帝京大可児サッカー部のメンバー【2022インターハイ】出身中学や注目選手、監督を紹介!

第56回全国高校総体の出場校も決まり、夏のインターハイが始まろうとしています!

2022年7月24日より開幕し、7月30日に決勝戦が行われるわけですが…出場52校の詳細を調べてみましたよ!

今回は岐阜県代表の帝京大可児高校です。

出場が予想されるメンバーや、率いる監督などを紹介していきます。

スポンサーリンク

帝京大可児高校サッカー部のメンバー【出身中学/クラブ】・フォーメーション

登録メンバー

【7/20更新】インターハイの登録メンバー

1 GK 竹内耕平 2年 名古屋グランパスU-15
17 GK 土田壮太 2年 帝京大可児中
19 GK 諏訪佑輔 3年 グランパスみよしFC
2 DF 増井俊介 3年 ジュビロ磐田U-15
3 DF 兼松龍玖 3年 FCV可児
4 DF 原田逸希 3年 豊田AFC
5 DF 堀内祥暉 2年 ヴィッセル神戸U-15
12 DF 後藤龍斗 3年 帝京大可児中
15 DF 河合龍 3年 豊田AFC
20 DF 生田慈勇 3年 帝京大可児中
6 MF 松本翔暉 3年 刈谷Jrユース
7 MF 小島清太郎 3年 FC岐阜U-15
8 MF 吉兼伶真 2年 名東クラブ
11 MF 目黒湧将 3年 名古屋グランパスU-15
13 MF 都築桜介 3年 フェルボール愛知
14 MF 棚橋奎斗 2年 FCV可児
16 MF 菊池鷹秀 3年 帝京大可児中
18 MF 遠藤翼 3年 帝京大可児中
9 FW 長谷部希星 3年 名古屋グランパスU-15
10 FW 加藤隆成 1年 帝京大可児中

基本フォーメーション・スタメン【4-2-3-1】

【6/4】岐阜県予選 決勝のフォーメーション・スタメン

※背番号も県大会のもの

スポンサーリンク

帝京大可児の注目選手を紹介!

帝京大学可児高校で特に活躍が期待される注目選手を2名紹介します!

それは永井斗梧選手と、長谷部希星選手です。

永井斗梧

帝京大可児のエースとして期待されている選手。

しかし怪我により離脱中となり…この後の動向が気になるところです。

昨年度の選手権では2年生ながらワントップに入り、俊足を活かしてDFラインの裏に飛び込むのが特徴。

昨年度の選手権の県予選では2度のハットトリックを決めるなど、決定力の高さも持ち味の選手です。

※残念ながらメンバー外となりました(怪我)

長谷部希星

昨年度の選手権でも2年生でメンバー入りをしていた選手。

元々はボランチでしたが、今年度はFWにコンバートとなりました。

先ほど紹介した永井斗梧選手が離脱中ということもあり、インターハイの県予選では背番号9を付けて最前線にてプレー。

長身とフィジカルを活かしたポストプレーが持ち味の選手ですね。

また前線からの積極的な守備も武器の1つであり、181cmの長身で追い回す姿を見るとDFには相当のプレッシャーになっているでしょう。

またインタビューなどでは本人の「技術が無い」という発言が見られますが…そうは言っても元々はボランチの選手。

360°からプレッシャーを受けるボランチと違い、FWでのプレーで技術不足を感じさせるシーンはありません。

帝京大可児高校サッカー部の監督【仲井正剛】

仲井正剛(なかい せいごう)

生年月日:1979年8月6日

指導歴:2006年~2011年 帝京大学可児高校

    2012年~2018年 中部大学

    2019年~ 帝京大学可児高校

神奈川県の桐蔭学園高等を卒業後、阪南大学へ進学。

指導者に転身してからは、帝京大可児高校の初代監督に就任。

2011年度までチームを率い、今日の帝京大可児の礎を築き上げました。

その後は中部大学の監督を務め、2019年度より7年ぶりに帝京大可児高校へ復帰。

第二期の初年度となった2019年ですが、夏のインターハイと冬の選手権とどちらも全国に出場という素晴らしい結果をいきなり出しています。

第56回高校サッカーインターハイ【出場高校リスト】

他の都道府県の出場校情報は、下記の学校名からどうぞ。

詳しい日程・組み合わせはコチラ

「みんなの優勝予想アンケート」も受付中です。(7月24日正午まで)

優勝予想アンケートに参加する

※アンケートは結果だけを見ることもできます。

スポンサーリンク

帝京大可児高校サッカー部OBの進路&進学先

2022年卒業生

鈴木淳之介 湘南ベルマーレ
三品直哉 明治大学
原幸大 桐蔭横浜大学
熊澤伶 大阪体育大学

2021年卒業生

大森涼 桐蔭横浜大学
古川明日 大阪学院大学
池田陸 阪南大学
小宅空大 関西学院大学
長谷川心大 立教大学
水野宙生 大阪体育大学

帝京大可児サッカー部を簡単に紹介!

岐阜県可児市にある、帝京大学可児高等学校です。

中高一貫校であり、部活動に非常に力を入れている学校です。

サッカー部も強化指定を受けていますよ。

今回のインターハイが2大会ぶり7回目の出場となり、選手権も過去に8回の出場を誇ります。

岐阜県内では非常にサッカーが強い学校として有名ですね。

昨年度の選手権を経験している選手が多く残っているのもポイントとなりそうです。

部員数は公式ホームページによると、117名となっています。

主要成績

2013年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 ベスト8

2017年 第96回全国高等学校サッカー選手権大会 3回戦敗退

2020年 第99回全国高等学校サッカー選手権大会 3回戦敗退

有名なOB選手

佐光塁(元サッカー選手,FC岐阜等)

三島頌平(ロアッソ熊本所属)

杉本太郎(アビスパ福岡所属)

久保藤次郎(藤枝MYFC所属)

大森大地(アルビレックス新潟シンガポール所属/シンガポール)

鈴木淳之介(湘南ベルマーレ所属)

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

帝京大学可児高校は岐阜県の強豪校

メンバーは本文内で

昨年度こそ夏は逃しましたが冬は全国行き。

一昨年は夏冬のダブルということで、全国の舞台での経験値は十分。

昨年度の選手権を知っている選手も多いので、今大会は好成績が期待できそうですね。

岐阜県予選では4試合11得点1失点となっています。

準決勝では長良高校を相手にチャンスを決めきれずにPK戦へもつれ込んだ…とも言えますが、きっちりと勝ち上がっていますね。

決勝戦は冬に続いて、再び中京高校との試合となりましたが2-0でしりぞけています。

日程やその他の出場校などの情報は別記事が詳しいです。

下の記事をご覧ください!

高校サッカーの2大大会の1つとも言えるのが、夏の高校総体。 インターハイと言った方が馴染みがあるでしょうか? 冬の高校サッカー選手権...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク