ダビド・デ・ヘアの背番号を歴代で紹介!アトレティコ|マンU|イングランド代表

スペイン屈指のGKである、ダビド・デ・ヘア。

スペインと言えば長らくカシージャスが君臨しましたが、デ・ヘアが出てきて次の世代も安泰だと思ったものです。

そんなデ・ヘアの背番号を歴代で紹介します。

やはり1番の印象が強いですが、他の番号はあるのでしょうか?

【所属クラブ】

2009-2011 アトレティコ・マドリード 13
2011- マンチェスター・ユナイテッド 1

【スペイン代表】

2007 U-17欧州選手権 13
U-17ワールドカップ 13
2009 U-19欧州選手権
2011 U-21欧州選手権 13
2013 U-21欧州選手権 1
2014 ワールドカップ 12
2016 ユーロ 13
2018 ワールドカップ 1
2018-2019 UEFAネーションズリーグ 1
スポンサーリンク

ダビド・デ・ヘアの背番号を歴代で紹介!【クラブ編】

アトレティコ・マドリード【2009-2011】

2009-2011 アトレティコ・マドリード 13

デ・ヘアはアトレティコ・マドリードの下部組織出身で、2007年にプロ契約(当時アトレティコ・マドリードB所属)となりました。

そして2009年にトップチームデビューとなっています。

これは正GKであったセルヒオ・アセンホがU-20ワールドカップ招集のため離脱したため。

更には第2GKのロベルト・ヒメネスの怪我もあり、急遽出番が廻ってくるというラッキーもありました。

しかしここでそのチャンスをつかみ、U-20ワールドカップから戻ったセルヒオ・アセンホも不調が続いたためにレギュラーの座を確保していますね。

そして絶対的な守護神に成長し、2010-2011シーズンはリーグ戦フル出場。

一気に世界的なゴールキーパーに成長しています。

アトレティコでは2シーズンを通して13番を付けていました。

LaLiga Memory: De Gea Best Saves

マンチェスター・ユナイテッド【2011-】

2011- マンチェスター・ユナイテッド 1

2011-2012シーズン前にマンチェスター・ユナイテッドに加入。

ユナイテッドとしては、昨シーズン限りでの引退を表明していたファン・デル・サールの後継者探しという状況でしたね。

移籍後から背番号は1番となり、まさに正ゴールキーパーとして迎え入れられた形でした。

2015-2016シーズン前にはレアル・マドリードへの移籍合意と発表されたものの、書類が移籍期限内に提出できないというまさかのハプニングで破談に。

その後も移籍の噂はあるものの、現在までユナイテッドでプレーしています。

David De Gea's Top 10 Premier League Saves | Dave Saves | Manchester United
スポンサーリンク

ダビド・デ・ヘアの背番号を歴代で紹介!【スペイン代表編】

ワールドカップ【2014】

2014 ワールドカップ 12

スペイン代表に選出されたのは2012年5月の親善試合セルビア戦ですね。

出番は無かったものの、これが初招集となりました。

その後はU-21チームを主戦場としながら時折招集されており、2014年6月の親善試合エルサルバドル戦が初出場となっています。

そして2014年のブラジルワールドカップでは、カシージャス、レイナに次ぐ第3GKとしてメンバー入り。

試合への出場はありませんでした。

そしてチームとしてもまさかのグループリーグ敗退でしたね。

この大会では12番を付けており、カシージャスが1番、レイナが23番となっています。

AUSTRALIA v SPAIN (0:3) – 2014 FIFA World Cup™

ユーロ【2016】

2016 ユーロ 13

続くユーロ2016では4試合全てにフル出場を果たしています。

カシージャスも招集されていたため、世代交代の象徴となった大会と言えるでしょうか。

背番号は13番を付けており、1番はカシージャスが付けていましたね。

第3GKはセルヒオ・リコで23番でした。

チームは決勝トーナメント1回戦でイタリアに敗れ、ベスト16に終わっています。

David De Gea vs Italy – Euro 2016 (27.06.2016) HD 720p
スポンサーリンク

ワールドカップ【2018】

2018 ワールドカップ 1

続く2018年のロシアワールドカップも、守護神として全4試合にフル出場。

ユーロ同様にチームとしては決勝トーナメント1回戦で敗退となっています。

この大会よりカシージャスが招集外となったこともあり、背番号が1番となっています。

ちなみに他のGKはと言うと、ケパが13番、レイナが23番です。

この大会ではチームと共にデ・ヘアも不調に終わった印象がありますね。

特にクリスティアーノ・ロナウドのシュートを後ろにそらして失点したシーンは…多くの批判を呼ぶこととなりました。

David De Gea vs Portugal (18/6/2018) FIFA World Cup

UEFAネーションズリーグ【2018-2019】

2018-2019 UEFAネーションズリーグ 1

初の開催となった2018-2019のUEFAネーションズリーグ。

リーグという形式のためか、試合ごとにメンバーを選出するため背番号も大会中に変更される場合も。

しかしデ・ヘアは4試合で1番を付けてプレーしています。

スペイン代表としてはリーグAのグループ4に所属し、グループ2位という成績で終えています。

England 1-2 Spain | Last-minute Equaliser Controversially Ruled Out | Official Highlights
スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

デ・ヘアの背番号をクラブと代表でそれぞれ紹介

ほぼ1番

代表では低調なパフォーマンスもありましたが、2019年2月にはプレミア通算100試合のクリーンシートを達成。

代表でも素晴らしいパフォーマンスを取り戻してほしいところです。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

サッカーのテレビ放送はどこに加入すれば良いのか悩みませんか? Jリーグや欧州の主要リーグなど、観たいゲームはたくさんあります。 地上...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする