クリスティアーノロナウドの移籍先予想・噂を検証【2020夏】行先はパリ|マンUどこになる?

35歳になっても…イタリアに移籍してからも…切れ味が全く衰えないクリスティアーノ・ロナウド。

ユヴェントスでは上手くやっているように見えますが、どうもシーズン終了後に移籍の噂が出ています。

コロナウイルスの影響で財政的に厳しい…なんて話もありますし、結果は出しているものの…サッリ監督と上手くいっていない…なんて話もありますね。

噂レベルではあるものの、チラホラとオファーを出したのなんだのといった話も伝わってきています。

果たして新たな移籍先はどこになるのでしょうか?

現状や様々な噂などから、移籍先を予想していみたいと思います!

スポンサーリンク

クリスティアーノ・ロナウドの移籍先予想【2020夏】

クリスティアーノ・ロナウドの移籍の現状を簡単におさらい!

まずはクリスティアーノ・ロナウドの現状ですが、所属チームはイタリアのユヴェントス。

2018年7月10日にレアル・マドリードから4年契約での獲得となっています。

現在もその時の契約のまま…ですので、2022年6月30日までの契約となりますね。

残り2年ということになっています。

レアルからの移籍時にはイタリアサッカーに順応出来るのか…という心配もありましたが、全く杞憂に終わりましたね。

年齢的にも35歳となりましたがまだまだ衰えを感じさせず、欧州トップのレベルでの活躍を期待させてくれる状態。

ユヴェントスとしては手放すつもりはないハズなのですが…どうやらコロナウイルスによる経営難が影響しているという話も。

試合が出来ていないことで収益が減っているために、高サラリーである選手は良いオファーがあれば手放す…なんて話が出ていますね。

そこに昨年末頃に報じられたサッリ監督との不仲説も。

とは言っても…恐らく噂レベルでありユーヴェ残留となるかと思っています。

スポンサーリンク

クリスティアーノ・ロナウドの移籍先候補【パリ・サンジェルマン】

移籍の噂としては、まずはフランスのパリ・サンジェルマンへの移籍説。

金銭的にロナウドが獲得出来るクラブと言うと…かなり限られてきますが、確かにパリなら可能性はありそうです。

そこに今シーズンの攻撃陣の残留がかなり不明瞭な状態。

さすがに全員が移籍とは思えないですが、ネイマールにカバーニ、イカルディにエムバペと移籍の噂が絶えない状況ですね。

ネイマールエムバペが移籍となれば、それなりの金額が手に入ることになりますので…ロナウドクラスのビッグネーム獲得というのはあり得るかもしれません。

しかし…現状積極的に狙っていくという状況では無いと思われます。

クリスティアーノ・ロナウドの移籍先候補【マンチェスター・ユナイテッド】

続いてはイングランドのマンチェスター・ユナイテッドへの復帰説。

確かにまだ予算に余裕がありそうで…という意味ではあり得る選択肢。

ロナウドは今でもマンUのヒーロー的な存在でもありますので、ファン心理としては復帰は嬉しいところ。

商業的にもメリットは大きそうです。

ポジション的なことを考えると、最前線のCFでの起用になるでしょうか。

今シーズンは1トップが多かったユナイテッドですが、ここは補強したいところなハズ。

冬にイガロをレンタルで獲得しましたが、これは恐らく今シーズンを乗り切るため…かと。

ただクラブとしては若返りをテーマにしているところも見えますし、今さらロナウド獲得というのも疑問符が付くところ。

更にはコロナでどうなるかわからない今シーズンですが、このままだとチャンピオンズリーグ出場権を逃すことに。

そうなると…ロナウドは移籍しない確率が更に上がることになりそうです。

スポンサーリンク

クリスティアーノ・ロナウドの移籍先候補【レアル・マドリード】

続いてはスペインのレアル・マドリードへの復帰説。

最近またこんな話が聞かれる印象がありますが…果たしてどうでしょうね。

あまり可能性は高くないかと思っています。

ベイルに代わる計算出来るウィンガーが欲しいところではありますが…。

CFはベンゼマが良い活躍を見せていましたので、欲しいのはどちらかと言うと今後を見据えて若手となるでしょう。

出ていった時に比べて著しく市場価格が下がったわけでもないですし、レアルへの移籍説は飛ばし記事とみて良いような気がします。

クリスティアーノ・ロナウドの移籍金はいくら?

クリスティアーノ・ロナウドの移籍金ですが、6,000万ユーロ(約70億円)程度と見られています。

これはいわゆる市場価格ですね。

今のところユヴェントスが今夏の移籍金をいくらに設定…みたいな報道は出ていないかと。

ちなみにユーヴェへの移籍時には1億ユーロであり、これはセリエA史上最高額でしたね。

更に言うとレアルへ移籍した際も8,000万ポンドで、当時のサッカー界史上最高額と言われていました。

マンU加入時にも既に一流でしたので、20年近くに渡り世界トップクラスということで…本当に恐ろしい選手です。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

クリスティアーノ・ロナウドの移籍先を予想してみた

噂は出ているものの、ユーヴェ残留では?

財政的な問題で放出…という可能性は0ではないですが、移籍しない可能性が高い気がしますね。

ロナウドとしても出ていく理由は無いかと思われます。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

サッカーのテレビ放送はどこに加入すれば良いのか悩みませんか? Jリーグや欧州の主要リーグなど、観たいゲームはたくさんあります。 地上...

スポンサーリンク