ロドリ(ロドリゴ・エルナンデス)はどんな選手?プレースタイルやプロフィール、背番号を紹介

ネクスト・ブスケッツとも言われるロドリこと、ロドリゴ・エルナンデス。

クラブはもちろん、スペイン代表でも重要な存在となるであろう逸材です。

そんなロドリどんな選手なのでしょうか?

プレースタイルポジションなどを詳しく紹介していきますよ。

簡単なプロフィール背番号も紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ロドリのプレースタイルは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Our first trophy of the season , C’mon CITY 🔥💙🔥

rodrigo hernandez(@rodri_hernandez16)がシェアした投稿 –

ロドリのプレースタイルの特徴は大きくこの3つです。

長いリーチで絡めとる守備

圧倒的なボールキープ力

広い視野と正確なパス

それぞれ細かく見ていきましょう!

長いリーチで絡めとる守備

191cmという長身と、リーチの長い足を活かした守備が上手い選手です。

ボールへの寄せ方と相手への体の当て方が上手いですね。

長い足の出し方も非常に上手く、あまりスライディングをしないのが特徴的。

フィジカルは非常に強いように思いますが、フィジカルの強さを活かした守備というよりは足の出し方が本当に上手い。

また空いてしまったスペースを埋める能力も高く、インターセプトも目立つ傾向にありますね。

スポンサーリンク

圧倒的なボールキープ力

足元の技術がしっかりとしており、両足で同じようにボールに触れる印象です。

そのため、両足で起用にボールをコントロールしボールをキープ。

アンカーの位置で相手のファーストディフェンダーをかわし、そこから攻撃に展開していきます。

中盤で細かくパスを繋ぐ際には、必ずサポートの位置に現れビルドアップに参加。

簡単にワンタッチでショートパスを繋ぐシーンと、キープして相手を剥がすシーン、更には一気にロングパスを展開するシーンと、判断力の良さも光ります。

広い視野と正確なパス

視野の広さも持っており、サイドチェンジやディフェンスラインの裏を付くような正確なロングパスも魅力。

普段は細かいショートパスを繋ぐことが多く、1試合で最多のパスを出すこともしばしば。

パス成功率も非常に高いのですが、時折見せるロングフィードも非常に精度が高いんです。

特にピッチを斜めに横切るパスが多く、逆サイドへの大きな展開へ繋げる視野の広さが光りますね。

ロドリのプレーはこちらの動画をどうぞ。

Rodri | Ultimate Defensive Midfielder
スポンサーリンク

ロドリゴ・エルナンデスのプロフィール

名前 ロドリゴ・エルナンデス・カスカンテ
国籍 スペイン
生年月日 1996年6月22日
身長 191cm
体重 -kg
利き足
ポジション MF(ディフェンシブハーフ、セントラルハーフ)

ロドリゴ・エルナンデスの背番号【歴代】

クラブでの背番号

シーズン クラブ 背番号
15-16 バレンシア 29
16-17 16
17-18
18-19 アトレティコ・マドリード 14
19-20 マンチェスター・シティ 16
20-21    

スペイン代表での背番号

シーズン 大会名 背番号
2015 U-19欧州選手権 14
2017 U-21欧州選手権 6
2020 ユーロ2020予選 16
スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

ロドリゴ・エルナンデスのプレースタイルを紹介

プロフィール歴代背番号を紹介

一言で言うならば理想のアンカー。

高いボール奪取能力を持ちながら、ビルドアップや攻撃のスイッチを入れることが出来る選手です。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

サッカーのテレビ放送はどこに加入すれば良いのか悩みませんか? Jリーグや欧州の主要リーグなど、観たいゲームはたくさんあります。 地上...

スポンサーリンク