ファビアン・ルイスの凄さとは?プレースタイルやプロフィール、背番号を紹介

スペインの注目株であるファビアン・ルイス。

ベティスでの活躍からナポリへ移籍し、ナポリでの躍進でついにスペイン代表にも選出されました。

そんなファビアン・ルイスどんな選手なのでしょうか?

プレースタイルポジションなどを詳しく紹介していきますよ。

簡単なプロフィール背番号も紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ファビアン・ルイスの凄さ・プレースタイルは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ci siamo ai quarti di finale 💪💙 #coppaitalia

Fabian Ruiz(@fabianruiz52)がシェアした投稿 –

ファビアン・ルイスのプレースタイルの特徴は大きくこの3つです。

センスを感じさせるパススキル

精度の高いミドルシュート

リーチを活かしたボール奪取力の高さ

それぞれ細かく見ていきましょう!

センスを感じさせるパススキル

スペインの選手らしく足元の技術の高さが光ります。

中盤でゲームを作る選手ですので、長短のパスの使い分けが上手いですね。

しかし何よりも素晴らしいのは視野の広さ故か、「そこ見てたの?」というような決定的なスルーパスです!

後ろ向きからターン直後にスルーパスを送るシーンなどは、いつ見てたのか…というレベル。

視野が広く俯瞰で見えるのか、スペースを感じる能力が高いのでしょう。

そんなパスセンスの高さだけでなく、そこにピンポイントで送れるパス制度の高さも特徴ですね。

スポンサーリンク

精度の高いミドルシュート

ミドルシュートの精度の高さも魅力です。

特にペナルティエリアの右でもらい、ディフェンスを交わしながら中にカットインして打つシュートが多いですね。

ボックストゥボックス型の選手ではありますが、頻繁にゴール前までランニングしており味方からの決定的なパスを流し込むだけ…というシュートも多いです。

運動量の豊富さとシュートの意識の高さを持った選手ですね。

大柄ですがテクニックもあるので、推進力の高いドリブルも見ごたえがあります。

中盤から一気に持ち上がりミドルシュートや、決定的なパスを送ることも出来ますよ。

リーチを活かしたボール奪取力の高さ

現代的なセントラルハーフの選手らしく、攻守共にレベルの高い万能型でもあります。

どちらかと言うと攻撃が目立つ印象もありますが、守備力の高さも持ち味の1つですね。

189cmという恵まれた体格を活かし、リーチの長さを活かしたボール奪取が随所で観られます。

もちろん長身だけに空中戦の強さも魅力ですね。

奪ってからの攻撃への切り替えの速さも魅力です。

ファビアン・ルイスの凄さがわかるプレー動画をどうぞ。

Fabian Ruiz World Class! | Amazing Goals, Skills & Dribbling Skills 2019/2020
スポンサーリンク

ファビアン・ルイスのプロフィール

名前 ファビアン・ルイス・ペーニャ
国籍 スペイン
生年月日 1996年4月3日
身長 189cm
体重 70kg
利き足
ポジション MF(セントラルハーフ)

ファビアン・ルイスの背番号【歴代】

クラブでの背番号

シーズン クラブ 背番号
14-15 レアル・ベティス 52
15-16
16-17 レアル・ベティス 21
エルチェCF 16
17-18 レアル・ベティス 6
18-19 SSCナポリ 8
19-20
20-21    

スペイン代表での背番号

シーズン 大会名 背番号
2017~2019 U-21欧州選手権 16、8、5、6等
2019~2020 ユーロ2020予選 19、17
スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

ファビアン・ルイスのプレースタイルを紹介

プロフィール歴代背番号を紹介

一言で言うならば万能型ミッドフィールダー。

テクニックもありサイズもあり、更には守備が上手いということで非常に楽しみな選手です。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

サッカーのテレビ放送はどこに加入すれば良いのか悩みませんか? Jリーグや欧州の主要リーグなど、観たいゲームはたくさんあります。 地上...

スポンサーリンク