サッカー日本代表の登録選手・メンバー2019!FIFAランキングや監督、背番号情報!

サッカー日本代表の登録選手・メンバー2019!FIFAランキングや監督、背番号情報!

我らがサッカー日本代表です。

ワールドカップやアジアカップ、更には親善試合と代表戦はたくさんありますよね。

最新のメンバーやFIFAランク、監督情報をこの記事で更新していきたいと思います。

今回はそんな日本代表の最新メンバー監督、スタメン・フォーメーションなどを見ていきましょう。

強さの目安であるFIFAランキングも紹介しますよ!

スポンサーリンク

【2019】サッカー日本代表のメンバー

紹介するメンバーは最近の大会で活躍していたメンバーとなります。

親善試合などの情報は反映しきれないのでご注意下さい。

どの大会でのメンバーかは、下記を確認して下さい。

【6/12更新】コパ・アメリカ2019の登録メンバー

GK

川島永嗣 (かわしま えいじ)

背番号:1

生年月日:1983年3月20日

所属クラブ:RCストラスブール(フランス)

小島亨介(こじま りょうすけ)

背番号:12

生年月日:1997年1月30日

所属クラブ:大分トリニータ

大迫敬介 (おおさこ けいすけ)

背番号:23

生年月日:1999年7月28日

所属クラブ:サンフレッチェ広島

スポンサーリンク

DF

杉岡大暉 (すぎおか だいき)

背番号:2

生年月日:1998年9月8日

所属クラブ:湘南ベルマーレ

板倉滉 (いたくら こう)

背番号:4

生年月日:1997年1月27日

所属クラブ:FCフローニンゲン(オランダ)

植田直通 (うえだ なおみち)

背番号:5

生年月日:1994年10月24日

所属クラブ:セルクル・ブルージュKSV(ベルギー)

原輝綺 (はら てるき)

背番号:14

生年月日:1998年7月30日

所属クラブ:サガン鳥栖

菅大輝 (すが だいき)

背番号:15

生年月日:1998年9月10日

所属クラブ:北海道コンサドーレ札幌

冨安健洋 (とみやす たけひろ)

背番号:16

生年月日:1998年11月5日

所属クラブ:シントトロイデンVV(ベルギー)

岩田智輝 (いわた ともき)

背番号:19

生年月日:1997年4月7日

所属クラブ:大分トリニータ

立田悠悟 (たつた ゆうご)

背番号:22

生年月日:1998年6月21日

所属クラブ:清水エスパルス

スポンサーリンク

MF

中山雄太 (なかやま ゆうた)

背番号:3

生年月日:1997年2月16日

所属クラブ:PECズヴォレ(オランダ)

渡辺皓太 (わたなべ こうた)

背番号:6

生年月日:1998年10月18日

所属クラブ:東京ヴェルディ

柴崎岳 (しばさき がく)

背番号:7

生年月日:1992年5月28日

所属クラブ:ヘタフェCF(スペイン)

伊藤達哉 (いとう たつや)

背番号:8

生年月日:1997年6月26日

所属クラブ:ハンブルガーSV(ドイツ)

中島翔哉 (なかじま しょうや)

背番号:10

生年月日:1994年8月23日

所属クラブ:アル・ドゥハイル(カタール)

三好康児 (みよし こうじ)

背番号:11

生年月日:1997年3月26日

所属クラブ:横浜F・マリノス

松本泰志 (まつもと たいし)

背番号:17

生年月日:1998年8月22日

所属クラブ:サンフレッチェ広島

安部裕葵 (あべ ひろき)

背番号:20

生年月日:1999年1月28日

所属クラブ:鹿島アントラーズ

久保建英 (くぼ たけふさ)

背番号:21

生年月日:2001年6月4日

所属クラブ:FC東京

スポンサーリンク

FW

前田大然 (まえだ だいぜん)

背番号:9

生年月日:1997年10月20日

所属クラブ:松本山雅

上田綺世 (うえだ あやせ)

背番号:13

生年月日:1998年8月28日

所属クラブ:法政大

岡崎慎司 (おかざき しんじ)

背番号:18

生年月日:1986年4月16日

所属クラブ:レスター・シティ(イングランド)

監督

森保一 (もりやす はじめ)

生年月日:1968年8月23日

国籍:日本

就任:2018年

スポンサーリンク

日本代表のスタメン・フォーメーション!

【6/12更新】コパ・アメリカの予想フォーメーション

日本代表の注目選手!

日本代表で特に注目の選手を2人紹介します!

中島翔哉

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【📸MATCH PHOTOS⑥】後半28分、南野選手ー堂安選手ー中島選手と素早くパスをつなぎ、最後は#中島翔哉 選手がゴーール! ・ キリンチャレンジカップ2018 SAMURAI BLUE🇯🇵4-0🇰🇬キルギス ⚽2分 #山中亮輔 ⚽19分 #原口元気 ⚽72分 #大迫勇也 ⚽73分 #中島翔哉 📅2018/11/20(火)19:20キックオフ 📍愛知/豊田スタジアム ・ <今後のSAMURAI BLUEスケジュール> 🔻2019年1月9日(水) |AFC アジアカップ UAE 2019 |vs🇹🇲トルクメニスタン | 🔻2019年1月13日(日) |AFC アジアカップ UAE 2019 |vs🇴🇲オマーン | 🔻2019年1月17日(木) |AFC アジアカップ UAE 2019 |vs🇺🇿ウズベキスタン | #jfa #daihyo #SAMURAIBLUE #東口順昭 #権田修一 #シュミットダニエル #槙野智章 #吉田麻也 #佐々木翔 #酒井宏樹 #山中亮輔 #室屋成 #三浦弦太 #冨安健洋 #守田英正 #原口元気 #柴崎岳 #遠藤航 #伊東純也 #中島翔哉 #南野拓実 #三竿健斗 #堂安律 #大迫勇也 #杉本健勇 #北川航也

日本サッカー協会(JFA)さん(@japanfootballassociation)がシェアした投稿 –

今大会で10番を背負い、今後長く日本代表の10番を背負うことになるであろう選手。

テクニックが非常に高く、その中でもドリブル突破力に優れた選手ですね。

特別スピードがあるわけではないのですが…独特のリズムでひらひらと交わしていくのが特徴です。

そして左サイドを縦に突破し、それまでの繊細なタッチから急にスピードアップして中に切り込むカットインが最大の武器。

左サイドから中にカットインし、そこから決定的なパスやシュートが打てる選手ですね。

日本人には…とひとくくりにするのもアレですが…珍しく、非常に攻撃的と言いますか、ボールを持ったらまず前へという意識の強い選手です。

多少強引に仕掛け、「今のは〇〇がフリーだったのに、なんでパスしない」なんてシーンもありますが…このくらい勝負を仕掛けられる選手は貴重です。

スポンサーリンク

柴崎岳

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【📸MATCH PHOTOS】前半は1-0でリードし、後半へ。 ・ キリンチャレンジカップ2018 SAMURAI BLUE🇯🇵1-1 🇻🇪ベネズエラ ⚽39分 #酒井宏樹 📅11月16日(金)19:30キックオフ 📍大分/大分スポーツ公園総合競技場 ・ <今後のSAMURAI BLUEスケジュール> 🔻11月20日(火)19:20キックオフ(予定) |愛知/豊田スタジアム |キリンチャレンジカップ2018 |vs🇰🇬キルギス | 🔻2019年1月9日(水) |AFC アジアカップ UAE 2019 |vs🇹🇲トルクメニスタン | 🔻2019年1月13日(日) |AFC アジアカップ UAE 2019 |vs🇴🇲オマーン | 🔻2019年1月17日(木) |AFC アジアカップ UAE 2019 |vs🇺🇿ウズベキスタン | #jfa #daihyo #SAMURAIBLUE #東口順昭 #権田修一 #シュミットダニエル #槙野智章 #吉田麻也 #佐々木翔 #酒井宏樹 #山中亮輔 #室屋成 #三浦弦太 #冨安健洋 #守田英正 #原口元気 #柴崎岳 #遠藤航 #伊東純也 #中島翔哉 #南野拓実 #三竿健斗 #堂安律 #大迫勇也 #杉本健勇 #北川航也

日本サッカー協会(JFA)さん(@japanfootballassociation)がシェアした投稿 –

日本代表の攻撃を司る司令塔。

世間の関心は久保建英選手であろうと思い、ここで取り上げるは久保選手かもしれませんが…日本代表に無くてはならない存在が柴崎岳選手です。

ある意味、彼の出来次第で代表の中盤は決まる…ひいては試合の行方が決まると言っても過言ではないキーマンです。

視野の広さゲームを読む能力に優れており、細かいパスの繰り返しから決定的なパスを供給するゲームメーカーです。

基本的な技術が高いので、シュートもパスもドリブルも…全てが高い能力を持っています。

ボランチとして簡単にボールを失わずしっかりとリズムを作ってくれるので、ボールを奪ったらまず柴崎岳選手に預ける…というスタイルになりますね。

トップ下に置いても面白いと思いますが…今の日本代表のシステムだとボランチが適所でしょう。

スポンサーリンク

日本代表の基本情報!

日本は東アジアに所属し、アジア全体を見ても強豪国の1つと言っていいでしょう。

世界の強豪とはまだまだ言い難いですが、2018年のロシアワールドカップでは「もしや」という夢を見させてくれました。

ワールドカップへは1954年と1962年に参加し、1970年からは毎大会参加しています。

最高成績はベスト16となっており、現在までに3回記録していますね。

AFCアジアカップへは1968年と1976年に参加し、1988年より毎大会参加しています。

優勝4回等、非常に好成績を残しています。

主要成績

ワールドカップ:ベスト16(2002年、2010年、2018年)

AFCアジアカップ:優勝(1992年、2000年、2004年、2011年)

         準優勝(2019年)

         4位(2007年)

         ベスト8(1996年、2015年)

FIFAランキング

26位 (2019年4月4日発表)

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

日本代表のメンバー、監督を本文内で紹介

主要成績やFIFAランクを本文内で紹介

キリンチャレンジ2019も終わり、次はコパ・アメリカ2019に招待国として参加となります。

この大会は選手の拘束力がないため、東京オリンピック世代が中心の招集となりましたね。

現代表の主力メンバーも数名無事に呼ぶことが出来ましたが、やはり急造チームというのは否めない部分。

結果を求める大会にはならないでしょうから、今後に繋がる経験を積んできてほしいですね。

コパ・アメリカ2019に関しては別記事が詳しいです。

南米サッカー連盟が開催する、南米大陸の10か国+招待国で行われるコパ・アメリカ。 2019年のブラジル大会は、我らが日本代表も招待されてい...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする