高川学園サッカー部のメンバー【2021インターハイ】出身中学や注目選手、監督を紹介!

第55回全国高校総体の出場校も決まり、夏のインターハイが始まろうとしています!

2021年8月14日より開幕し、8月22日に決勝戦が行われるわけですが…出場52校の詳細を調べてみましたよ!

今回は山口県代表の高川学園高校です。

出場が予想されるメンバーや、率いる監督などを紹介していきます。

スポンサーリンク

高川学園サッカー部のメンバー【出身中学/クラブ】

登録メンバー

【8/4】インターハイ登録予定のメンバー

1 GK 田代湧二 3年 ジュビロ磐田U-15
17 GK 徳若碧都 3年 高川学園中
2 DF 田島黎門 3年 AC北九州
3 DF 加藤寛人 3年 レノファ山口FC U-15
13 DF 奥野奨太 3年 高川学園中
15 DF 那須太陽 3年 山口SC
16 DF 江崎透吾 3年 RISE UNITED
18 DF 中島颯太 2年 クラッキス松戸
19 DF 井上陸奥 2年 サガン鳥栖U-15唐津
5 MF 桑原豪 3年 レノファ山口FC U-15
6 MF 岡田大生 3年 高見中
7 MF 村上一颯 3年 大分トリニータU-15宇佐
8 MF 北健志郎 3年 パテオFC
10 MF 林晴己 3年 高川学園中
14 MF 西澤和哉 3年 エベイユFC神戸
4 FW 高鍋冴我 3年 サガン鳥栖U-15
9 FW 中山桂吾 3年 ルーヴェン福岡FC
11 FW 林良真 3年 飯山中
12 FW 小澤颯太 3年 ヴェルスパ大分U-15
20 FW 梅田彪翔 2年 高川学園中

基本フォーメーション・スタメン【4-4-2】

【8/4】インターハイ登録予定のメンバー

スポンサーリンク

高川学園高校の注目選手を紹介!

高川学園高校で特に活躍が期待される注目選手を2名紹介します!

それは林晴己選手と、徳若碧都選手です。

林晴己

主に右サイドを主戦場とするアタッカー。

ゴールへ向かう姿勢が素晴らしく、右サイドからカットインでシュートを狙う姿が特徴ですね。

ドリブル突破が持ち味で、県予選では7ゴールという大活躍を見せています。

徳若碧都

高川学園の守護神。

187cmという長身を活かしたハイボールの強さが持ち味です。

大きさを活かした迫力あるセービングも見どころですね。

キックの精度も良いものを持っており、DFラインを飛ばして中長距離のボールを正確に届け一気にチャンスを作り出すシーンも。

高川学園サッカー部の監督【江本孝】

江本孝(えもと たかし)

生年月日:1984年6月22日

指導歴:2008年~2012年 高川学園中学校

    2013年~ 高川学園高校

高川学園の前身である多々良学園を卒業後、福岡大学へ進学。

高校大学とキャプテンを務めていました。

卒業後は母校である高川学園へ赴任し、中学校のサッカー部の監督に就任。

前任の白井三津雄監督の退職に伴い、2013年より高校のサッカー部の監督に就任しています。

サッカーだけでなくプラスして何かを学ぶことをモットーとしており、サッカー以外の活動も積極的に行っています。

周囲の事を考えて行動することを大切にしていますね。

部員全員が何かしらの部署に所属するという部署制を採用しており、代表的なものとしては「分析部」や「道具部」などがあるようです。

スポンサーリンク

高川学園高校サッカー部を簡単に紹介!

山口県防府市にある、高川学園高等学校です。

2006年9月に現在の名称に変更となっており、以前は多々良学園高等学校でしたね。

この多々良学園時代から、高校サッカーでは全国の常連校です。

サッカーの他にも、野球部も全国レベルで強いですね。

2018年度には県予選決勝で不公正な判定や誤審があったとして、再試合の申し入れを提出したこと…。

更には同じく2018年度に、野球部の喫煙問題など…直近では悪い話で有名になってしまった部分もあります。

今回のインターハイが2大会ぶり24回目となり、選手権への出場も過去26回となっています。

山口県を代表する名門校の1つと言って良いでしょう。

部員数は2021年時点で、160名のようです。

主要成績

1999年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 ベスト4

2002年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 ベスト4

2005年 第84回全国高等学校サッカー選手権大会 ベスト4

2007年 第86回全国高等学校サッカー選手権大会 ベスト4

有名なOB選手

同校出身のプロサッカー選手は、19人が確認出来ました。

日本代表歴のある方と、現役でJFL以上のカテゴリーでプレーしている選手のみ紹介します。

高松大樹(元サッカー選手,元日本代表,大分トリニータ等)

永石拓海(アビスパ福岡所属)

石田皓大(テゲバジャーロ宮崎所属)

梅田魁人(テゲバジャーロ宮崎所属)

山本駿亮(鹿児島ユナイテッド所属)

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

高川学園高校は山口県の強豪校

メンバーは本文内で

2大会ぶりとはなりますが、昨年度の選手権を経験している選手が多いのが有利に働くでしょうか。

県予選では山口県内のライバルである西京高校相手に、4-1という快勝を見せています。

山口県予選では、5試合で27得点1失点。

圧倒的な攻撃力が持ち味ですが、失点もわずか1となっており…しかもそれはミスから…という守備の硬さも特徴です。

日程やその他の出場校などの情報は別記事が詳しいです。

下の記事をご覧ください!

高校サッカーの2大大会の1つとも言えるのが、夏の高校総体。 インターハイと言った方が馴染みがあるでしょうか? 冬の高校サッカー選手権...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク