メイソン・グリーンウッドはどんな選手?プレースタイルやプロフィール、背番号を紹介

マンチェスター・ユナイテッドの最高傑作とも言われているメイソン・グリーンウッド。

マンUでは2000年代生まれの選手の初ゴールとなったように、非常に若く将来有望な選手です。

そんなメイソン・グリーンウッドどんな選手なのでしょうか?

プレースタイルポジションなどを詳しく紹介していきますよ。

簡単なプロフィール背番号も紹介したいと思います。

スポンサーリンク

メイソン・グリーンウッドのプレースタイルは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

In the 🎩 for the next round! Happy to reach double figures for the season. 🔟

Mason Greenwood(@masongreenwood)がシェアした投稿 –

メイソン・グリーンウッドのプレースタイルの特徴は大きくこの3つです。

利き足不明とも言われる両足の精度

圧倒的な決定力

仕掛けのパターンの豊富さ

それぞれ細かく見ていきましょう!

利き足不明とも言われる両足の精度

一応利き足は…とのことですが、両足ともに同じように蹴ることが出来ます。

本人いわく、どちらかと言うと苦手なのが右とのことですが…本当に遜色ないレベルで蹴ることが出来るんですよね。

フリーキックやPKもその時々で蹴る足を変えており、利き足ではない右足の精度にも自信があることがわかります。

スポンサーリンク

圧倒的な決定力

この記事を書いている段階で、プレミアリーグ22試合出場で5ゴールを挙げています。

22試合と言っても途中出場も多く、プレー時間が645分ですので…実に約7試合分で5ゴールです。

ユース時代には28試合で30ゴールを記録しており、決定力の高さが持ち味と言えるでしょう。

プレーを見ていると、シュートを簡単そうに打つんですよね。

右のウィング時がわかりやすいですが、縦に仕掛けると見せかけて左に切り替えし、そのまま左足で流し込む…非常にコントロールの良さを感じさせるシュートを放ちます。

次で紹介する仕掛けのパターンの豊富さにも繋がりますが、リズムが独特なのかボールタッチで相手ディフェンダーを動かし、悠々と流し込むエレガントなプレースタイルです。

仕掛けのパターンの豊富さ

そして仕掛けのパターンの豊富さも大きな持ち味。

テクニックも高い水準のものを持っており、ボールを持ってからの仕掛けが上手いんです。

これは恐らく両足で同じように良いシュートが打てるためディフェンスが守りにくいのかと思われます。

右サイドですと縦に抜いて右足でクロスも挙げられますし、中に切り替えしてシュートも打てます。

相手のリズムを崩す素早いフェイントから、ディフェンスの逆を突くようなプレーが良いですね。

なんともエレガントなプレースタイルが、ロビン・ファン・ペルシーを思わせる存在です。

メイソン・グリーンウッドのプレーはこちらの動画をどうぞ。

Mason Greenwood 2020 ● Amazing Goals, Assists & Skills ● Manchester United | HD

スポンサーリンク

メイソン・グリーンウッドのプロフィール

名前 メイソン・グリーンウッド
国籍 イングランド
生年月日 2001年10月1日
身長 181cm
体重 -kg
利き足 左(両)
ポジション FW(センターフォワード、右ウィング)

メイソン・グリーンウッドの背番号【歴代】

クラブでの背番号

シーズン クラブ 背番号
19-20 マンチェスター・ユナイテッド 26
20-21    

イングランド代表での背番号

シーズン 大会名 背番号
2018 U-17欧州選手権 15
2020 U-21欧州選手権 9
スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

メイソン・グリーンウッドのプレースタイルを紹介

プロフィール歴代背番号を紹介

一言で言うならばロビン・ファン・ペルシの再来。

ファン・ペルシのような偉大なストライカーになりそうな逸材です。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

サッカーのテレビ放送はどこに加入すれば良いのか悩みませんか? Jリーグや欧州の主要リーグなど、観たいゲームはたくさんあります。 地上...

スポンサーリンク