アーロン・ワン・ビサカの凄さとは?プレースタイルやプロフィール、背番号を紹介

鉄人というのが似合うでしょうか、アーロン・ワン・ビサカ。

ユナイテッド移籍で一気に有名になった印象があります。

そんなアーロン・ワン・ビサカどんな選手なのでしょうか?

プレースタイルポジションなどを詳しく紹介していきますよ。

簡単なプロフィール背番号も紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アーロン・ワン・ビサカの凄さ・プレースタイルは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Can’t wait to get started 🔴🕸 #MUFC #AWB #ATEAM

Aaron Wan-Bissaka(@a_bissaka)がシェアした投稿 –

アーロン・ワン・ビサカのプレースタイルの特徴は大きくこの3つです。

鉄壁の守備力

スピード溢れるオーバーラップ

攻守の切り替えの速さと守備意識の高さ

それぞれ細かく見ていきましょう!

鉄壁の守備力

まずは何と言ってもここ、圧倒的な守備力が最大の持ち味と言えそうです。

スピードもフィジカルもあるのですが、それ以上に注目したいのがタックルの精度。

足の長さ、リーチの長さを活かした深いタックルが印象的な選手です。

1試合でのタックルの数が多いのが特徴ですが、比較的どれもクリーンなタックルが多いのも良いですね。

ボールのみを狩り出すようなタックルが特徴的で、あまりダーティなタックルはしないです。

そして右足でも左足でもタックルに行けるのもポイント。

当たり前のように思うかもしれないですが、意外とトップクラスの選手でも出来ない選手がいます。

プレー中に「それは逆足で滑る方が良いだろ」と思うシーンがある選手は多いですよ。

圧倒的な守備力の中でも、素晴らしいスライディングタックルが特徴の選手です。

スポンサーリンク

スピード溢れるオーバーラップ

サイドバックにはオーバーラップも重要なポイント。

スピードのある縦への突破が持ち味です。

スペースがある時はスピードを活かした、推進力のある突破を見せてくれますね。

そして元々はウィンガーだったそうで、それを感じさせるのが深い位置でボールを受けた時。

フェイントや足技を駆使して仕掛けるシーンは確かにサイドバックというよりも、ウィングっぽさを感じます。

足元の技術が高いので、スピードだけではない突破力が持ち味ですね。

攻守の切り替えの速さと守備意識の高さ

そして攻守の切り替えの速さも持ち味です。

自身がボールを失った際にすぐにファーストディフェンダーとなることはもちろん、チームがボールを失った際にも守備位置への帰還が早い選手。

守備意識の高さを感じさせますね。

それと同時にプレーの流れを読む能力も高いのでしょう。

先ほど紹介したように元々はウィングの選手だったようですが、この攻守の切り替えの速さと言いタックルの上手さと言い、サイドバック向きの選手ですね。

攻撃力もまずまずのものがありますので、課題はクロスの精度だけでしょう。

アーロン・ワン・ビサカの凄さがわかるプレー動画をどうぞ。

Aaron Wan-Bissaka 2020 – Defensive Skills Show – HD
スポンサーリンク

アーロン・ワン・ビサカのプロフィール

名前 アーロン・ワン・ビサカ
国籍 イングランド
生年月日 1997年11月26日
身長 183cm
体重 -kg
利き足
ポジション DF(右サイドバック)

アーロン・ワン・ビサカの背番号【歴代】

クラブでの背番号

シーズン クラブ 背番号
16-17 クリスタル・パレス 46
17-18 46,29
18-19 29
19-20 マンチェスター・ユナイテッド 29
20-21    

イングランド代表での背番号

シーズン 大会名 背番号
2019 U-21欧州選手権 2
スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

アーロン・ワン・ビサカのプレースタイルを紹介

プロフィール歴代背番号を紹介

一言で言うならば鉄壁の守備力。

高い守備力を持ちつつも、攻撃面でも高い水準となっています。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

サッカーのテレビ放送はどこに加入すれば良いのか悩みませんか? Jリーグや欧州の主要リーグなど、観たいゲームはたくさんあります。 地上...

スポンサーリンク