高校サッカー選手権 優勝候補2019!本命からダークホースまで7選!

冬と言えば高校サッカーですよね!

2018年12月30日より始まり、決勝戦は2019年1月14日に行われる第97回大会ですが…今年はどこが優勝するのでしょうか?

トーナメントという一発勝負なだけに、番狂わせが非常に起こりやすいのが特徴ですよね。

前回初優勝となった前橋育英なんかも、例年優勝候補に挙げられつつも例年惜しいところで…って感じでした。

ということで今回は今大会で優勝しそうな高校を、独断と偏見で紹介したいと思います!

固いであろう本命から、番狂わせを起こしそうなダークホースまで、色々と見ていきますよ。

スポンサーリンク

第97回高校サッカー選手権大会の優勝候補!

今大会の優勝候補ですが、7チーム紹介したいと思います。

選んだ理由は各自述べますが、基本的に独断と偏見なので…私の主観バリバリとなっているのでご了承下さい。

大本命・・・青森山田高校(青森) → 優勝

本命・・・矢板中央高校(栃木) → ベスト8

本命・・・流経大柏高校(千葉) → 準優勝

本命・・・前橋育英高校(群馬) → ベスト16

対抗・・・大津高校(熊本) → ベスト16

対抗・・・桐光学園(神奈川) → 1回戦敗退

穴・・・四日市中央工業高校(三重) → 1回戦敗退

それぞれ細かく見ていきましょう。

青森山田高校(青森)

間違いなく今大会の大本命とも言える優勝候補です。

高校年代のリーグでは1番上となるプレミアリーグのEASTに所属しており、2018年は鹿島アントラーズユースに次ぐ2位で終えています。

どこのポジションを見ても注目選手と呼べるレベルの選手が所属していますし、控えのレベルも非常に高いですね。

その中でも注目すべきは、プレミアリーグEASTで得点王になった檀崎竜孔選手。

シーズン16得点と、2位に9得点もの差をつけて得点王に輝いた決定力の高さが光ります。

唯一気になるのは…夏のインターハイでまさかの2回戦敗退となっているところ。

トーナメント戦だけに番狂わせが起こりやすいのが気になりますね。

しかし夏の早期敗退を糧に、冬は大活躍を見せてくれると思います!

出場メンバーや注目選手は別記事が詳しいですよ。

第97回全国高校サッカー選手権の出場校も全て決まり、トーナメントの組み合わせも発表となりました。 2018年12月30日より開幕し、201...

2019.01.15 追記

結果、見事優勝を達成しました!

おめでとうございます。

スポンサーリンク

矢板中央高校(栃木)

プリンスリーグ関東では、わずか1敗という成績で優勝。

2019シーズンのプレミアリーグ入りをかけて、プレーオフを戦うことになります。

ディフェンス陣が非常に安定しており、栃木県予選では4試合無失点。

前線にもフットサルU-18代表の大塚尋斗選手を中心に、タレントが揃っています。

青森山田高校同様に、夏のインターハイでの早期敗退(こちらは1回戦)が気になるところではありますが…。

前回大会のベスト4ですが、今大会はそれを上回る成績が狙えるチームだと思います。

出場メンバーや注目選手は別記事が詳しいですよ。

第97回全国高校サッカー選手権の出場校も全て決まり、トーナメントの組み合わせも発表となりました。 2018年12月30日より開幕し、201...

2019.01.15 追記

結果はベスト8でした。

準々決勝では優勝した青森山田との対戦となりましたね。

流経大柏高校(千葉)

前回大会の準優勝校です。

リーグではトップであるプレミアリーグEASTに所属し、2018シーズンは3位で終えていますね。

ここまで同様に、夏に結果が出ていないのが気になるところではあります。

しかも流経大柏はインターハイは地区予選敗退でしたからね…。

注目すべきは鹿島アントラーズに入団が内定している、関川郁万選手です。

高校No.1CBと言われている逸材で、最終ラインの固さは出場校中1、2を争うでしょう。

前線にも能力の高い選手がいますので、昨年同様に上位が目指せるチームとなっています。

出場メンバーや注目選手は別記事が詳しいですよ。

第97回全国高校サッカー選手権の出場校も全て決まり、トーナメントの組み合わせも発表となりました。 2018年12月30日より開幕し、201...
スポンサーリンク

2019.01.15 追記

結果は惜しくも準優勝。

決勝では先制しただけに…悔しい結果となりました。

前橋育英高校(群馬)

前回大会の王者ですね。

リーグではプリンスリーグ関東を3位で終え、惜しくもプレミアプレーオフを逃すという形になっています。

夏のインターハイも2回戦敗退と…少し不調かなと思う部分もありましたが、群馬県予選ではしっかりと立て直してきました。

Jリーグへの内定者2名というタレント揃いのチームでもあり、5年連続出場という経験も大きくプラスに働くのではないでしょうか?

特に注目は最前線に位置する榎本樹選手。

昨年の決勝戦で、試合を決定づけるゴールを挙げた選手が今年も在籍しているというのは大きいでしょう!

出場メンバーや注目選手は別記事が詳しいですよ。

第97回全国高校サッカー選手権の出場校も全て決まり、トーナメントの組み合わせも発表となりました。 2018年12月30日より開幕し、201...

2019.01.15 追記

結果はベスト16ということに。

卒業があり強制的にメンバーが入れ替わる高校サッカーでは、連覇の難しさというものを感じますね。

大津高校(熊本)

今年のチームは非常にタレント揃いなのが特徴です。

特に注目すべきはキャプテンであり、守備の要となっている福島隼斗選手。

卒業後は湘南ベルマーレへの入団が内定しており、世代別代表にも呼ばれている逸材ですね。

他にもU-18日本代表の吉村仁志選手や、同じくU-18日本代表の水野雄太選手など、要所要所に良い選手がいますよ。

また、2年生時からレギュラーとして活躍している選手が多いのも強みでしょう。

熟成されたチームと言えるかもしれません。

夏のインターハイではベスト8となり、冬の選手権ではそれ以上の結果も十分に狙っていけるかと思います。

気になるのは1回戦の相手がインターハイ準優勝の桐光学園ということ…。

逆に言えば1回戦を勝てば、そのまま波に乗る可能性も高いです。

出場メンバーや注目選手は別記事が詳しいですよ。

第97回全国高校サッカー選手権の出場校も全て決まり、トーナメントの組み合わせも発表となりました。 2018年12月30日より開幕し、201...

2019.01.15 追記

結果はベスト16でした。

準々決勝で優勝した青森山田高校と当たっています。

スポンサーリンク

桐光学園高校(神奈川)

固い守備が特徴のチームです。

キャプテンを務める望月駿介選手と、相方の内田拓寿選手の両CBの牙城を崩すのはなかなかに困難でしょう。

攻撃陣ではU-16日本代表でアジアを制し、大会MVPに輝いた西川潤選手がキーマンか。

夏のインターハイでは準優勝と、冬の活躍も非常に期待がかかるチームですね。

リーグはプリンスリーグ関東で10位と…ハッキリ言ってしまうと低迷してしまいました。

しかし、ここでの低迷を機に守備を再構築した結果が今の堅守とも言えるでしょう。

インターハイ以上の結果である、優勝も十分に狙えるチームです。

出場メンバーや注目選手は別記事が詳しいですよ。

第97回全国高校サッカー選手権の出場校も全て決まり、トーナメントの組み合わせも発表となりました。 2018年12月30日より開幕し、201...

2019.01.15 追記

結果は1回戦敗退ということに。

対戦相手が大津高校だったので、1回戦敗退となっても…という部分はありますが…まさかの0-5とは…。

固い守備が持ち味のチームだっただけに驚きの結果となりました。

四日市中央工業高校(三重)

大会のダークホースとして推したいチームです。

正直優勝はというと…厳しいかなと思いますが、何が起こるかわからないトーナメントだけに期待はかかります。

夏のインターハイは地区予選で敗退となっていますが、そこでの守備の崩壊をしっかりと立て直してきていますよ。

松本山雅への入団が内定している山本龍平選手と、北川博人選手のCBコンビを中心に堅守を誇ります。

県予選では5試合で無失点と、全国でも固い守備を発揮出来れば面白い存在になりそうです。

攻撃陣も県予選5試合で27得点となっており、破壊力は十分にあると言えそうです。

前線にもタレントが揃っており、うまくハマればかなり良いところまで行くのではないかと思います。

出場メンバーや注目選手は別記事が詳しいですよ。

第97回全国高校サッカー選手権の出場校も全て決まり、トーナメントの組み合わせも発表となりました。 2018年12月30日より開幕し、201...

2019.01.15 追記

結果は1回戦敗退となりました。

対戦相手の秋田商業はベスト8となっていますね。

スポンサーリンク

近年の優勝校を紹介!

過去10大会の優勝校を紹介します。

2008年・・・第87回 広島皆実(広島)

2009年・・・第88回 山梨学院(山梨)

2010年・・・第89回 滝川第二(兵庫)

2011年・・・第90回 市立船橋(千葉)

2012年・・・第91回 鵬翔(宮崎)

2013年・・・第92回 富山第一(富山)

2014年・・・第93回 星稜(石川)

2015年・・・第94回 東福岡(福岡)

2016年・・・第95回 青森山田(青森)

2017年・・・第96回 前橋育英(群馬)

ちなみに、もし前橋育英が連覇となりますと2000年の第79回、2001年の第80回大会の国見高校以来の連覇達成となりますよ。

過去10大会の優勝校で今大会への出場は、富山第一星稜東福岡青森山田前橋育英の5校です。

それが直近5大会というのも面白いですね。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回のまとめです。

第97回高校サッカー選手権の優勝候補を7校紹介!

大本命は青森山田か?

果たして番狂わせとなるのか、順当に強豪校が勝つのか…非常に楽しみですね。

結果はともあれ、悔いの残らない良い戦いを繰り広げてほしいと思います。

日程や出場校に関してはこちらの記事をどうぞ。

冬の風物詩とも言える高校サッカー選手権。 2018年12月末に開幕し、2019年1月に決勝が行われる第97回大会ですが、既に出場校と組み合...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする