生年月日:2002年1月15日

学年:3年

身長:174cm

体重:63kg

前所属:前橋FC

内橋壮一郎(うちはし そういちろう)

背番号:12

生年月日:2001年10月17日

学年:3年

身長:177cm

体重:67kg

前所属:ドラゴンズ柏

牧野虎太郎(まきの こたろう)

背番号:21

生年月日:2002年7月13日

学年:2年

身長:185cm

体重:73kg

前所属:Wings U-15

スポンサーリンク

DF

山田涼太(やまだ りょうた)

背番号:2

生年月日:2001年7月16日

学年:3年

身長:170cm

体重:60kg

前所属:前橋FC

並木歩己(なみき あゆみ)

背番号:3

生年月日:2002年3月27日

学年:3年

身長:168cm

体重:60kg

前所属:前橋FC

相原大輝(あいはら たいき)

背番号:4

生年月日:2001年8月24日

学年:3年

身長:181cm

体重:61kg

前所属:クマガヤSSC

松岡迅(まつおか じん)

背番号:5

生年月日:2001年7月7日

学年:3年

身長:186cm

体重:80kg

前所属:吉岡中

関礼恩(せき れおん)

背番号:13

生年月日:2001年10月22日

学年:3年

身長:188cm

体重:68kg

前所属:クマガヤSSC

水上翼(みなかみ つばさ)

背番号:16

生年月日:2001年10月15日

学年:3年

身長:172cm

体重:66kg

前所属:ドリームスSC

大野篤生(おおの あつき)

背番号:22

生年月日:2002年6月10日

学年:2年

身長:180cm

体重:70kg

前所属:Wings U-15

稲村隼翔(いなむら はやと)

背番号:24

生年月日:2002年5月6日

学年:2年

身長:179cm

体重:58kg

前所属:FC東京 U-15深川

中島修斗(なかしま しゅうと)

背番号:29

生年月日:2003年1月28日

学年:2年

身長:175cm

体重:69kg

前所属:ワセダクラブForza’02

岡本一真(おかもと かずま)

背番号:30

生年月日:2003年9月19日

学年:1年

身長:167cm

体重:57kg

前所属:横浜F・マリノス ジュニアユース

スポンサーリンク

MF

栗原諒(くりはら まこと)

背番号:6

生年月日:2001年6月14日

学年:3年

身長:175cm

体重:65kg

前所属:柏レイソル U-15

千葉剛大(ちば たける)

背番号:7

生年月日:2001年7月1日

学年:3年

身長:171cm

体重:60kg

前所属:前橋FC

山岸楓樹(やまぎし ふうき)

背番号:8

生年月日:2001年12月1日

学年:3年

身長:174cm

体重:64kg

前所属:大宮アルディージャ ジュニアユース

倉俣健(くらまた たける)

背番号:9

生年月日:2001年5月30日

学年:3年

身長:174cm

体重:64kg

前所属:tonan前橋

渡邉綾平(わたなべ りょうへい)

背番号:10

生年月日:2002年2月8日

学年:3年

身長:169cm

体重:60kg

前所属:横浜Fマリノス ジュニアユース追浜

櫻井辰徳(さくらい たつのり)

背番号:14

生年月日:2002年7月26日

学年:2年

身長:178cm

体重:68kg

前所属:東松山ペレーニアSC

熊倉弘達(くまくら こうたつ)

背番号:15

生年月日:2002年5月16日

学年:2年

身長:171cm

体重:62kg

前所属:FCステラ

西山蓮平(にしやま れんぺい)

背番号:17

生年月日:2001年10月30日

学年:3年

身長:171cm

体重:61kg

前所属:名古屋グランパス U-15

吉澤怜央(よしざわ れお)

背番号:18

生年月日:2001年4月2日

学年:3年

身長:167cm

体重:61kg

前所属:三菱養和巣鴨 ジュニアユース

熊倉弘貴(くまくら こうき)

背番号:20

生年月日:2002年5月16日

学年:2年

身長:171cm

体重:64kg

前所属:FCステラ

新井悠太(あらい ゆうた)

背番号:25

生年月日:2003年3月24日

学年:2年

身長:166cm

体重:58kg

前所属:前橋FC

白石郁哉(しらいし ふみや)

背番号:26

生年月日:2001年8月30日

学年:3年

身長:174cm

体重:63kg

前所属:FC東京 U-15むさし

宮下弥優(みやした やひろ)

背番号:27

生年月日:2001年8月23日

学年:3年

身長:169cm

体重:60kg

前所属:レインボー若狭FC

國分健助(こくぶ けんすけ)

背番号:28

生年月日:2001年10月27日

学年:3年

身長:171cm

体重:65kg

前所属:鹿島アントラーズつくば ジュニアユース

スポンサーリンク

FW

中村草太(なかむら そうた)

背番号:11

生年月日:2002年10月15日

学年:2年

身長:169cm

体重:60kg

前所属:前橋FC

久林隆祐(ひさばやし りゅうすけ)

背番号:19

生年月日:2001年7月31日

学年:3年

身長:173cm

体重:68kg

前所属:前橋FC

我妻岳(わがつま がく)

背番号:23

生年月日:2001年12月2日

学年:3年

身長:173cm

体重:58kg

前所属:鹿島アントラーズノルテ ジュニアユース

前橋育英高校サッカー部の監督【山田耕介】

山田耕介(やまだ こうすけ)

生年月日:1962年x月x日

指導歴:1983年~ 前橋育英

長崎県の島原商業高校、法政大学を経て1983年より前橋育英高校で監督に就任しています。

高校時代には1977年の第12回インターハイにて、長崎県勢初の優勝に貢献。

ちなみにこの時はキャプテンです。

就任したばかりの前橋育英は…今からは考えられないような弱小校だったそうですね。

地域で有名な不良校だったそうで、まさに体当たり指導で生徒との間にあった垣根を払拭。

わずか1年で強豪校へと成長させてしまいます。

全国制覇はインターハイが2009年、選手権が2017年度と…時間はかかったものの見事に達成。

まさに強豪前橋育英のサッカー部の全てとも言える存在ですね。

ちなみに前橋育英の監督であり、前橋育英の校長先生でもあります。

2013年にはザスパクサツ群馬のクラブアドバイザーも兼任。

2018年には強化育成アドバイザーにも就任し、より積極的にJクラブにも関わっています。

スポンサーリンク

前橋育英の注目選手を紹介!

前橋育英で特に活躍が期待される注目選手を2名紹介します!

それは櫻井辰徳選手と、渡邉綾平選手です。

櫻井辰徳

昨年度の冬の選手権でもメンバー入り。

今年度は前橋育英の伝統の14番を背負って試合に出ていることが多いです。

しかもまだ2年生というだけに、今後が非常に楽しみな存在。

昨年度の14番、今シーズンよりアルビレックス新潟入りした秋山裕紀選手のように、高卒でプロ入りの可能性も高い逸材ですね。

左右両足から精度の高いキックを蹴ることができ、セットプレーのキッカーを任されることも多いです。

長短の正確なパスでリズムを作り、攻撃のスイッチを入れることのできるボランチ。

渡邉綾平

昨年度の冬の選手権でもメンバー入りし、スタメンが多かった選手。

3年生となった今年度はキャプテンを務めています。

ポゼッション時に、細かいワンタッチ・ツータッチのパスでリズムを作る選手ですね。

ボールをうまく動かして、相手のマークをズラす役割を担っています。

機を見た大きなサイドチェンジも良い物を持っており、ゲームメーカーとしても活躍していますね。

しかし恐らくそれ以上に求められているのが守備の能力。

昨年度は秋山裕紀選手、今年度は櫻井辰徳選手が相方としてダブルボランチになっていますので…。

しっかりと、中盤で攻撃の芽を摘み取りそこから攻撃に転じられる選手です。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

前橋育英高校は群馬県の強豪校!

メンバーは本文内で

強豪校だけに毎年楽しみな存在ですよね。

冬の選手権を制した2017年度がありますので…そこに比較されて「今年はあまり…」なんて声も出ています。

そんな声を払しょくするような活躍に期待したいところです!

群馬県大会では、4試合で17得点1失点。

毎年のことですが選手層の厚さも魅力のチームです。

県大会決勝では主力を大学受験で欠くなか、チャンスを貰った選手が遜色ないプレーを見せています。

日程やその他の出場校などの情報は別記事が詳しいです。

下の記事をご覧ください!

冬の風物詩とも言える高校サッカー選手権。 2019年度の今大会は、2019年12月末に開幕し2020年1月に決勝が行われる第98回大会です...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

サッカーのテレビ放送はどこに加入すれば良いのか悩みませんか? Jリーグや欧州の主要リーグなど、観たいゲームはたくさんあります。 地上...

スポンサーリンク