カバーニの背番号を歴代で紹介!21はウルグアイ代表で定着もクラブでは違う!

ウルグアイが誇る大型の万能フォワード、エディンソン・カバーニです。

ルイス・スアレスと組む2トップの破壊力は…もはや説明するまでもないですね。

そんなカバーニの背番号と言えば、やっぱりウルグアイ代表での21番のイメージが強いのではないでしょうか?

では、クラブでは何番を付けていたのか…。

今回はそんなカバーニの背番号を歴代で振り返ってみたいと思いますよ。

パリ・サンジェルマンはもちろん、懐かしきパレルモやナポリ時代も紹介します。

スポンサーリンク

カバーニの背番号を歴代で紹介!【クラブ編】

2005-2006 ダヌービオFC 9、11、15など
2006-2007  
USパレルモ 7
2007-2008 7
2008-2009 7
2009-2010 7
2010-2011 SSCナポリ 7
2011-2012 7
2012-2013 7
2013-2014 パリ・サンジェルマン 9
2014-2015 9
2015-2016 9
2016-2017 9
2017-2018 9
2018-2019 9
2019-2020 9
     

ダヌービオFC時代

母国ウルグアイのダヌービオFCのユース出身で、2005年にトップチームデビューしています。

ちょっとウルグアイリーグの事情に詳しくないので…間違ってたら申し訳ないのですが、どうもこの頃は背番号固定制では無かったようです。

いわゆる、スタメン選手が1~11の番号を付けるやつですね。

この頃から既にCFとしてプレーしており、そのポジションから付ける背番号は911が多かったようです。

途中出場では15を付けていた記録がありますよ。

Edinson Cavani Goles PARTE 1

USパレルモ時代

2007年の南米ユース選手権での活躍もあり、ビッグクラブからのオファーも舞い込む中…最終的に移籍したのはセリエAの中堅チームであるUSパレルモでした。

2006-2007シーズンの途中での加入となりましたが、背番号は7に。

この頃はアマウリがいたこともあり、3トップのサイドが主戦場でした。

真相は不明ですが、それもあって7番だったんでしょうかね?

その後、チームメイトの移籍もあり9、10、11辺りの好きそうな番号に空きが出ることもありましたが…パレルモ時代は一貫して7番を付けていました。

アマウリの移籍に伴い、3トップのセンターや2トップになってからは現在のような活躍を見せ始めましたね。

USC Palermo Memories: Edinson Cavani (2007/2010)
スポンサーリンク

SSCナポリ時代

2010-2011シーズンの前にSSCナポリにレンタル移籍。

結果、そのまま買取オプションを行使したナポリに完全移籍しています。

加入から最後のシーズンとなる2012-2013シーズンまで、パレルモ時代同様に一貫して7番を付けていますね。

ちなみに、カバーニ加入前のシーズンの7番はと言うと…マラドーナの再来と言われたエセキエル・ラベッシ。

カバーニ加入に伴い、背番号を7から22に変更しています。

ついでに言うと、9番ジュゼッペ・マスカーラ。

11番は、SBながら11番大好きなクリスティアン・マッジョでした。

更に余談として…マッジョは2月11日生まれです。

CAVANI RITORNA A NAPOLI – El Matador || Best Goals 2010 – 2013

パリ・サンジェルマン時代

2013年7月にパリ・サンジェルマンに移籍。

2013-2014シーズンから、この記事を書いている2019-2020シーズンまで一貫して9番となっています。

プレシーズンマッチ?などでは16番や17番を使っていたこともあるようですが…ちょっと詳細までは不明です。

ちなみにカバーニが加入する前の2012-2013シーズンの9番はと言うと、一時期フランス代表にも選出されていたギョーム・オアロ。

カバーニ加入の半年前、2012-2013シーズンの冬の移籍で中国の大連一方蹴球倶楽部に移籍しています。

つまり、カバーニ加入時にはちょうど9番が空いていたことになりますね。

Edinson Cavani – All 157 Goals with PSG – New Records
スポンサーリンク

カバーニの背番号を歴代で紹介!【ウルグアイ代表編】

2010 W杯 7
2011 コパ・アメリカ 21
2013 コンフェデ杯 21
2014 W杯 21
2015 コパ・アメリカ 21
2016 コパ・アメリカ 21
2018 W杯 21
2019 コパ・アメリカ 21
   

代表に関しては、親善試合などが追いきれないので…主要大会の背番号を紹介します。

A代表に初選出となったのは2008年ですが、その前にウルグアイU-20の話を。

ウルグアイU-20ではキャプテンとして南米ユース選手権に出場。

チームは3位に終わったものの、自信は得点王に輝く活躍を見せました。

この時の背番号は9番です。

さて、A代表の初選出は2008年2月6日のコロンビア戦。

A代表デビュー戦で途中出場ながらゴールを挙げる活躍を見せますが、この時は11番でした。

そして主要大会では2010年の南アフリカワールドカップで、7番を付けています。

この時に9番を付けていたのがルイス・スアレスで、11番アルバロ・ペレイラでしたね。

そしてその後の2011年のコパ・アメリカより、代表での代名詞とも言える21番を付けることに。

現在まで継続して21番を使っています。

ちなみに、2011年のコパ・アメリカより代わって7番を付けることになったのが…2007年のコパ・アメリカでも7番を付けていたクリスティアン・ロドリゲスです。

Cavani Uruguay Goals ● Los 10 Goles de Cavani ● Rusia 2018 Eliminatorias | HD
スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

カバーニの背番号をクラブと代表別にまとめ

クラブでは7と9、代表では21がメイン

プレースタイル的には9番が合っている選手ですかね?

ウルグアイ代表では、9番はスアレスの番号です。

2010年時点では序列はフォルラン、スアレス、カバーニの順でしたしね。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

サッカーのテレビ放送はどこに加入すれば良いのか悩みませんか? Jリーグや欧州の主要リーグなど、観たいゲームはたくさんあります。 地上...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする