レアルマドリードの10番を歴代で紹介!現在の10番…次期候補は誰になるのか?

レアルマドリードの10番を歴代で紹介!現在の10番…次期候補は誰になるのか?

スペインの強豪、レアル・マドリード。

銀河系軍団と呼ばれた時期もあり、日本でも非常に人気の高いクラブですよね。

そんなレアル・マドリードの10番を背負った選手は誰がいるのか気になるところ。

古くはミカエル・ラウドルップにフィーゴ…最近ですとエジルやハメス・ロドリゲスなどが有名ですよね。

歴代で振り返ってみたいと思いますよ。

その中でも特に気になる選手をピックアップして紹介します。

更には現在の10番と、次の10番は誰になるのか…その辺りも見ていきましょう。

スポンサーリンク

レアル・マドリードの背番号10を歴代で紹介!

シーズン 名前 生年月日 国籍
1995-96 ミカエル・ラウドルップ 1964.06.15 デンマーク
1996-97 クラレンス・セードルフ 1976.04.01 オランダ
1997-98
1998-99
1999-00
2000-01 ルイス・フィーゴ 1972.11.04 ポルトガル
2001-02
2002-03
2003-04
2004-05
2005-06 ロビーニョ 1984.01.25 ブラジル
2006-07
2007-08
2008-09 ヴェスレイ・スナイデル 1984.06.09 オランダ
2009-10 ラッサナ・ディアッラ 1985.03.10 フランス
2010-11
2011-12 メスト・エジル 1988.10.15 ドイツ
2012-13
2013-14      
2014-15 ハメス・ロドリゲス 1991.07.12 コロンビア
2015-16
2016-17
2017-18 ルカ・モドリッチ 1985.09.09 クロアチア
2018-19
2019-20

イングランドのプレミアリーグでは、背番号固定制になったのは確か1996-97シーズン辺りだったかと。

それ以前はスタメン選手に1~11の数字を割り当てていた形でした。

チャンピオンズリーグでは背番号が違う…なんてことも90年代中頃まではありましたね。

この頃の10番と言えば、ラウドルップ兄弟の兄であるミカエル・ラウドルップでしょう。

この後は表の通りですね。

結構移り変わりがありますし、良い選手ばかりなので悩ましいのですが…独断と偏見で3選手ピックアップです。

スポンサーリンク

ミカエル・ラウドルップ

デンマークの伝説的な選手。

弟のブライアン・ラウドルップと共に、ラウドルップ兄弟として有名ですね。

1996-97シーズンはヴィッセル神戸でもプレーしただけに、馴染みのある選手かもしれません。

元々は快足を活かしたウインガーだったようですが、バルセロナ時代辺りからチャンスメイカーに転身。

年齢を重ねたこともあるかもしれませんね。

テクニックに優れ、ドリブルも非常に上手い選手。

ですが、キャリアの後半はパサーとして抜群のセンスを誇っていました。

レアル・マドリードへは1994年夏にバルセロナから禁断の移籍。

1996年までの2シーズンプレーしています。

Michael Laudrup -All Goals-Real Madrid C.F 1994 -1995-1996

ルイス・フィーゴ

レアル・マドリードと言えばこの人、という方も多いのでは?

バルセロナから禁断の移籍であり、バルサでも大活躍だっただけにこっちのイメージが強い方もいるかもですが…。

世界最高のウインガーとして有名で、低めの姿勢から独特のリズムでディフェンダーを交わすドリブルが持ち味。

スピードがそれほどあるわけでもないのに…なぜか止められないという、完全にボール奪取のタイミングを外されるドリブルが特徴ですね。

キックの精度も非常に高く、サイドアタッカーとして最も貴重なピンポイントクロスを送れる選手。

シュートも上手かったので、中に切り込んでファーサイドへ巻いて落とすミドルシュートも武器でしたね。

2000年の加入から2005年の退団までの、5シーズンに渡り背番号10を付け続けています。

Luis Figo – The 1st Galáctico ● Incredible Skills Real Madrid
スポンサーリンク

ハメス・ロドリゲス

日本では2014年のワールドカップでの活躍で一躍有名になった選手でしょうか?

左足の精度が非常に高いですが、左右どちらも同じように蹴れるのが特徴ですね。

攻撃面の能力は非常に高く、万能なタイプ。

ウイングとしてFWでもプレー出来ますし、センターハーフやトップ下でMFとしてもプレー出来るユーティリティ性の高さも持ち味ですね。

パスが最大の持ち味だとは思いますが、得点能力の高さも魅力です。

レアル・マドリードへは2014年のワールドカップ後に加入。

2017年までの3シーズンで10番を付けていますが、出場機会が減ったこともあり…2017年7月にバイエルン・ミュンヘンへレンタルで移籍しています。

レンタル期間終了となり2018-19シーズン終了と共にレアル・マドリードに戻りましたが…改めてどこかに移籍するものと予想されていますね。

James Rodriguez Goals ● Skills ● Passes ● 2014 2017 Real Madrid

現在の背番号10はルカ・モドリッチ

2019-20シーズン現在、背番号10を背負っているのはルカ・モドリッチ。

2012年6月にトッテナム・ホットスパーから加入しています。

エジルやハメスが10番を付けていたこともあり、加入から長らく19番を使っていました。

2017-18シーズンより10番に変更していますね。

高いテクニックと精度の高い両足が武器の選手です。

若いころはトップ下として攻撃のタクトを振っていましたが、近年は1列下げてボランチとしての役割が多くなっている印象。

長短のパスを織り交ぜてゲームをコントロールするほか、1本の縦パスから攻撃のスイッチを入れる役割を担っています。

Luka Modric 13 Goals ● Real Madrid | 2012-2018
スポンサーリンク

レアル・マドリードの次の10番は誰になる?

レアル・マドリードの時期10番ですが…数年で変わる可能性が高そうです。

現在の10番であるルカ・モドリッチとの契約は、2020年夏まで。

退団の噂も出ていましたが、2019年8月現在は残留中。

まだ移籍市場は閉まってないので…どうなるかはわかりませんが…。

しかし一方で1年の契約延長で合意…なんて噂も出ていますね。

となると契約は2021年夏までとなります。

2020年の契約満了時点で34歳のモドリッチですので、仮に1年の延長となれば35歳。

引退も視野に入ってきているでしょう。

果たしてレアルで引退となるのか…他に移籍となるのか…。

根拠は全くありませんが…1年の延長で2021年まで。

そこで満了となり、新たな10番へと引き継がれるのではないかと予想していますよ。

時期10番は誰になるでしょうかね?

移籍の噂があるのはチェルシーのアザールや、パリ・サンジェルマンのネイマール。

(アザールの加入決定!)

どちらにしても10番を好んで付けるプレーヤーですよね。

新加入選手が10番を付けることになるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

レアル・マドリードの歴代10番を本文内でまとめ

現在はクロアチアのルカ・モドリッチ

時期10番は…数年で代わりそう

レアルの10番と言うと偉大な選手が多い一方、近年はいまいち力を発揮出来ていない選手が多かったのも事実。

モドリッチが偉大な10番を取り戻したとも言えるかもしれません。

しかし年齢を考えても数年で次に代わると思われますので、次が誰になるのか…注目ですね。

その他の番号も含め、レアル・マドリードの背番号の移り変わりを歴代一覧にした記事もあります。

よろしければそちらもどうぞ!

スペインの名門、レアルマドリードの背番号を歴代で振り返ってみたいと思います! 背番号の系譜的な部分もあり、誰々のあの番号を…今は誰が付けて...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スペイン、リーガ・エスパニョーラに所属するレアル・マドリードです。 最新の2019-2020シーズンのフォーメーションや登録選手・背番号を...
スポンサーリンク