パウロ・ディバラの凄さとは?プレースタイルやプロフィール、背番号を紹介

La Joya…宝石の愛称で親しまれる、パウロ・ディバラ。

セリエAでの活躍が素晴らしい選手ですよね。

そんなパウロ・ディバラどんな選手なのでしょうか?

プレースタイルポジションなどを詳しく紹介していきますよ。

簡単なプロフィール背番号も紹介したいと思います。

スポンサーリンク

パウロ・ディバラの凄さ・プレースタイルは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2️⃣0️⃣0️⃣ presenze in #serieA festeggiate al meglio 🎉! #dybalamask

Paulo Dybala(@paulodybala)がシェアした投稿 –

パウロ・ディバラのプレースタイルの特徴は大きくこの3つです。

テクニカルなドリブル突破とキープ力

抜群のキック精度

ディフェンスの間でボールを受ける技術の高さ

それぞれ細かく見ていきましょう!

テクニカルなドリブル突破とキープ力

まずは何と言ってもドリブル突破力が最大の持ち味でしょう。

スピード抜群というタイプではなく、テクニックの高さを活かした突破が多いですね。

ボールの持ち方は同郷の先輩であるメッシに似ており、一時期はメッシ二世なんて話も出ていましたね。

ドリブル突破も細かいタッチで相手を外していく、テクニカルなドリブルであり似ていると言えるかもしれません。

そしてテクニックの高いドリブルのため、密集地帯でも簡単に失わないキープ力の高さも魅力。

2人3人とマークにきても、スルスルと剥がして突破する姿が印象的です。

スポンサーリンク

抜群のキック精度

フリーキックのキッカーを務めるように、非常に高い左足の精度が持ち味です。

パスも良いものがありますが、それ以上にシュートの上手さが目につきますね。

パワーもあるのですが、どちらかと言うとコントロールに重きを置いたシュートが多い印象。

非常にコンパクトな振りで、速いシュートモーションから綺麗にゴールの隅に放つシュートが特徴です。

放つ…と言うより、ゴールの隅に置いてくるといった印象でしょうか。

ゴールでもアシストでも、バイタルエリアで違いを作り出す9.5番タイプのプレーヤーですね。

ディフェンスの間でボールを受ける技術の高さ

先ほどのシュートの上手さの他に、得点力の高さを支えているのがこのボールを受ける技術の高さ。

ディフェンスの間でボールを貰う時の受け方と、その後のターンが非常に上手いんですよね。

ワンタッチでディフェンスを外すターンはもちろん、一度止めた後に柔らかいタッチでボールを出して置き去りにする…どちらのパターンも上手いです。

後ろ向きでボールを受けて、そこから振り向ける選手というのは…ディフェンスからすると嫌な選手です。

パウロ・ディバラの凄さがわかるプレー動画をどうぞ。

Paulo Dybala is AMAZING in 2019/2020
スポンサーリンク

パウロ・ディバラのプロフィール

名前 パウロ・ブルーノ・エクセキエル・ディバラ
国籍 アルゼンチン
生年月日 1993年11月15日
身長 177cm
体重 69kg
利き足
ポジション FW(セカンドトップ、右ウィング)

デニス・スアレスの背番号【歴代】

クラブでの背番号

シーズン クラブ 背番号
10-11 インスティトゥート 9
11-12
12-13 USパレルモ 9
13-14
14-15
15-16 ユヴェントス 21
16-17
17-18 10
18-19
19-20
20-21    

アルゼンチン代表での背番号

シーズン 大会名 背番号
2018 ワールドカップ 21
2019 コパ・アメリカ 21
スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

パウロ・ディバラのプレースタイルを紹介

プロフィール歴代背番号を紹介

一言で言うならば9.5番。

得点力とアシスト力を兼ね備えた、バイタルエリアで違いを作り出す選手です。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

サッカーのテレビ放送はどこに加入すれば良いのか悩みませんか? Jリーグや欧州の主要リーグなど、観たいゲームはたくさんあります。 地上...

スポンサーリンク