エジルの背番号を歴代で紹介!ドイツ時代、レアル、アーセナルと振り返る!

エジルの背番号を歴代で紹介!ドイツ時代、レアル、アーセナルと振り返る!

ドイツ代表からの引退を表明していますが、ドイツの誇る天才司令塔エジルですよね。

背番号10が非常に似合う選手ではありますが、クラブでも代表でも違う番号を付けていたことも多いです。

今回はそんなエジルの背番号を歴代で振り返ってみたいと思いますよ。

せっかくなので、クラブと代表の両方を紹介します。

スポンサーリンク

エジルの背番号を歴代で紹介!【クラブ編】

2006-2007 シャルケ04 17
2007-2008 17
ヴェルダー・ブレーメン 11
2008-2009 11
2009-2010 11
2010-2011 レアル・マドリード 23
2011-2012 10
2012-2013 10
2013-2014 アーセナル 11
2014-2015 11
2015-2016 11
2016-2017 11
2017-2018 11
2018-2019 10
2019-2020 10
     

シャルケ04時代

2006年にシャルケ04のユースからトップチームにデビューしています。

開幕戦より出場し、チームの有力な若手といった存在でしたね。

シャルケ04には1年半の在籍となりましたが、この時は17番を付けていました。

ちなみにこの時のシャルケ04の10番はと言うと、2006-2007シーズンがブラジル人のリンコウン。

2007-2008シーズンは2019年現在バルセロナに所属している、イヴァン・ラキティッチです。

Mesut Özil talento en el Shalke 04

ヴェルダー・ブレーメン時代

契約問題でシャルケ04と対立…と報じられ、2008年1月31日の2007-2008シーズン途中にヴェルダー・ブレーメンへ移籍。

ブレーメンには2年半の所属となり、通して11番を付けていました。

ちなみにこの時のブレーメンの10番は、ブラジル人司令塔のジエゴ。

ドイツの複数チーム、更にはアトレティコ・マドリードなどで活躍したザ・10番といった選手ですね。

2009-2010シーズン前にジエゴはユヴェントスに移籍していますが、エジルはこのシーズンも背番号を11から変えていません。

このシーズンの背番号10はボルシアMGから新加入の、マルコ・マリンが付けています。

19 Year Old Mesut Özil vs Bayern München
スポンサーリンク

レアル・マドリード時代

2010年の夏の移籍期間にレアル・マドリードに移籍しています。

移籍初年度の2010-2011シーズンは23番を付けています。

2010年のワールドカップでの大活躍、そしてレアル・マドリード時代で一気に世界的な選手に成長した印象ですね。

ちなみに、この初年度のレアルの10番ラッサナ・ディアッラです。

翌2011-2012シーズンより背番号10に変更。

ラッサナ・ディアッラは結果残留となりましたが、開幕前のプレシーズン段階からモウリーニョ監督の構想外状態でした…。

そして翌2012-2013シーズンまで10番を背負い、2013年の夏にアーセナルに移籍となりました。

The Magical Mesut Özil ● Real Madrid Dribbling Passing |HD|

アーセナル時代

2013年9月2日にアーセナルに移籍。

シーズンは既に開幕していますが、まぁ2013-2014シーズンからアーセナルと思って良いでしょう。

背番号は11番となっています。

ちなみに、この年のアーセナルの10番ジャック・ウィルシャーです。

そしてジャック・ウィルシャーの退団に伴い、2018-2019シーズンより10番に変更。

現在に至ります。

しかし2019年10月現在…若干構想外にも見える扱いに甘んじている状態ですね。

Mesut Özil – Ultimate Compilation – 4 Years at Arsenal
スポンサーリンク

エジルの背番号を歴代で紹介!【ドイツ代表編】

2010 W杯 8
2012 EURO 8
2014 W杯 8
2016 EURO 8
2018 W杯 10

代表に関しては、親善試合などが追いきれないので…主要大会の背番号を紹介します。

A代表に初選出となったのは2009年の親善試合です。

ちなみにこの時は、確か背番号が20番だったハズ。

10番はマルコ・マリンで、8番はトルステン・フリンクスですね。

そして国際大会への出場は2010年の南アフリカワールドカップから。

ここから2016年のユーロまで、主要大会での代表での背番号は8番となっていますよ。

ちなみに、その間の10番を背負っていたのは現在ヴィッセル神戸に所属する、ルーカス・ポドルスキです。

2018年のロシアワールドカップでは10番を付けてのプレーとなっています。

Mesut Ozil All 23 Goals For Germany | 2009-2018 | Goodbye Legend
スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

エジルの背番号をクラブと代表別にまとめ

10番のイメージが強いが、8番や11番も多い

リーグ戦やチャンピオンズリーグなど、クラブの試合をよく見る方は11番のイメージ。

ワールドカップなど、代表戦をよく見る方は8番のイメージでしょうか?

しかし、10番の似合うタイプの選手でしたね。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする