ジダンの背番号を歴代で紹介!クラブで10を付けなかったのはなぜ?

フランスが世界に誇る司令塔であるジダンです。

プレースタイルと共に、10番が非常に似合う選手でしたよね。

なのですが、意外や意外に所属クラブでは10番を付けることが少なかった印象も。

今回はそんなジダンの歴代の背番号を振り返ってみたいと思います。

せっかくなのでクラブと代表の両方を見て行きましょう。

そして、なぜクラブで10を付けていなかったのかを紹介します。

スポンサーリンク

ジダンの背番号!クラブ編!

ジダンのクラブでの背番号ですが、キャリアを一覧にしてみましょう。

1988-1992 カンヌ 8、9、10、11番他

1992-1996 ボルドー 7

1996-2001 ユヴェントス 21

2001-2006 レアル・マドリード 5

と、こんな感じですね。

カンヌ時代は背番号が固定制ではなかったこともあり、結構色々な番号を付けていたようです。

ボルドー時代は7番でしたね。

その後はユヴェントスに移籍して21番となっています。

セリエAはこの時点では既に背番号固定制となっていますよ。

そしてレアル・マドリードに移籍してずっと5番でしたね。

あまりチームも多くないですし、背番号も1つのクラブの間は変えていないって感じになっていますよ。

そんな背番号のソースとして、貴重なカンヌ時代の動画がこちら。

Zinedine Zidane – AS Cannes • Overall 1989 – 1992 • Skills, Goals, Assists • Young Zizou •

そしてボルドー時代がこちらです。

Zinedine Zidane – Bordeaux • Overall 1992 – 1996 • // Skills, Goals, Assists //

ユーヴェ時代レアル時代も紹介しましょう。

Zinedine Zidane – Juventus – Super Skills , Super Goals HD ~ジネディーヌ・ジダン スーパープレイ集
The Magic Of Zinedine Zidane ● Real Madrid 2001 – 2006
スポンサーリンク

ジダンの背番号!代表編!

ジダンのフランス代表での背番号ですが、歴代でこんな感じです。

1996年 EURO 10

1998年 ワールドカップ フランス 10

2000年 EURO 10

2002年 ワールドカップ 日韓 10

2004年 EURO 10

2006年 ワールドカップ ドイツ 10

見事に主要大会では10番のみですね。

ジダン=10番の印象はこのフランス代表のものが強いのかと思います。

代表戦は親善試合もありますので…全ての試合の背番号を調べるのは実質不可能でして…。

10番以外でパッと思いつくのは、代表初期の頃の14番でしょうか?

ちなみにフル代表にデビューしたのは1994年8月17日なんだそうで、その後1995年のEURO96予選辺りからスタメンに定着しています。

アンダー世代の代表はもちろん経験していますが、フル代表はかなり早くから主力になっているんですよね。

これも10以外の番号が少ない理由と言えそうです。

代表時代のプレーはこちらです。

Zinedine Zidane – 31 goals for France (1994 – 2006)
スポンサーリンク

ジダンがクラブで10を付けなかった理由は?

ジダンがクラブで10番を付けなかった理由ですが、本人にこだわりがないからのようです。

どうやら背番号にこだわりがあまりないみたいなんですよね。

10番に対するこだわりもないようで…。

ジダンが代表に定着した頃はエリック・カントナがチームの中心でした。

しかし1995年にあの有名なカンフーキックにより、長期の出場停止に。

フランス代表はジダンを中心としたチームにすることを決意。

チームの中心の自覚を植え付けるために10番を与えた…なんて話もあるようです。

ボルドー時代は7番を付けているので、もしかしたら7の方が好きな番号の可能性はありますね。

ただ、この時も10番は既にリシャルト・ビチュヘという選手が付けていました。

(アヤックス時代の画像でごめんなさい…)

ちなみにユヴェントス時代はというと、7番はディ・リービオが、10番はクラブの象徴であるデル・ピエロが付けていました。

そしてレアル時代はというと、7番はラウールが、10番はフィーゴが付けていましたね。

なかなかこの状況で7番か10番を要求するというのは…難しいかと思います。

サッカー中は非常に熱くなりやすい印象がありますが、ピッチを離れると非常に寡黙で内気な性格と言われていますよ。

そんな性格かつ、背番号にこだわりが強くなかったということもあり…移籍の際にも背番号の要求はしていないような気がしますね。

空いている番号から好きなの選んだ…って感じかと思われます。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

ジダンの背番号はクラブと代表別に本文内にまとめ

番号にこだわりがなく、空いている番号から選んだ可能性が高い

欧州リーグをよく見る方は、5の印象が強いですかね?

昔からのファンはユーヴェ時代の21でしょうか?

個人的にはなんとなくフランス代表での10のイメージが強いですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする