スコールズの背番号を歴代で紹介!18以外も!マンU|イングランド代表

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンド、ポール・スコールズ。

現役時代はマンU一筋を貫き、現在は監督としてのキャリアを歩み始めています。

そんなスコールズの背番号を歴代で紹介します。

18番の印象が強いですが、結構他の番号も使っていましたよね。

【所属クラブ】

1992-1995 マンチェスター・ユナイテッド 24
1995-1996 22
1996-2011 18
2012-2013 22

【イングランド代表】

1998 ワールドカップ 16
2000 ユーロ 8
2002 ワールドカップ 8
2004 ユーロ 8
スポンサーリンク

スコールズの背番号を歴代で紹介!【クラブ編】

マンチェスター・ユナイテッド【1992-2011】

1992-1995 マンチェスター・ユナイテッド 24
1995-1996 22
1996-2011 18

スコールズはマンチェスター・ユナイテッドのユース出身で、1993年7月にプロ契約。

資料的には1992-1993シーズンより書かれることが多いですが、この頃は実質U-23チームの所属と言って良いのではないでしょうか。

トップチームで初の試合は1994年9月21日のリーグカップ。

その3日後の1994年9月24日の試合でプレミアリーグデビューとなっています。

このキャリア初期の背番号は24番ですね。

1995-1996シーズンより背番号が22番に変更されます。

この頃はエリック・カントナがカンフーキック事件で出場停止(正しくは1994-1995シーズンですが)もあり、スコールズはフォワードでプレーすることも多かった時期です。

翌1996-1997シーズンより背番号を代名詞ともいえる18番に変更。

この頃には主力選手と言える状態であり、1桁番号も可能だったと思うのですが…なぜか18番を選んでいます。

この世代は黄金世代であり、例えばギャリー・ネビルは2番(20番から変更)、ディビッド・ベッカムは10番(24番から変更)、ギグスはそれ以前からですが11番と主力選手の番号を付けていました。

この年に8番を付けたのは同じくファーガソンの雛鳥の1人であるニッキー・バット(19番から変更)

当時の序列が表れているのか、好みの問題なのか…。

その後は2003-2004シーズン終了後にニッキー・バットがニューカッスルに移籍。

8番の前提で話をしてしまいますが…8番が空いたもののスコールズは18番を継続使用。

ちなみに空いた8番は新加入のウェイン・ルーニーが付けることになりました。

そしてスコールズは2010-2011シーズン限りで現役を引退。

最初の引退まで18番を使い続けていますね。

Paul Scholes Top 30 Legendary Goals for Man Utd

マンチェスター・ユナイテッド【2012-2013】

2012-2013 マンチェスター・ユナイテッド 22

2010-2011シーズン限りで現役を退き、翌2011-2012シーズンはコーチとしてチームに帯同。

しかし半年後の2012年1月に現役復帰しています。

この時の背番号は22番ですね。

既に2011-2012シーズンも約半分が終わったタイミングであり、このシーズンの18番はアストン・ヴィラから新加入のアシュリー・ヤングが付けていたため空いていませんでした。

もう一つの番号である24番はと言うと、2003-2004シーズンよりダレン・フレッチャーが付け続けていましたね。

そのため1995-1996シーズンに使った22番を選択した…のではないでしょうか。

翌2012-2013シーズンも22番を付けてプレーし、シーズン終了後に改めて引退しています。

Paul Scholes – The Resurrection
スポンサーリンク

スコールズの背番号を歴代で紹介!【イングランド代表編】

ワールドカップ【1998】

1998 ワールドカップ 16

スコールズの代表デビューは1997年5月の親善試合である南アフリカ戦です。

その後は招集されたりされなかったりという状態でしたが、1998年のフランスワールドカップはメンバー入り。

全4試合全てに出場し、初戦のチュニジア戦ではゴールも記録しています。

この大会での背番号は16番です。

番号が選べた立場では無かったかと思います。

ちなみにこの大会での8番は当時リーズに所属のデビッド・バッティで、18番は当時アーセナル所属のマーティン・キーオンでした。

そんな1998ワールドカップ、得点を挙げたチュニジア戦です。

England 2-0 Tunisia – WC 1998 [50fps]

ユーロ【2000】

2000 ユーロ 8

続くユーロ2000でも中心選手として全3試合に出場。

チームはグループリーグ敗退となっていますが、スコールズは1得点1アシストと悪くないパフォーマンスを見せていますね。

この大会より背番号は8番となっています。

1ゴールを記録したポルトガル戦のハイライトがこちら。

England vs Portugal 2-3, All Goals and Highlights Euro 2000
スポンサーリンク

ワールドカップ【2002】

2002 ワールドカップ 8

続く2002年の日韓ワールドカップでも、代表の中心選手として出場。

全5試合全てに出場し、準々決勝敗退となったものの…アルゼンチン戦ではマン・オブ・ザ・マッチに選出されるなどの活躍を見せています。

この大会でも背番号は8番でプレーしていますよ。

そんなアルゼンチン戦のハイライトです。

2002 World Cup .. England – Argentina 1-0

ユーロ【2004】

2004 ユーロ 8

続くユーロ2004にも招集されますが、本来のセントラルハーフにはジェラードとランパードを配置。

スコールズは左のサイドハーフで起用されています。

全4試合全てにスタメン出場したものの、全ての試合で途中交代させられるということもあり…チームの中での(というよりはエリクソン監督の中での)序列が落ちている感がありました。

この大会でも背番号は8番を付けてプレーしています。

France vs England 2-1, Euro 2004 Grup Stage – All Goals and Highlights

この扱いが原因なのかは不明ですが、大会終了後に代表からの引退を表明。

エリクソン監督が退任となり…新たにスティーブ・マクラーレン監督が就任し、ユーロ2008に向けてスコールズに代表復帰を説得したものの…断っています。

更には2010年にはファビオ・カペッロ監督が2010ワールドカップに向けて代表復帰を説得したものの…これも断り代表に復帰することはありませんでした。

ちなみに、スコールズ引退後のイングランド代表で8番を受け継いだのはフランク・ランパードです。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

スコールズの背番号をクラブと代表でそれぞれ紹介

クラブでは18番、代表では8番が多い

18番にこだわりがあったのか…8番が良かったのか…なんとも謎な感じですね。

早過ぎる代表引退も残念な選手でした。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

サッカーのテレビ放送はどこに加入すれば良いのか悩みませんか? Jリーグや欧州の主要リーグなど、観たいゲームはたくさんあります。 地上...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする