日大藤沢サッカー部のメンバー【2022インターハイ】出身中学や注目選手、監督を紹介!

第56回全国高校総体の出場校も決まり、夏のインターハイが始まろうとしています!

2022年7月24日より開幕し、7月30日に決勝戦が行われるわけですが…出場52校の詳細を調べてみましたよ!

今回は神奈川県代表の日大藤沢高校です。

出場が予想されるメンバーや、率いる監督などを紹介していきます。

スポンサーリンク

日大藤沢高校サッカー部のメンバー【出身中学/クラブ】

登録メンバー

【7/20更新】インターハイの登録メンバー

1 GK 岡本亜鶴 3年 FC KAWASAKI CHAMP
12 GK 野島佑司 2年 横浜FC Jrユース戸塚
2 DF 片岡大慈 2年 湘南ベルマーレWEST
3 DF アッパ勇輝 3年 SCH.FC
4 DF 宮崎達也 2年 FC東京U-15深川
5 DF 尾野優日 2年 横浜F・マリノスJrユース
13 DF 坂口康生 2年 FC東京U-15深川
14 DF 楠本爽 3年 横浜F・マリノスJrユース
15 DF 國分唯央 2年 横浜FC Jrユース戸塚
6 MF 野澤勇飛 3年 横浜F・マリノスJrユース
10 MF 安場壮志朗 2年 横浜FC Jrユース戸塚
16 MF 荻原大地 2年 クラブテアトロ
18 MF 岡田生都 2年 横浜F・マリノスJrユース
7 FW 宗次柊磨 3年 横浜FC Jrユース
8 FW 岡西亜憐 3年 FCパルピターレ
9 FW 有竹翔吾 3年 大宮アルディージャU-15
11 FW 仲川颯一 3年 OSA
17 FW 諸墨清平 2年 東京ヴェルディJrユース
19 FW 森重陽介 3年 東京ヴェルディJrユース
20 FW 関田向陽 3年 湘南ベルマーレEAST

基本フォーメーション・スタメン【4-2-3-1】

【6/18】神奈川県大会 準決勝のフォーメーション・スタメン

※背番号も県大会のもの

スポンサーリンク

日大藤沢高校の注目選手を紹介!

日大藤沢高校で特に活躍が期待される注目選手を2名紹介します!

それは森重陽介選手と、野澤勇飛選手です。

森重陽介

日大藤沢高校のエース

198cmという超大型ストライカーですが、その長身を活かしてCBでもプレーできる選手です。

恵まれたフィジカルを活かして1トップとして最前線でボールを収められる存在ですね。

FWには有竹翔吾選手がおり、県大会ではスーパーサブ的な起用で重用されていました。

有竹選手を最前線に、森重選手をCBというオプションを使う可能性もありますね。

野澤勇飛

日大藤沢高校のボランチ

ゲームの流れを読む力があり、狙いすましたインターセプトやボール奪取を見せてくれる選手です。

元々はFWで高校入学後にはトップ下でプレーしていたように、足元の技術にも優れる選手。

攻守共に高い水準でこなせるタイプということで、中盤の底には欠かせない選手です。

日大藤沢高校サッカー部の監督【佐藤輝勝】

佐藤輝勝(さとう てるまさ)

生年月日:1978年12月26日

指導歴:xxxx年~xxxx年 日大三島高校(コーチ)

    2007年~ 日大藤沢高校

静岡県の日大三島高校から日本体育大学へ進学。

卒業後は指導者に転身し、母校の日大三島高校の監督に就任。

2007年から日大藤沢高校の監督に就任しています。

日体大に所属する現役選手の頃から、部内に指導部を設立し指導者への基盤を作り始めていました。

就任後は選手権ベスト4にインターハイ準優勝という結果を残しています。

指導方針は「サッカーを通じた人間的な成長」を重視。

選手の良さを理解し、選手を信じることをモットーにした指導となっています。

第56回高校サッカーインターハイ【出場高校リスト】

他の都道府県の出場校情報は、下記の学校名からどうぞ。

詳しい日程・組み合わせはコチラ

「みんなの優勝予想アンケート」も受付中です。(7月24日正午まで)

優勝予想アンケートに参加する

※アンケートは結果だけを見ることもできます。

スポンサーリンク

日大藤沢高校サッカー部OBの進路&進学先

2022年卒業生

近藤優成 国士舘大学
植木颯 日本大学
大貫裕斗 日本大学
吉田愛哉 産業能率大学
上村倫士 東洋大学
荒井涼 東洋大学

2021年卒業生

鈴木輪太朗イブラヒーム 徳島ヴォルティス
成定真生也 早稲田大学
斎藤夏 桐蔭横浜大学
宮川歩己 順天堂大学
猪狩祐真 産業能率大学

日大藤沢高校サッカー部を簡単に紹介!

神奈川県藤沢市にある、日本大学藤沢高校です。

名前の通り日本大学の付属校であり、日大の生物資源科学部に併設されています。

部活動が盛んな学校として有名で、サッカーの他には野球部が強いです。

他には水泳部なども全国的な強豪として知られていますよ。

今回のインターハイが4大会ぶり9回目の出場となり、選手権への出場も5回。

どちらかと言えば…というレベルではありますが、冬よりも夏の方が強い印象がありますね。

部員数は公式ホームページによると、201名となっています。

主要成績

2014年 第93回全国高等学校サッカー選手権大会 ベスト4

2017年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 準優勝

有名なOB選手

鈴木健仁(元サッカー選手,横浜マリノス等)

有馬賢二(元サッカー選手,横浜FC等)

高田栄二(元サッカー選手,川崎フロンターレ等)

内藤友康(元サッカー選手,福島ユナイテッドFC等)

田場ディエゴ(Y.S.C.C.横浜所属)

中村帆高(FC東京所属)

住吉ジェラニレショーン(サンフレッチェ広島所属)

田代琉我(ロアッソ熊本所属)

桐蒼太(グルージャ盛岡所属)

鈴木輪太朗イブラヒーム(バレンシアFC所属/スペイン)

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

日大藤沢高校は神奈川県の強豪校!

メンバーは本文内で

強豪ぞろいの神奈川県ではありますが、桐蔭学園や桐光学園などと同様に名門校の1つ。

インターハイは4大会ぶり、選手権は2019年度が最後なのでこの世代は初の全国となりますよ。

神奈川県大会では、5試合で6得点5失点。

PKが1つ、1点差の試合が4つと僅差の接戦を勝ち上がってきたチームです。

全ての試合で失点があるのが気がかりではありますが、決勝で敗れた湘南工科大学附属高校以外には複数失点していないとも言えますね。

日程やその他の出場校などの情報は別記事が詳しいです。

下の記事をご覧ください!

高校サッカーの2大大会の1つとも言えるのが、夏の高校総体。 インターハイと言った方が馴染みがあるでしょうか? 冬の高校サッカー選手権...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク