ロナウジーニョの背番号を歴代で振り返る!今も買えるユニフォーム!

元ブラジル代表で、非常に楽しそうにプレーするのが印象的なロナウジーニョ。

背番号と言えば10のイメージが非常に強い選手ですよね。

そんな10番が似合う選手ですが、やはりそれ以外の数字を背負っていたこともあります。

と言うか、意外と10番以外が多いんですよね。

歴代の背番号を振り返ってみたいと思いますよ。

クラブチームだけでなく、ブラジル代表での背番号もついでに見ていきましょう!

スポンサーリンク

ロナウジーニョの背番号を歴代で振り返る!

ロナウジーニョのクラブでの背番号を歴代で紹介します!

ちょっと初期のブラジル時代が不正確なところがありまして…これ以外の番号だったこともあるかもしれません。

トップチームにデビューしたのは、1998年のグレミオでしたね。

ここから見ていきましょう。

1998-2001・・・グレミオ 9番、10

2001-2002・・・パリ・サンジェルマン 21

2002-2003・・・パリ・サンジェルマン 10

2003-2008・・・バルセロナ 10

2008-2011・・・ACミラン 80

2011-2012・・・フラメンゴ 10

2012-2014・・・アトレチコ・ミネイロ 10

2014・・・ケレタロ 49

2015・・・フルミネンセ 10

グレミオ時代はいかんせん時代も古く…定かではないのですが、10番以外に9番を付けて試合に出ている映像がありますね。

何年に付けていたのか…その辺りまではわからないので要調査としたいと思います。

貴重なグレミオ時代の映像はこちらです。

Ronaldinho ● The Most Skillful Player Ever ● Grêmio ● Rare Clips

パリ移籍の初年度は21番となり、これはナイジェリア代表などで活躍したオコチャが10番だったからです。

オコチャの退団に伴い、2002-2003シーズンからは背番号を10に変更していますよ。

そしてバルセロナでは当初から10番となっています。

ちなみに当時のバルサの10番はと言えば、フアン・ロマン・リケルメ!

10番が非常に似合う選手ではありますが、ファン・ハール監督との確執等々で出場機会も少なく…ロナウジーニョの加入と共に10番を剥奪されています。

リケルメの前の10番はリバウドでしたね。

ACミランでは80番となりましたが、これはセードルフが10番を既に使用していたため。

なので、1980年生まれということで80番を選んでいますよ。

メキシコのクラブであるケレタロ時代の49番は…ちょっとわかりません。

恐らく10番が空いてなかったのだとは思いますが…。

スポンサーリンク

ロナウジーニョのブラジル代表での歴代背番号!

ブラジル代表での背番号はこんな感じになっています。

1999(コンフェデ)・・・7

1999(コパアメリカ)・・・21

2002(ワールドカップ)・・・11

2003(コンフェデ)・・・7

2005-2006・・・10

2007(親善試合)・・・7

親善試合までは網羅出来ないので、主要大会の時の背番号となっています。

代表デビューは1999年でして、コンフェデでは7番を、コパアメリカでは21番を使用しています。

その後2002年の日韓ワールドカップでは11番となっています。

ちなみにこの時の10番はリバウドでしたね。

以外にも代表で10番を付けるようになったのは2005年頃から。

そしてドゥンガ監督になった2007年からは、ジエゴやカカが10番を背負っています。

ドゥンガ時代からは代表に定着していたとは言えないですが…このころは7番を使うことが多かったですね。

主要大会では記憶にありませんが、17番を付けていた時期もありますね。

スポンサーリンク

今でも買えるロナウジーニョのユニフォーム!

ロナウジーニョのユニフォームですが、正直あまり豊富ではありません。

やはり毎シーズン新作となりますので…欲しいユニフォームは早めに買っておかないとダメですね…。

現在でもマーキング入りで手に入るのは、ミラン時代から…といったところですよ。

アウェーですが、2008-2009シーズンです。

なかなかレアなサードユニフォームも!

最後のクラブとなったフルミネンセのユニフォームも…サードのみしか…。

代表のユニフォームも最早なかなか入手が難しいって感じになっていますね。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

ロナウジーニョの背番号をクラブと代表で、歴代で紹介

今でも買えるユニフォームは非常に少ない

10番のイメージが非常に強いのは、やはりバルセロナの全盛期の影響でしょうかね?

ブラジル代表でも10番のイメージがありましたが、意外や意外に色々な番号を付けていました。

確かにキャリア初期にはリバウドがいましたからね。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク