札幌大谷高校サッカー部のメンバー【2021インターハイ】出身中学や注目選手、監督を紹介!

第55回全国高校総体の出場校も決まり、夏のインターハイが始まろうとしています!

2021年8月14日より開幕し、8月22日に決勝戦が行われるわけですが…出場52校の詳細を調べてみましたよ!

今回は北海道代表の札幌大谷高校です。

出場が予想されるメンバーや、率いる監督などを紹介していきます。

スポンサーリンク

札幌大谷高校サッカー部のメンバー【出身中学/クラブ】

登録メンバー

【6/18】北海道大会決勝の登録メンバー

※現在調査中

  GK 高橋勇有 3年 ESFORCO
  DF 安食優斗 2年 札幌大谷中
  DF 青山稜 3年 スプレッドイーグルFC函館
  DF 藤田倫太朗 3年 アンフィニMAKI.FC
  MF 岡本大地 3年 北海道コンサドーレ旭川U-15
  MF 高桑輝人 3年 北海道コンサドーレ旭川U-15
  MF 工藤楓吾 3年 クラブフィールズ
  MF 伊原詢介 2年 北海道コンサドーレ旭川U-15
  MF 吉田雄次朗 2年 北海道コンサドーレ旭川U-15
  FW 秋山千颯 3年 SSS札幌
  FW 山﨑遥翔 3年 SSS札幌
  FW 高橋颯汰 2年 スプレッドイーグルFC函館
  FW 長太陽寛 2年 SSS札幌

基本フォーメーション・スタメン【4-4-2】

【6/18】北海道予選決勝戦のフォーメーション・スタメン

※背番号も予選の時のもの

※現在調査中(下記は昨年度の選手権)

スポンサーリンク

札幌大谷高校の注目選手を紹介!

札幌大谷高校で特に活躍が期待される注目選手を2名紹介します!

それは安食優斗選手と、xxx選手です。

安食優斗

昨年度は1年生ながら札幌大谷高校の守備の中心選手として選手権で活躍。

CBで安定した守備はもちろんですが、積極的な攻撃参加が持ち味の選手です。

抜群のスピードで主に右サイドを駆け上がる姿が印象的。

それもそのはず、元々は中盤の選手でありSBとしてプレーしていた時期もある選手です。

xxx

札幌大谷高校サッカー部の監督【田部学】

田部学(たべ まなぶ)

生年月日:1974年4月13日

指導歴:2001年~2009年 FC東京 U-15むさし

    2009年~ 札幌大谷高校

札幌南高校を卒業後、筑波大学へ進学。

筑波大大学院を卒業後に指導者に転身しています。

FC東京U-15むさしで8年間育成コーチを務め、2009年の共学化とサッカー部創部に合わせて札幌大谷高校の監督に就任。

部員わずか11人でスタートしたものの、わずか3年目の2012年度にインターハイで全国に初出場。

翌2013年には高校サッカー選手権でも全国大会初出場という結果を残しています。

スポンサーリンク

札幌大谷高校サッカー部を簡単に紹介!

北海道札幌市にある、札幌大谷高等学校です。

設立は1906年と伝統のある学校ですが、元々は女子校であり共学化したのは中学校が2008年、高校が2009年と非常に最近のことです。

2012年にはインターハイで、創部からわずか3年目で全国行きを決めた新鋭高ですね。

今回のインターハイが2大会ぶり6回目となり、選手権への出場も過去3回となっています。

創部からすぐに北海道の強豪校に成長した学校と言えますね。

部員数は2021年現在で、103名のようです。

主要成績

2015年 第94回全国高等学校サッカー選手権大会 2回戦敗退

2018年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 ベスト16

有名なOB選手

服部一輝(福島ユナイテッドFC所属)

木村太哉(ファジアーノ岡山FC所属)

大山武蔵(FC大阪所属)

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

札幌大谷高校は北海道の新鋭高

メンバーは本文内で

昨年度の選手権に続き、2大会連続での全国行きを決めました。

北海道予選では決勝戦こそ旭川実業高校に0-1で敗れましたが、北海道第二代表として出場になります。

北海道予選では、4試合で6得点2失点。

安定した戦いぶりを見せていましたね。

日程やその他の出場校などの情報は別記事が詳しいです。

下の記事をご覧ください!

高校サッカーの2大大会の1つとも言えるのが、夏の高校総体。 インターハイと言った方が馴染みがあるでしょうか? 冬の高校サッカー選手権...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク