リュカ・エルナンデスの凄さとは?プレースタイルやプロフィール、背番号を紹介

フランスのワールドカップ2018制覇に貢献した、リュカ・エルナンデス。

サイドバックに100億円という移籍金も話題になった選手です。

そんなリュカ・エルナンデスどんな選手なのでしょうか?

プレースタイルポジションなどを詳しく紹介していきますよ。

簡単なプロフィール背番号も紹介したいと思います。

スポンサーリンク

リュカ・エルナンデスの凄さ・プレースタイルは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

☀️💪🏻

L U C A S H E R N Á N D E Z(@lucashernandez21)がシェアした投稿 –

リュカ・エルナンデスのプレースタイルの特徴は大きくこの3つです。

CBと左SBを高いレベルで兼任

シメオネに叩き込まれたハードマーク

水準以上のスピードとスタミナ

それぞれ細かく見ていきましょう!

CBと左SBを高いレベルで兼任

右のサイドバックでの起用は見たことがありませんが…左のサイドバックセンターバックではどちらも高い水準でプレーすることが出来ます。

バイエルン・ミュンヘンではアラバがいることもあり、センターバックでのプレーが多い印象。

しかしアトレティコ時代には、ほぼ半分半分くらいの頻度でプレーしていましたね。

2018年のワールドカップでは主に左サイドバックでプレーしたように、どちらで使っても計算出来るというのは監督にとって非常にありがたい存在です。

スポンサーリンク

シメオネに叩き込まれたハードマーク

シメオネ譲り…なのかは不明ではありますが、アトレティコ時代にディエゴ・シメオネ指導を受けたことは事実。

現役時代同様に、戦う姿勢を前面に押し出すこの監督の影響は大きいと思います。

アタッカーキラーという異名も付けられているように、ハードマークに定評がある選手です。

身体能力の高さを活かした当たりの強さと、質の高いタックルが特徴ですね。

気持ちで守っているのも伝わるように、もう一歩という部分で足が出るプレーヤーです。

無理が効くタイプと言えるかもしれませんね。

水準以上のスピードとスタミナ

サイドバックでもプレーしているように、スピードとスタミナを兼ね備えた選手です。

特にスピードを感じさせるプレーが多く、ドリブルで縦に抜ける際にもスピードを活かしたドリブル突破が多いですね。

センターバックとしても足の速さというのは大切ですが…意外と足の速いCBというのは数少ないもの…。

プレーを見ていての印象は違いますが…スピードとスタミナを兼ね備え、CBと左SBを主戦場にするという辺りはマルディーニを思わせる部分もありますね。

リュカ・エルナンデスの凄さがわかるプレー動画をどうぞ。

https://youtu.be/KNSYFi6-o4o

スポンサーリンク

リュカ・エルナンデスのプロフィール

名前 リュカ・フランソワ・ベルナール・エルナンデス・パイ
国籍 フランス
生年月日 1996年2月14日
身長 183cm
体重 76kg
利き足
ポジション DF(センターバック、左サイドバック)

リュカ・エルナンデスの背番号【歴代】

クラブでの背番号

シーズン クラブ 背番号
14-15 アトレティコ・マドリード 28
15-16 19
16-17
17-18
18-19 21
19-20 バイエルン・ミュンヘン 21
20-21    

フランス代表での背番号

シーズン 大会名 背番号
2015 U-19欧州選手権 14
2017 U-21欧州選手権 19
2018 ロシア ワールドカップ 21
2019 ユーロ2020予選 21
スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

リュカ・エルナンデスのプレースタイルを紹介

プロフィール歴代背番号を紹介

一言で言うならばスピードに優れたCB。

左サイドバックとどちらを本職にしていくのか、気になるところです。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

サッカーのテレビ放送はどこに加入すれば良いのか悩みませんか? Jリーグや欧州の主要リーグなど、観たいゲームはたくさんあります。 地上...

スポンサーリンク