日本代表のメンバー2019!FIFAランキングや監督、背番号情報!

日本代表のメンバー2019!FIFAランキングや監督、背番号情報!

我らがサッカー日本代表です。

ワールドカップやアジアカップ、更には親善試合と代表戦はたくさんありますよね。

最新のメンバーやFIFAランク、監督情報をこの記事で更新していきたいと思います。

今回はそんな日本代表の最新メンバー監督などを紹介していきたいと思います。

強さの目安であるFIFAランキングも紹介しますよ!

スポンサーリンク

【2019】日本代表のメンバー

紹介するメンバーは最近の大会で活躍していたメンバーとなります。

親善試合などの情報は反映しきれないのでご注意下さい。

どの大会でのメンバーかは、下記を確認して下さい。

【1/20更新】アジアカップの登録メンバー

GK

東口順昭 (ひがしぐち まさあき)

背番号:1

生年月日:1986年5月12日

所属クラブ:ガンバ大阪

権田修一 (ごんだ しゅういち)

背番号:12

生年月日:1989年3月3日

所属クラブ:サガン鳥栖

シュミット・ダニエル (しゅみっと だにえる)

背番号:23

生年月日:1992年2月3日

所属クラブ:ベガルタ仙台

スポンサーリンク

DF

三浦弦太 (みうら げんた)

背番号:2

生年月日:1995年3月1日

所属クラブ:ガンバ大阪

室屋成 (むろや せい)

背番号:3

生年月日:1994年4月5日

所属クラブ:FC東京

佐々木翔 (ささき しょう)

背番号:4

生年月日:1989年10月2日

所属クラブ:サンフレッチェ広島

長友佑都 (ながとも ゆうと)

背番号:5

生年月日:1986年9月12日

所属クラブ:ガラタサライ(トルコ)

遠藤航 (えんどう わたる)

背番号:6

生年月日:1993年2月9日

所属クラブ:シントトロイデンVV(ベルギー)

冨安健洋 (とみやす たけひろ)

背番号:16

生年月日:1998年11月5日

所属クラブ:シントトロイデンVV(ベルギー)

塩谷司 (しおたに つかさ)

背番号:18

生年月日:1988年12月5日

所属クラブ:アル・アインFC(UAE)

酒井宏樹 (さかい ひろき)

背番号:19

生年月日:1990年4月12日

所属クラブ:マルセイユ(フランス)

槙野智章 (まきの ともあき)

背番号:20

生年月日:1987年5月11日

所属クラブ:浦和レッズ

吉田麻也 (よしだ まや)

背番号:22

生年月日:1988年8月24日

所属クラブ:サウサンプトン(イングランド)

スポンサーリンク

MF

柴咲岳 (しばさき がく)

背番号:7

生年月日:1992年5月28日

所属クラブ:ヘタフェ(スペイン)

原口元気 (はらぐち げんき)

背番号:8

生年月日:1991年5月9日

所属クラブ:ハノーファー96(ドイツ)

乾貴士 (いぬい たかし)

背番号:10

生年月日:1988年6月2日

所属クラブ:レアル・ベティス(スペイン)

青山敏弘 (あおやま としひろ)

背番号:17

生年月日:1986年2月22日

所属クラブ:サンフレッチェ広島

堂安律 (どうあん りつ)

背番号:21

生年月日:1998年6月16日

所属クラブ:フローニンゲン(オランダ)

スポンサーリンク

FW

南野拓実 (みなみの たくみ)

背番号:9

生年月日:1995年1月16日

所属クラブ:レッドブル・ザルツブルク(オーストリア)

北川航也 (きたがわ こうや)

背番号:11

生年月日:1996年7月26日

所属クラブ:清水エスパルス

武藤嘉紀 (むとう よしのり)

背番号:13

生年月日:1992年7月15日

所属クラブ:ニューカッスル・ユナイテッド(イングランド)

伊東純也 (いとう じゅんや)

背番号:14

生年月日:1993年3月9日

所属クラブ:柏レイソル

大迫勇也 (おおさこ ゆうや)

背番号:15

生年月日:1990年5月18日

所属クラブ:ベルダー・ブレーメン(ドイツ)

監督

森保一 (もりやす はじめ)

生年月日:1968年8月23日

国籍:日本

就任:2018年

スポンサーリンク

日本代表の基本情報!

日本は東アジアに所属し、アジア全体を見ても強豪国の1つと言っていいでしょう。

世界の強豪とはまだまだ言い難いですが、2018年のロシアワールドカップでは「もしや」という夢を見させてくれました。

ワールドカップへは1954年と1962年に参加し、1970年からは毎大会参加しています。

最高成績はベスト16となっており、現在までに3回記録していますね。

AFCアジアカップへは1968年と1976年に参加し、1988年より毎大会参加しています。

優勝4回等、非常に好成績を残しています。

主要成績

ワールドカップ:ベスト16(2002年、2010年、2018年)

AFCアジアカップ:優勝(1992年、2000年、2004年、2011年)

         4位(2007年)

         ベスト8(1996年、2015年)

FIFAランキング

50位 (2018年12月20日発表)

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

日本代表のメンバー、監督を本文内で紹介

主要成績やFIFAランクを本文内で紹介

現在はアジアカップを戦っていますね。

十分に優勝が狙えるだけに、是非とも良い結果を期待したいところです。

アジアカップに関しては別記事が詳しいです。

4年に1度の祭典であるアジアカップ! 森保ジャパンとなり、親善試合の内容を見るといやが上でも期待がかかるというもの。 今回は開催国が...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする