ジョー・ゴメスはどんな選手?プレースタイルやプロフィール、背番号を紹介

リオ・ファーディナンドの再来とも言われる、ジョー・ゴメス。

イングランド代表を長く支える存在となりそうです。

そんなジョー・ゴメスどんな選手なのでしょうか?

プレースタイルポジションなどを詳しく紹介していきますよ。

簡単なプロフィール背番号も紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ジョー・ゴメスのプレースタイルは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Thanks for all your support this year… onto the next one 🙏🏽🔴💥 #LFC

Joe Gomez(@joegomez5)がシェアした投稿 –

ジョー・ゴメスのプレースタイルの特徴は大きくこの3つです。

DFならどこでもプレー可能なユーティリティ性

圧倒的なスピードと守備範囲の広さ

正確なキックによるビルドアップ能力

それぞれ細かく見ていきましょう!

DFならどこでもプレー可能なユーティリティ性

まずは何と言ってもディフェンスラインならどこでも出来るユーティリティ性です。

最近はCBでのプレーが多いですが、右サイドバックでの起用が多かった時期もありましたね。

そのサイドバックも左右を問わないところが本当に素晴らしい。

監督にとっては非常に使い勝手が良い選手ですよね。

試合中のシステム変更にも幅が広がりますし、こういった選手は本当に重宝されます。

多くのポジションでプレー出来るということは、それだけ戦術の理解度が高いとも言えそうです。

スポンサーリンク

圧倒的なスピードと守備範囲の広さ

プレー面ではやはり圧倒的なスピードが特徴の選手。

サイズもありますし体の強さもありますが、それ以上に目立つのがスピード。

そのため、どちらかと言うとスイーパータイプと言えるでしょうか。

裏を取られたサイドバックのスペースを埋めたり、相方のCBのカバーをしたりとスピードが活かされるシーンが目立ちます。

サイドバックを経験したためか、ピッチを広くカバーする守備範囲の広さも持ち味です。

後ろから追いついてのタックルも上手く、ファールにならずに綺麗にボールを刈るスライディングも持ち味ですね。

トップスピードだけでなく一歩目も非常に速い印象があり、出足の速さを活かしたインターセプトも見どころの1つです。

正確なキックによるビルドアップ能力

現代CBに必須ともなっている正確なキックも持った選手です。

最高峰から前線のスペースやサイドへの展開と、長いロングボールの精度も悪くないです。

抜群に良いキック…というわけではないですが、CBに求められる水準は十分に満たしているでしょう。

まだ若いですし今後もどんどんとキックは良くなるハズです。

前にスペースがあればドリブルで運び、相手のマークがズレたところでパスを出すことも出来ます。

ジョー・ゴメスのプレーはこちらの動画をどうぞ。

Joe Gomez 2020 – Tackles & Defender Skills – HD
スポンサーリンク

ジョー・ゴメスのプロフィール

名前 ジョセフ・デーブ・ゴメス
国籍 イングランド
生年月日 1997年5月23日
身長 188cm
体重 -kg
利き足
ポジション DF(センターバック、サイドバック)

ジョー・ゴメスの背番号【歴代】

クラブでの背番号

シーズン クラブ 背番号
14-15 チャールトン・アスレティック 4
15-16 リヴァプール 12
16-17
17-18
18-19
19-20
20-21    

イングランド代表での背番号

シーズン 大会名 背番号
2014 U-17欧州選手権 5
2015 U-19欧州選手権 6
U-21欧州選手権 2
2017 U-21欧州選手権 5
2019 UEFAネーションズリーグ 12
EURO2020予選 15
スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

ジョー・ゴメスのプレースタイルを紹介

プロフィール歴代背番号を紹介

一言で言うならばフィジカルモンスター。

圧倒的なスピードを活かしたカバーリングが持ち味の選手です。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

サッカーのテレビ放送はどこに加入すれば良いのか悩みませんか? Jリーグや欧州の主要リーグなど、観たいゲームはたくさんあります。 地上...

スポンサーリンク