奈良育英高校サッカー部のメンバー【2021-2022選手権】出身中学や注目選手、監督を紹介!

第100回全国高校サッカー選手権の出場校も決まり、冬の選手権が始まろうとしています!

2021年12月28日より開幕し、2022年1月10日に決勝戦が行われるわけですが…出場48校の詳細を調べてみましたよ!

今回は奈良県代表の奈良育英高校です。

出場が予想されるメンバーや、率いる監督などを紹介していきます。

スポンサーリンク

奈良育英高校サッカー部のメンバー【出身中学/クラブ】

登録メンバー

【11/14】奈良県大会 決勝戦の登録メンバー

※背番号も県大会のもの

1 GK 伊藤圭介 2年  
12 GK 吉留匠輝 3年  
2 DF 千田陽介 3年  
4 DF 岡橋達希 3年  
6 DF 林汰甫 3年  
8 DF 村田恵達 3年  
10 MF 岡本大生 3年  
13 MF 古結優希 3年  
15 MF 丸石政宗 3年  
18 MF 田中秀征 3年  
22 MF 神野貴良人 3年  
9 FW 栂井相希 3年  
3   瀧陽向 3年  
5   三間龍之介 3年  
7   吉村駿輝 3年  
11   桝田琉 2年  
14   山尾星翔 3年  
17   小坂亮汰 3年  
19   武井琢実 3年  
21   大西陽太 2年  

基本フォーメーション・スタメン【4-1-4-1】

【11/14】奈良県予選 決勝のフォーメーション・スタメン

※背番号も予選の時のもの

スポンサーリンク

奈良育英高校の注目選手を紹介!

奈良育英高校で特に活躍が期待される注目選手を2名紹介します!

それは千田陽介選手と、岡橋達希選手です。

千田陽介

奈良育英高校の主将を務める選手。

左サイドバックを主戦場とし、攻守にハードワークで貢献する選手。

攻撃では精度の高い左足からのキックを武器に、非常に良いクロスを上げる選手です。

奈良県大会では最優秀選手賞を受賞しました。

岡橋達希

奈良育英高校のCBを務める選手。

180cmの長身を活かしたハイボールの競り合いに強い選手ですね。

元々はMFでトップ下などでプレーしていた選手。

それもあって足元の技術も高いものを持っているのが魅力です。

奈良育英高校サッカー部の監督【梶村卓】

梶村卓(かじむら すぐる)

生年月日:19xx年x月x日

指導歴:2021年~ 奈良育英高校

奈良育英高校を卒業後、大阪体育大学に進学。

卒業後はディアブロッサ高田や奈良クラブでプレーしています。

2021年より母校である、奈良育英高校の監督に就任しました。

スポンサーリンク

奈良育英高校サッカー部を簡単に紹介!

奈良県奈良市にある、奈良育英高校です。

私立の中高一貫校となっており、サッカーでは強豪校として有名ですね。

しかし今年度が10年ぶりの全国行きとなるように、近年は少し苦戦気味な印象がありました。

今回の選手権が10年ぶり14回目の出場となり、インターハイへの出場は過去19回を誇ります。

部員数は2021年現在、104名となっています。

主要成績

1994年 第83回全国高等学校サッカー選手権大会 ベスト4

2002年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 ベスト8

有名なOB選手

同校出身のサッカー選手は非常に多く、22名が確認できました。

日本代表経験のある選手と、現役でJ3以上のカテゴリーでプレーしている選手のみを紹介します。

柳本啓成(元サッカー選手,元日本代表,サンフレッチェ広島等)

楢崎正剛(元サッカー選手,元日本代表,名古屋グランパス等)

藤井健太(元フットサル選手,元日本代表,ペスカドーラ町田等)

二見宏志(V・ファーレン長崎所属)

嶋田拓海(ヴァンラーレ八戸所属)

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

奈良育英高校は奈良県の古豪

メンバーは本文内で

実に10年ぶりとなる選手権出場をつかみ取りました。

近年は奈良県内で少し苦戦気味な印象もありましたが、ついに古豪復活となりそうですね。

奈良県大会では、5試合で13得点3失点。

決勝では五條高校に先制され、長い時間ビハインドの状態でしたが見事な逆転劇を見せてくれました。

日程やその他の出場校などの情報は別記事が詳しいです。

下の記事をご覧ください!

冬の風物詩とも言える高校サッカー選手権。 2021年度の今大会は、2021年12月28日に開幕し2022年1月10日に決勝が行われる第10...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク