イスマエル・ベナセルの凄さとは?プレースタイルやプロフィール、背番号を紹介

フランス出身のアルジェリアの星、イスマエル・ベナセル。

アーセナルユース出身で、イタリアで開花した選手ですね。

そんなイスマエル・ベナセルどんな選手なのでしょうか?

プレースタイルポジションなどを詳しく紹介していきますよ。

簡単なプロフィール背番号も紹介したいと思います。

スポンサーリンク

イスマエル・ベナセルの凄さ・プレースタイルは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Résultat décevant malgré un match solide de l’équipe 🔴⚫️ @acmilan Place maintenant à l’équipe nationale 🇩🇿 #DZ

Ismael Bennacer(@ismaelbennacer)がシェアした投稿 –

イスマエル・ベナセルのプレースタイルの特徴は大きくこの3つです。

前を向く技術とドリブルの上手さ

パス精度と縦パスの意識の高さ

危機察知力の高さを感じる守備力

それぞれ細かく見ていきましょう!

前を向く技術とドリブルの上手さ

アンカーの位置での起用が多いですが、後ろ向きでボールを貰った時のターンが非常に上手い選手。

寄せてきているファーストディフェンダーをいなすようにかわす姿が印象的です。

ドリブル突破とボールキープ力、いわゆるプレス耐性が非常に高い選手と言えますね。

前にスペースがあればドリブルで持ち上がるのですが、この時のコース取りと言いますか、体の使い方が非常に上手いのも特徴。

小柄ですが相手への体の当て方が上手く、ボールを相手から遠いところに置くことで簡単に取られないドリブルを行っています。

スポンサーリンク

パス精度と縦パスの意識の高さ

あまりロングボールを蹴っている印象はありませんが、ショート・ミドルのパス精度は非常に高いです。

長短のパスを使い分けて攻撃のリズムを作ることが出来る選手ですね。

その中でも比較的縦への意識が高く、要所要所で相手にとって非常に危険な縦パスを供給します。

縦パスはカットされる確率も高いので…横に横にと逃げがちな選手も多いだけに、このチャンスを感じる能力と、ピンポイントで出せる技術の高さは大きな持ち味でしょう。

危機察知力の高さを感じる守備力

アンカーとしては小柄ではありますが、豊富な運動量危機察知能力の高さでカバーしている印象です。

高さやフィジカルで負ける部分はありますが、守備力はしっかりと計算出来ると言って良いでしょう。

ポジショニングの良さもあり、インターセプトが非常に上手いですね。

タックルの技術も良いものがあり、小柄さを感じさせない守備を見せています。

イスマエル・ベナセルの凄さがわかるプレー動画をどうぞ。

Ismaël Bennacer is AMAZING!!!!!
スポンサーリンク

イスマエル・ベナセルのプロフィール

名前 イスマエル・ベナセル
国籍 アルジェリア
生年月日 1997年12月1日
身長 175cm
体重 -kg
利き足
ポジション MF(ディフェンシブハーフ、セントラルハーフ)

イスマエル・ベナセルの背番号【歴代】

クラブでの背番号

シーズン クラブ 背番号
14-15 ACアルル 33
15-16 アーセナル 36
16-17 トゥールFC 4
17-18 FCエンポリ 10
18-19
19-20 ACミラン 4
20-21    

アルジェリア代表での背番号

※ユース時代はフランス代表を選択

シーズン 大会名 背番号
2015 U-19欧州選手権 18
2016 U-19欧州選手権
2017 アフリカネイションズカップ 8
2019 アフリカネイションズカップ 22
スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

イスマエル・ベナセルのプレースタイルを紹介

プロフィール歴代背番号を紹介

一言で言うならばアンカー。

小柄ではあるもののしっかりとした守備と、そこから攻撃への展開が出来る選手です。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

サッカーのテレビ放送はどこに加入すれば良いのか悩みませんか? Jリーグや欧州の主要リーグなど、観たいゲームはたくさんあります。 地上...

スポンサーリンク