ロマーリオの背番号を歴代で紹介!11以外も多数!バルセロナ|PSV|ブラジル代表

1980年代後半から1990年代を代表するストライカーであるロマーリオ。

バルセロナやPSVでの活躍は本当に素晴らしく、ブラジル代表でもエースストライカーとして活躍していましたね。

そんなロマーリオの背番号を歴代で紹介します。

11番のイメージが強い選手ではありますが、11以外の番号を付けてプレーしていたこともありますよ。

【所属クラブ】

1985-1988 ヴァスコ・ダ・ガマ
1988-1993 PSV 9
1993-1995 バルセロナ 10
1995-1996 フラメンゴ 11
1996-1998 バレンシア 11
1997 フラメンゴ(loan) 11
1998-1999 フラメンゴ 11
2000-2002 ヴァスコ・ダ・ガマ 11
2002-2004 フルミネンセ 11
2003 アル・サッド(loan) 11
2005-2006 ヴァスコ・ダ・ガマ 11
2006 マイアミ・ユナイテッドFC 11
2006 アデレード・ユナイテッド 11
2007 ヴァスコ・ダ・ガマ 11
2009 アメリカFC 11

【ブラジル代表】

1987 コパ・アメリカ 19
1989 コパ・アメリカ 11
1990 ワールドカップ 11
1994 ワールドカップ 11
1997 コパ・アメリカ 11
コンフェデレーションズカップ 11
スポンサーリンク

ロマーリオの背番号を歴代で紹介!【クラブ編】

ヴァスコ・ダ・ガマ【1985-1988】

1985-1988 ヴァスコ・ダ・ガマ

ロマーリオは13歳の時に母国ブラジルのオラリアというクラブのユースに所属。

15歳でヴァスコ・ダ・ガマに移籍し、1985年に19歳でトップチームデビューを果たします。

この頃は背番号も現在のように固定されておらず、出場11人に1~11までを割り当てる方式でした。

そのため、この時の背番号は今一つ不明となっています。

PSV【1988-1993】

1988-1993 PSV 9

1988-1989シーズンよりオランダのPSVに移籍。

オランダ国内だけでなく、欧州の舞台でも活躍し一気に頭角を現していった時期です。

PSVでは基本的に9番を付けてプレーしていましたが、記録には14番や16番も残っているようです。

PSV時代の貴重な映像をどうぞ。

Romário ►Samba Skills & Goals ● 1988-1993 ● PSV Eindhoven ᴴᴰ

バルセロナ【1993-1995】

1993-1995 バルセロナ 10

1993-1994シーズンよりスペインのバルセロナに移籍。

デビュー戦でハットトリックという鮮烈なデビューを飾り、33試合30ゴールという結果を残しています。

1994-1995シーズンは不調となり、シーズン途中での退団となりました。

この当時のリーガ・エスパニョーラも背番号固定制度を採用する前ですが、ロマーリオは基本的に10番を付けてプレーしています。

他にも9番という記録が残っているようです。

バルセロナ時代のプレー映像をどうぞ。

BARÇA GOALS | Romário de Souza (1993-1995)
スポンサーリンク

フラメンゴ【1995-1996】

1995-1996 フラメンゴ 11

1994-1995シーズンは不調でベンチが多くなったこともあり、シーズン中の1995年にブラジルのフラメンゴにレンタル移籍。

そしてそのまま完全移籍となっています。

クラブではフラメンゴで、ロマーリオの代名詞とも言える11番を付けることになりました。

そんなフラメンゴ時代の映像をどうぞ。

ROMARIO (Flamengo Goals)

バレンシア【1996-1998】

1996-1998 バレンシア 11

1996-1997シーズンの途中、1997年1月にスペイン復帰でバレンシアに移籍。

1997-1998シーズンまでの在籍となるものの、1997年には再びフラメンゴにレンタル移籍ということもあり…バレンシア時代は通算11試合の出場に留まっています。

バレンシア時代には背番号固定制度が採用され、11番となっています。

バレンシア時代の映像をどうぞ。

Romario ● Valência ● All 14 Goals

フラメンゴ【1997-1999】

1997 フラメンゴ(loan) 11
1998-1999 フラメンゴ 11

再びブラジルのフラメンゴに移籍。

1998年からは完全移籍となり、ブラジル復帰となりました。

フラメンゴでも背番号は11番です。

スポンサーリンク

ヴァスコ・ダ・ガマ【2000-2002】

2000-2002 ヴァスコ・ダ・ガマ 11

2000年には再びキャリアをスタートさせたヴァスコ・ダ・ガマへ復帰。

通算で46試合41ゴールという決定力の高さを見せつけています。

ヴァスコ・ダ・ガマでも背番号は11番。

ヴァスコ時代の映像をどうぞ。

ROMARIO – ESPETACULAR – GOLS PELO VASCO

フルミネンセ【2002-2004】

2002-2004 フルミネンセ 11

2002年にはブラジルの強豪フルミネンセに移籍。

ここでも背番号は11番となっています。

フルミネンセ時代の映像をどうぞ。

FluTV #ACERVO – Flu-Memória – Romário 50 anos

アル・サッド【2003】

2003 アル・サッド(loan) 11

2003年にはレンタル移籍で、カタールのアル・サッドに移籍。

ここでも背番号は11番を付けてプレーしています。

プレー映像では無いですが…アル・サッド時代の映像をどうぞ。

Romário títulos pelo Al Sadd
スポンサーリンク

ヴァスコ・ダ・ガマ【2005-2006】

2005-2006 ヴァスコ・ダ・ガマ 11

2004年でフルミネンセを解雇となりましたが、再びヴァスコ・ダ・ガマに復帰。

なんと2005年には得点王にも輝いています。

背番号は変わらず11番ですね。

マイアミ・ユナイテッドFC【2006】

2006 マイアミ・ユナイテッドFC 11

2005年末での引退を表明していたものの、2006年にはアメリカのマイアミ・ユナイテッドFCに移籍。

米国下位リーグではあるものの、19得点でリーグ得点王を獲得しています。

背番号はマイアミでも11番です。

そんなマイアミ時代の映像をどうぞ。

romario miami fc (jeje)

アデレード・ユナイテッド【2006】

2006 アデレード・ユナイテッドFC 11

そして同2006年にはオーストラリアのアデレード・ユナイテッドFCに、4試合限定のゲストプレーヤーとして移籍。

4試合で1ゴールを記録しています。

アデレード・ユナイテッドでも背番号は11番です。

アデレード時代の映像をどうぞ。

#AUFCArchives | 15/12/2006 | Romario on the scoresheet!

ヴァスコ・ダ・ガマ【2007】

2007 ヴァスコ・ダ・ガマ 11

2007年には再びヴァスコ・ダ・ガマに復帰。

6試合に出場し3得点という衰えの無さを見せつけています。

そしてキャリア通算1,000ゴールという偉業を達成していますね。

背番号は変わらず11番です。

アメリカFC【2009】

2009 アメリカFC 11

2008年で引退し引退試合も行いましたが…2009年11月にリオデジャネイロ州選手権2部のアメリカFCというクラブで現役復帰!

そして再び引退し、2010年10月より政治家に転身しています。

アメリカFCでも背番号はもちろん11番です。

スポンサーリンク

ロマーリオの背番号を歴代で紹介!【ブラジル代表編】

コパ・アメリカ【1987】

1987 コパ・アメリカ 19

ブラジル代表デビューは1987年5月23日の親善試合です。

すぐに定着し、この年のコパ・アメリカに出場。

ブラジル代表はグループステージ敗退となりましたが、途中出場で全2試合に出場しています。

この時の背番号は19番ですね。

コパ・アメリカ【1989】

1989 コパ・アメリカ 11

1989年のコパ・アメリカでは、レギュラーとして7試合中6試合に出場。

3ゴールを挙げブラジル代表の優勝に貢献しています。

ここから代名詞とも言える背番号11となります。

ワールドカップ【1990】

1990 ワールドカップ 11

1990年のイタリアワールドカップでは、カレカやミューレルにポジションを奪われる形となり…グループリーグ1試合の出場に留まります。

そしてブラジル代表もベスト16で姿を消すことに…。

この大会でも11番を付けています。

スポンサーリンク

ワールドカップ【1994】

1994 ワールドカップ 11

続く1991年と1993年のコパ・アメリカでは招集外に。

アルベルト・パレイラ監督との不仲もあり、1994年ワールドカップの出場も怪しい状態でした。

更には当時のブラジル代表は分裂状態であり、初のワールドカップ予選敗退も見えるところに…。

そんな中、南アメリカ予選の最終試合であるウルグアイ戦よりロマーリオは代表に復帰。

2ゴールを挙げる活躍で本戦行きの切符をつかんでいます。

本大会でも5得点を挙げ、ブラジルの優勝に貢献。

大会MVPと、この年のFIFA最優秀選手に選ばれています。

背番号はもちろん11番でした。

コパ・アメリカ【1997】

1997 コパ・アメリカ 11

1995年のコパ・アメリカは招集外だったものの、1997年のコパ・アメリカで復帰。

全6試合中、5試合に出場しブラジル代表の優勝に貢献しています。

背番号はもちろん11番でした。

コンフェデレーションズカップ【1997】

1997 コンフェデレーションズカップ 11

同年のコンフェデレーションズカップにも招集。

全5試合中4試合に出場し、7得点を挙げる活躍で優勝に貢献しています。

背番号はもちろん11番でした。

1998年以降

1998年のフランスワールドカップは…故障により招集外。

2002年の日韓ワールドカップは、南米予選で5試合に招集され8得点。

更には3試合でキャプテンを務めるものの…ルイス・フェリペ・スコラーリ監督の構想から外れ…本大会のメンバーには選出されませんでした。

日韓ワールドカップではブラジル代表が優勝するわけで…スコラーリ監督の判断が正しかったのかもしれませんが、記者会見でのロマーリオの涙を忘れることは出来ません…。

ちなみにこの大会で11番を付けたのはロナウジーニョでした。

その後は招集が無く、2004年に代表引退を表明。

引退試合を行うも、アルベルト・パレイラ監督がロマーリオのキャリアに敬意を払い2005年の親善試合に招集。

この試合でゴールを挙げ、代表から退いています。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

ロマーリオの背番号をクラブと代表でそれぞれ紹介

ほぼ11番ですが、9番や10番を付けたことも

今改めて映像を見ても、とんでもないストライカーですね。

そんなロマーリオも今では政治家として活躍中です。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

サッカーのテレビ放送はどこに加入すれば良いのか悩みませんか? Jリーグや欧州の主要リーグなど、観たいゲームはたくさんあります。 地上...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする