東山高校サッカー部のメンバー【2021インターハイ】出身中学や注目選手、監督を紹介!

第55回全国高校総体の出場校も決まり、夏のインターハイが始まろうとしています!

2021年8月14日より開幕し、8月22日に決勝戦が行われるわけですが…出場52校の詳細を調べてみましたよ!

今回は京都府代表の東山高校です。

出場が予想されるメンバーや、率いる監督などを紹介していきます。

スポンサーリンク

東山高校サッカー部のメンバー【出身中学/クラブ】

登録メンバー

【8/3】インターハイ登録予定のメンバー

1 GK 佐藤瑞起 2年 セレッソ大阪U-15
17 GK 中条俊介 3年 奈良YMCA
2 DF 井上蒼太 3年 京都JマルカFC
3 DF 石原麟太朗 3年 SAISON FC
4 DF 新谷陸斗 2年 セレッソ大阪U-15
5 DF 夘田大揮 3年 MIOびわこ滋賀U-15
12 DF 仲里勇真 2年 セレッソ大阪U-15
13 DF 岩淵大晴 3年 Vervento京都
20 DF 奥野一吹 3年 千里丘FC
6 MF 真田蓮司 2年 セレッソ大阪U-15
7 MF 阪田澪哉 2年 宇治FC
8 MF 松橋啓太 2年 ガンバ大阪門真Jr.ユース
9 MF 李隆志 3年 セレッソ大阪U-15
14 MF 木下慶 3年 セレッソ大阪西U-15
15 MF 林祥吾 3年 セレッソ大阪西U-15
16 MF 清水楓之介 2年 セレッソ大阪西U-15
18 MF 北村圭司朗 2年 ガンバ大阪Jrユース
10 FW 藤枝康佑 3年 宇治FC
11 FW 田中寿宗 3年 MIOびわこ滋賀U-15
19 FW 中野翔真 2年 ガンバ大阪門真Jr.ユース

基本フォーメーション・スタメン【4-4-2】

【6/6】京都府予選 決勝のフォーメーション・スタメン

※背番号も予選の時のもの

※基本フォーメーションは4-4-2だが、相手に合わせて柔軟に変更

スポンサーリンク

東山高校の注目選手を紹介!

東山高校で特に活躍が期待される注目選手を2名紹介します!

それは阪田澪哉選手と、新谷陸斗選手です。

阪田澪哉

主に右サイドを主戦場とする選手。

抜群のスピードを活かしたサイドアタックが武器で、キレのあるドリブル突破を見せる選手です。

どちらかと言うとサイドを深く抉るタイプではなく、中に切れ込んで自らゴールを狙っていくタイプですね。

県予選では5試合中4試合で得点を挙げ、5ゴールとチーム得点王になりました。

それもそのはず、関西U-16リーグの得点王です。

新谷陸斗

東山高校のDFラインを支えるCBです。

4バック時にはCBの一角として、3バック時にはセンターに入るCBの中心選手ですね。

173cmとCBの中では小柄ですが、フィジカルはしっかりしており簡単に負けない強さを持っています。

ビルドアップ能力が高く、最後尾から攻撃の大一手を担っています。

東山高校サッカー部の監督【福重良一】

福重良一(ふくしげ りょういち)

生年月日:1971年1月30日

指導歴:2002年~ 初芝橋本高校

          大阪体育大学

    2006年~ 東山高校

和歌山工業高校を経て大阪体育大学に進学し、京都紫光(現京都サンガF.C.)に入団。

京都パープルサンガ時代も含め旧JFLでプレーした後、同じく旧JFLに所属していた大塚製薬(現徳島ヴォルティス)に移籍。

引退後は指導者に転身し、2006年より東山高校を率いています。

スポンサーリンク

東山高校サッカー部を簡単に紹介!

京都府京都市にある、東山高校です。

比較的運動部が活発で、サッカー以外にも卓球部やテニス部が強い学校として有名です。

運動部だけでなく文化部も盛んで、写真部は全国大会の常連。

ロボット研究会は世界大会に出場したこともあるそうですよ。

今回のインターハイは2大会ぶり3回目の出場となっており、2018年にはベスト4入りを果たしています。

選手権では過去3回の出場となり、直近では同じく2018年度となっていますね。

部員数は公式ホームページによると、115名となっています。

主要成績

1995年 第74回全国高等学校サッカー選手権大会 初戦敗退

1996年 第75回全国高等学校サッカー選手権大会 初戦敗退

2018年 全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 ベスト4

2018年 第87回全国高等学校サッカー選手権大会 初戦敗退

有名なOB選手

平井直人(元サッカー選手,京都サンガF.C.等)

北川佳男(元サッカー選手,水戸ホーリーホック等)

中谷喜代志(VONDS市原所属)

岡佳樹(ヴァンラーレ八戸所属)

森俊介(奈良クラブ所属)

前田悠斗(F.C.大阪所属)

鎌田大地(フランクフルト所属/ドイツ)

大久保優(ガイナーレ鳥取所属)

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

東山高校は京都府の強豪校

メンバーは本文内で

今年は2年生が活躍しており、京都府大会決勝でもスタメン11人中7人が2年生。

今回のインターハイはもちろん、選手権、そして来年度も楽しみな学校ですね。

京都府予選では5試合で18得点2失点。

失点は決勝戦の2失点のみというのが見どころと言えるでしょうか?

決勝では京都橘高校を相手にPK戦となりましたが、PKの練習をかなりやりこんでいるようにも見えましたね。

日程やその他の出場校などの情報は別記事が詳しいです。

下の記事をご覧ください!

高校サッカーの2大大会の1つとも言えるのが、夏の高校総体。 インターハイと言った方が馴染みがあるでしょうか? 冬の高校サッカー選手権...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク