高校サッカー選手権優勝校予想2020-2021!優勝候補の本命からダークホースまで7選!

冬と言えば高校サッカーですよね!

2020年12月31日より始まり、決勝戦は2021年1月11日に行われる第99回大会ですが…今年はどこが優勝するのでしょうか?

トーナメントという一発勝負なだけに、番狂わせが非常に起こりやすいのが特徴ですよね。

特に今年度は前回王者の静岡学園が県大会で敗退した他にも初出場校が多いと、県大会で番狂わせが多い印象。

ということで今回は今大会で優勝しそうな高校を、独断と偏見で紹介したいと思います!

固いであろう本命から、番狂わせを起こしそうなダークホースまで、色々と見ていきますよ。

スポンサーリンク

第99回高校サッカー選手権大会の優勝候補!

今大会の優勝候補ですが、7チーム紹介したいと思います。

選んだ理由は各自述べますが、基本的に独断と偏見なので…私の主観バリバリとなっているのでご了承下さい。

大本命・・・青森山田高校(青森) → 準優勝

本命・・・昌平高校(埼玉)  → ベスト8

本命・・・市立船橋高校(千葉)  → ベスト8

本命・・・矢板中央高校(栃木)  → ベスト4

対抗・・・藤枝明誠高校(静岡)  → ベスト16

対抗・・・帝京長岡高校(新潟)  → ベスト4

穴・・・丸岡高校(福井)  → ベスト16

それぞれ細かく見ていきましょう。

青森山田高校(青森)

間違いなく今大会も大本命とも言える優勝候補です。

第97回大会の王者であり、昨年度は惜しくも準優勝となりましたが…今年度も同様に上位進出となるでしょう。

今年度はコロナウイルスの影響によりプレミアリーグEASTは中止となりましたが、何年もこの年代トップカテゴリーに所属している名門校。

その後の秋に始まったスーパープリンスリーグ東北では全勝優勝という快挙を達成しています。

どこのポジションを見ても注目選手と呼べるレベルの選手が所属していますし、控えのレベルも非常に高いですね。

その中でも注目すべきは、浦和レッズへの入団が内定している藤原優大選手。

他にもいわてグルージャ盛岡に内定しているタビナス・ポール・ビスマルク選手や、世代別代表に選出されている松木玖生選手などが注目されるところ。

更には2018年や2019年の国体参加選手が相当数いるなど、タレントが揃っています。

全国大会に楽な試合など1つも無いことは事実ですが…比較的恵まれた組み合わせと言えるDブロックとなったのも大きいでしょう。

このブロック内ではやはり頭一つ抜け出た実力校と言えますので、ここでしっかりと快勝し勢いに乗れば全国制覇が見えそうです。

ということで…やはり優勝候補の筆頭に挙げるべきは青森山田かと思います。

出場メンバーや注目選手は別記事が詳しいですよ。

第55回全国高校総体の出場校も決まり、夏のインターハイが始まろうとしています! 2021年8月14日より開幕し、8月22日に決勝戦が行われ...

追記

昨年に続いて2年連続で決勝で涙を流すことになりました。

決勝でも2失点と、今年度は少し失点が多かった印象も…。

それでも例年通り、そして優勝候補No.1らしい強さを見せてくれました。

スポンサーリンク

昌平高校(埼玉) 

2年連続の出場となった埼玉の雄。

育てて勝つという方針を掲げるように、中学年代ではFC LAVIDAとの提携で中高一貫強化という体制を取っているのが特徴ですね。

前回大会ではベスト8という結果を残しており、それを経験しているメンバーも数名残っています。

特に今年度は恐らく最多となる同一高から4名のプロ入りを決めた学校となっており、非常にタレントが揃っていますね。

注目は攻撃を司る須藤直輝選手(鹿島内定)と、エースである小見洋太選手(新潟内定)です。

そしてゲームをコントロールするダブルボランチの小川優介選手(鹿島内定)、柴圭汰選手(福島内定)という4人がプロ入りを決めています。

組み合わせは常連校がひしめくAブロックとなり、なかなかの激戦区と言えるでしょう。

しかしこの激戦区を勝ち抜くであろう本命は、この昌平高校と言えそうです。

出場メンバーや注目選手は別記事が詳しいですよ。

第99回全国高校サッカー選手権の出場校も決まり、冬の選手権が始まろうとしています! 2020年12月31日より開幕し、2020年1月11日...

追記

準々決勝で優勝する山梨学院に敗れて、昨年と同じくベスト8という結果に。

形としてはAブロック最後で山梨学院に敗れる…ということになりましたね。

開始早々の失点が最後まで響くことになりましたが、昌平高校らしい素晴らしいサッカーを見せてくれました。

市立船橋高校(千葉) 

激戦区である千葉県を2年連続で勝ち上がってきました。

昨年度は鈴木唯人選手(現清水)や畑大雅選手(現湘南)といった飛び抜けたタレントがいましたが、今年度は現時点までにプロ入りを決めた選手はいません。

しかしPK戦で初戦敗退となった昨年度の全国大会の悔しさを知る選手が多く残っており、チームとしてのまとまりはかなり良さそうです。

注目は主将でありディフェンスリーダーの石田侑資選手。

他にも怪我から復帰し決勝戦で勝ち越し弾を決めた岩田夏澄選手や、攻守の要となるボランチの佐久間賢飛選手などがキーマンとなりそうです。

組み合わせはBブロックに入り、戦力的には帝京長岡と市立船橋の2強…もしくは履正社と仙台育英を含めた4強といったところ。

個人的にはここを抜け出すのは市立船橋高校ではないかと見ています。

出場メンバーや注目選手は別記事が詳しいですよ。

第99回全国高校サッカー選手権の出場校も決まり、冬の選手権が始まろうとしています! 2020年12月31日より開幕し、2020年1月11日...

追記

準々決勝で帝京長岡に敗れてベスト16という結果に。

Bブロックはほぼ読んだ通りの展開となりましたが、抜けるのは帝京長岡ということになりましたね。

帝京長岡戦では予想外の展開になったか、前半早々にバタバタとする場面が多く失点。

しかし意地の一撃は本当に見事でした。

スポンサーリンク

矢板中央高校(栃木) 

昨年度はベスト4となり、今年度は悲願のベスト4越えを狙うことになるのが矢板中央高校。

そしてその昨年度を知っている選手がやはり中心となっています。

そんな中でも最も注目となるのは、今大会屈指のGKと言って間違いないであろう藤井陽登選手。

昨年度は1年生で正ゴールキーパーを務め、彼の活躍があったからこそのベスト4と言っても過言ではなく…優秀選手を受賞しています。

攻撃のキーマンとなるのはエースの多田圭佑選手となり、圧倒的なスピードと強さを兼ね備えた選手ですね。

他にもCBの新倉礼偉選手や、途中出場で流れを変えることの多いテクニシャン小川心選手など、タレントが揃っています。

組み合わせはCブロックとなっており…このブロックはかなりの激戦区。

ある意味では死のブロックとも言え、矢板中央の他に東福岡、神村学園、富山第一辺りが突破の可能性の高いチームと言えるでしょうか。

出場メンバーや注目選手は別記事が詳しいですよ。

第55回全国高校総体の出場校も決まり、夏のインターハイが始まろうとしています! 2021年8月14日より開幕し、8月22日に決勝戦が行われ...

追記

準決勝で青森山田に敗れてベスト4という結果に。

強豪ひしめくCブロックを突破したのは見事でしたが、準決勝は何があったのか…。

堅守の矢板中央が5失点という展開は誰もが予想していなかったでしょう。

藤枝明誠高校(静岡) 

前回王者の静岡学園を破り全国行きを決めたのが藤枝明誠高校です。

藤枝明誠と言うと「超攻撃的サッカー」というのが思い浮かびますが、今年度は比較的堅守が目立つチームとなっているのも特徴でしょうか。

注目はボランチの賀茂大紀選手や、CBの寺田昂弥選手、GKの市川泰壱選手といった、堅守を支える選手。

攻撃面ではトップ下でゲームメイクをする中山碧選手と、1トップの高野雷我選手です。

組み合わせはAブロックとなり、かなりの混戦となるであろう激戦区。

このブロックの本命として挙げたのは昌平高校ですが、ベスト4をかけて藤枝明誠と戦うことになるのかなと予想しています。

悲願の過去最高成績となるベスト8を突破出来るのか?

出場メンバーや注目選手は別記事が詳しいですよ。

第99回全国高校サッカー選手権の出場校も決まり、冬の選手権が始まろうとしています! 2020年12月31日より開幕し、2020年1月11日...

追記

3回戦で優勝する山梨学院に敗れてベスト16という結果に。

ここを勝って準々決勝で昌平となる予想をしていましたが、激闘を制したのは山梨学院でした。

失点後すぐに追いつきPK戦へともつれこんだように、攻守の切り替えが続くハイレベルなゲームを見せてくれました。

スポンサーリンク

帝京長岡高校(新潟) 

昨年度ベスト4を達成した帝京長岡高校。

谷内田哲平選手(現京都)を中心に、昨年度の主力の多くが卒業となり…今年度はどうかという声もありましたが、見事に県予選を連覇しました。

注目はやはりエースナンバー14を引き継いだ川上航立選手。

帝京長岡の心臓として攻守にチームを支える選手です。

攻撃面では2トップの葛岡孝大選手と石原波輝選手、そして1年生の廣井蘭人選手がキーマンに。

守備ではCBの2年生コンビである松村晟怜選手と三宅凌太郎選手、1年生GKの佐藤安悟選手と、来年以降も楽しみな選手が揃っています。

組み合わせはBブロックとなり、履正社との初戦が鬼門となるでしょうか。

その先にはBブロックの本命として挙げた市立船橋…もしくは仙台育英との対戦となる可能性が高そうです。

出場メンバーや注目選手は別記事が詳しいですよ。

第99回全国高校サッカー選手権の出場校も決まり、冬の選手権が始まろうとしています! 2020年12月31日より開幕し、2020年1月11日...

追記

優勝する山梨学院に敗れてベスト4という結果に。

鬼門と予想した初戦(2回戦)の履正社戦では見事な逆転勝ちを。

そして神戸弘陵、市立船橋を破り見事にBブロックを抜けてみせました。

丸岡高校(福井) 

大会のダークホースとして推したいのが丸岡高校。

2018年度にはインターハイと選手権でベスト16入りを達成し、2019年度のインターハイでベスト16を達成しています。

前線からのハードワークが特徴のチームですので、前線からのプレスがハマると勢いに乗りそうですね。

前線からのプレスを支えるのがエースである川上英瑞選手。

そしてその後ろで攻撃を作るのが川中浩夢選手です。

守備では高さと強さのあるCBで、セットプレー時には得点も狙いにいく飯田晃明選手がキーマン。

組み合わせはDブロックとなっており、ここは青森山田が大本命と言えるブロック。

しかし丸岡高校は逆の山にいることもあり、青森山田とベスト4をかけて戦うことになるかと予想しています。

出場メンバーや注目選手は別記事が詳しいですよ。

第55回全国高校総体の出場校も決まり、夏のインターハイが始まろうとしています! 2021年8月14日より開幕し、8月22日に決勝戦が行われ...

追記

3回戦で堀越に敗れてベスト16という結果に。

大変失礼ながら…堀越の躍進には本当に驚きました。

ここを勝って準々決勝で青森山田と戦うことになるかと予想していただけに、堀越高校の活躍には驚かされました。

決定機を決めきれたかどうか…というのがこの試合の結末が分かれたところでしょうか。

スポンサーリンク

近年の優勝校を紹介!

過去10大会の優勝校を紹介します。

2010年度・・・第89回 滝川第二(兵庫)

2011年度・・・第90回 市立船橋(千葉)

2012年度・・・第91回 鵬翔(宮崎)

2013年度・・・第92回 富山第一(富山)

2014年度・・・第93回 星稜(石川)

2015年度・・・第94回 東福岡(福岡)

2016年度・・・第95回 青森山田(青森)

2017年度・・・第96回 前橋育英(群馬)

2018年度・・・第97回 青森山田(青森)

2019年度・・・第98回 静岡学園(静岡)

2020年度・・・第99回 山梨学院(山梨) New

今年度は王者不在の大会ということになりますね。

過去10大会の優勝校で今大会への出場は、市立船橋富山第一星稜東福岡青森山田の5校です。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回のまとめです。

第99回高校サッカー選手権の優勝候補を7校紹介!

大本命は青森山田か?

果たして番狂わせとなるのか、順当に強豪校が勝つのか…非常に楽しみですね。

結果はともあれ、悔いの残らない良い戦いを繰り広げてほしいと思います。

日程や出場校に関してはこちらの記事をどうぞ。

冬の風物詩とも言える高校サッカー選手権。 2021年度の今大会は、2021年12月28日に開幕し2022年1月10日に決勝が行われる第10...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする