イカルディの移籍先予想・噂を検証【2020夏】行先はパリ|インテル|ユヴェントスどこになる?

2019年9月にパリ・サンジェルマンに加入したマウロ・イカルディですが、シーズン終了後に移籍の噂が出ています。

果たして新たな移籍先はどこになるのでしょうか?

現状や様々な噂などから、移籍先を予想してみたいと思います!

加入早々にフィットして、負傷離脱のカバーニの穴を埋めた存在だけにパリ・サンジェルマンとしても手放したくはないところか?

果たしてどうなるのでしょうか。

スポンサーリンク

イカルディの移籍先予想【2020夏】

イカルディの移籍の現状を簡単におさらい!

まずはイカルディの現状ですが、所属チームはフランスのパリ・サンジェルマン。

しかしインテルからのレンタル移籍中ということで、保有権はインテルが持っていることになります。

契約期間はパリ・サンジェルマンへのレンタルが、2020年6月30日まで。

(コロナの影響で、2019-2020シーズン終了までとなるハズです)

そしてインテルとの契約が、2022年6月30日までとなっています。

イカルディの移籍先候補【パリ・サンジェルマン】

まずは現所属のパリ・サンジェルマンを継続する可能性です。

加入から早々にフィットし、結果もなかなか上々のものがあるかと思います。

更にはこの夏にネイマールがバルセロナ復帰、カバーニがアトレティコ・マドリードに移籍、なんても出ているだけにパリ・サンジェルマンとしてはFWの確保が急務な状況。

レンタルで1シーズン所属し、リーグにもクラブにもフィットしたイカルディを完全移籍で獲得するというのはかなり理想的な展開かと。

ちなみにインテルからのレンタル移籍の契約としては買取オプションが付いており、完全移籍に移行することは可能です。

しかし7,000万ユーロ(約82億円)と言われており…その金額がパリ・サンジェルマンには厳しいか…。

またイカルディの代理人を務める奥さんのワンダ・ナラは、セリエAへの復帰を希望していることを発表。

パリ・サンジェルマンのチームメイトとの不仲説も出ており、このままレンタル終了となる可能性が高いかもしれません。

本人に取ってもパリ・サンジェルマンにとっても、完全移籍が1番良い選択肢のような気がするんですけどね…。

スポンサーリンク

イカルディの移籍先候補【ユヴェントス】

続いてはイタリアの名門ユヴェントスへの移籍説です。

現時点ではコレが1番可能性が高いかもしれません。

イグアインの出来に不満が残り…夏での退団が噂されているだけに、イカルディは取れるなら取りたい選手でしょう。

どこまで本当か…というのはありますが、第一希望はネイマールという話もありますが(その場合はロナウドがCFにいくことになるか)バルセロナに勝てるとは思えない状況。

現実的にはポスト・イグアインとしてCFタイプを取ることになるでしょう。

クラブの状況や金銭面を考えると、ユヴェントス移籍の可能性は十分に考えられるかと思います。

イカルディの移籍先候補【ナポリ】

同じくイタリア、セリエAのナポリへの移籍説。

2019年夏にもナポリへの移籍合意!なんて報道があったものの…結局は実現せず…という経緯もありますね。

ただ…本人が今一つ乗り気ではないようで…。

インテル以外であればユヴェントス。

他にはイタリアであればインテル以外にはいかない…なんて報道もありますね。

個人的にはナポリ移籍が面白そうだとは思うものの、またもや実現は難しそうかなといったところ。

2019年夏には、ユヴェントスの条件を超える高オファーなんて話もあっただけに2020年夏も取りにいくとは思います。

スポンサーリンク

イカルディの移籍先候補【インテル】

地味にあり得るかもしれないと思っているのがインテル復帰。

現時点での契約はパリ・サンジェルマンにレンタル移籍ですので、買取オプションを行使しない限りは2019-2020シーズン終了後にインテル復帰となります。

そしてインテルとの契約は、先ほど紹介したように2020年6月まであるんですね。

監督が代わるなどで戦力となる可能性はありますが、現状ではインテルにイカルディの居場所はありません。

戻っても飼い殺し状態になるので、それは是非とも避けたいところ。

しかし高額な移籍金が、他のチームへの移籍の足かせになる可能性は十分に考えられますね。

代理人の奥さんも含めて「お騒がせ」なイメージもありますので、良い選手だけど…と二の足を踏んでいるクラブも多いでしょう。

更にはイタリア国内のライバルチーム(特にユヴェントス)に安価では売らないであろうことも考えられます。

結局移籍が実現せずインテルにレンタルバック…なんて最悪のシナリオもあり得るような気がしているんですよね。

イカルディの移籍金はいくら?

イカルディの移籍金ですが、7,000万ユーロ(約82億円)と言われています。

移籍金というか市場価格ですね。

パリ・サンジェルマンが買取オプションを使うには7,000万ユーロと言われており、市場価格は同じく7,000万とも7,500万ユーロとも言われているようです。

2020年夏の移籍でいったいいくらとなるのか…注目が集まるところではありますね。

インテルとしては安売りはしたくないものの、戦力外であることは事実。

もう少し安い金額で落ち着くんじゃないかなという気もしますが…果たしてどうなるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

イカルディの移籍先を予想してみた

可能性が高いのはユヴェントスか?

個人的にはパリ・サンジェルマンが理想的な気がする

実力はあるものの…色々とお騒がせな面で損している選手ですよね。

パリが買い取ってくれるのが1番キャリア的には良さそうですが、どうもそうはならなそうな印象です。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

サッカーのテレビ放送はどこに加入すれば良いのか悩みませんか? Jリーグや欧州の主要リーグなど、観たいゲームはたくさんあります。 地上...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする