サッカーモンゴル代表の登録選手・メンバー2019!フォーメーションやFIFAランキング、監督情報!

サッカーモンゴル代表の登録選手・メンバー2019!フォーメーションやFIFAランキング、監督情報!

東アジアに位置するモンゴル国。

長らくサッカー弱小国でしたが…近年は徐々に力を付けてきたように思います。

同じアジア圏ということで、日本とも関りの有る国ですよね。

今回はそんなモンゴル代表の最新メンバー監督、背番号などを紹介していきたいと思います。

強さの目安であるFIFAランキングも紹介しますよ!

また、いったいどんな国でどこにあるのか…サッカー目線で簡単に見ていきましょう。

スポンサーリンク

【2019】モンゴル代表の登録メンバー・背番号

紹介するメンバーは最近の大会で活躍していたメンバーとなります。

親善試合などの情報は反映しきれないのでご注意下さい。

どの大会でのメンバーかは、下記を確認して下さい。

【10/10更新】10/10 2020ワールドカップアジア2次予選 日本戦の登録メンバー

GK

エンクタイバン・ムンケルデン (Enkhtaivan Munkherdene)

背番号:1

生年月日:1995年10月17日

所属クラブ:アスレチック220 FC

サイハンチュルーン・アマルバヤスガラン (Saikhanchuluun Amarbayasgalan)

背番号:16

生年月日:1996年8月28日

所属クラブ:FCウランバートル

アリウンボールド・バッサイカーン (Ariunbold Batsaikhan)

背番号:18

生年月日:1990年4月3日

所属クラブ:エルチムFC

スポンサーリンク

DF

ムンク・オルギル・オルホン (Munkh Orgil Orkhon)

背番号:2

生年月日:1999年1月30日

所属クラブ:FCデレン

ターバット・ダギナー (Turbat Daginaa)

背番号:3

生年月日:1992年7月31日

所属クラブ:アスレチック220 FC

ウスクバヤル・スフバートル (Osokhbayar Sukhbaatar)

背番号:5

生年月日:1995年12月21日

所属クラブ:FCウランバートル

ヤンシリック・マラトカン (Jansyerik Maratkhan)

背番号:14

生年月日:1999年4月5日

所属クラブ:FCデレン

テムーレン・ドゥゲリー ()

背番号:15

生年月日:xxxx年x月x日

所属クラブ:ウランバートル・シティFC

ダバハフ・バットゥール (Davajav Battur)

背番号:17

生年月日:1990年5月20日

所属クラブ:エルチムFC

ビルグン・ガンボルド (Bilguun Ganbold)

背番号:20

生年月日:1991年4月12日

所属クラブ:エルチムFC

トゥグルドゥル・ガルト (Tuguldur Galt)

背番号:21

生年月日:1995年5月31日

所属クラブ:エルチムFC

ノージュモー・ツェデンバル (Norjmoo Tsedenbal)

背番号:23

生年月日:1988年9月12日

所属クラブ:ウランバートル・シティFC

スポンサーリンク

MF

ナルマンダフ・アルタグ (Narmandakh Artag)

背番号:6

生年月日:1997年3月9日

所属クラブ:ウランバートル・シティFC

サンドルジ・ヤンチフ (Sundorj Janchiv)

背番号:7

生年月日:1991年8月1日

所属クラブ:ウランバートル・シティFC

ツェンド・アユシュ・クレルバートル (Tsend Ayush Khurelbaatar)

背番号:10

生年月日:1990年2月22日

所属クラブ:ホルムホン

バルジンニャム・バトボルド (Baljinnyam Batbold)

背番号:12

生年月日:1999年11月8日

所属クラブ:ホルムホン

エンクビレグ・プレブドルジ (Enkhbileg Purevdorj)

背番号:13

生年月日:1996年2月8日

所属クラブ:アンドゥッド・シティFC

バトオルギル・ゲレルトオド ()

背番号:22

生年月日:xxxx年x月x日

所属クラブ:FCデレン

スポンサーリンク

FW

ダルグン・アマラ (Dulguun Amaraa)

背番号:4

生年月日:2001年2月20日

所属クラブ:FCデレン

ガンクヤグ・セル・オディヤンジフ (Gankhuyag Ser Odyanjiv)

背番号:8

生年月日:1994年9月6日

所属クラブ:ハンガリッドFC

タグスビレグ・バットボルド (Tugsbileg Batbold)

背番号:9

生年月日:1995年2月5日

所属クラブ:ウランバートル・シティFC

ニャム・オソル・ナランボルド (Nyam Osor Narabold)

背番号:11

生年月日:1992年2月22日

所属クラブ:ホルムホン

オユンバートル・ミジドドルジ (Oyunbaatar Mijiddorj)

背番号:19

生年月日:1996年8月22日

所属クラブ:ウランバートル・シティFC

監督

ミハエル・ヴァイス (Michael Weiss)

生年月日:1965年3月11日

国籍:ドイツ

就任:2017年~

スポンサーリンク

モンゴル代表のフォーメーション!

【10/3更新】9/10 2020ワールドカップアジア2次予選 タジキスタン戦のフォーメーション

モンゴル代表の注目選手!

アリウンボールド・バッサイカーン

モンゴル代表の守護神。

2022FIFAワールドカップアジア2次予選で初戦のミャンマー戦、その後のタジキスタン戦でもスタメンに。

日本代表との試合でも恐らく先発を務めることになるでしょう。

堅実なセービングが持ち味であり、モンゴルの堅守を支える存在。

日本代表はミャンマー戦で、数多くのチャンスを作りながらも2得点。

その二の舞を避けるためにも、このゴールキーパーの攻略が大事になりそうです。

オユンバートル・ミジドドルジ

1トップの位置に入ることの多い、突破力に優れたプレーヤーです。

4-3-3と言うべきか4-1-4-1と言うべきか…この基本フォーメーションの1番前に陣取る選手ですね。

モンゴルはサイドに突破力に優れた、セル・オディヤンジフアマラが並ぶことが多いです。

サイドが攻撃の起点となり、中央のミジドドルジが絡んでくるというのが攻撃のパターンですね。

スポンサーリンク

モンゴル代表の基本情報!

モンゴルは東アジアに位置し、ロシアと中国の間にある国です。

サッカーでは弱小国…ですが、近年は徐々に力を付けてきており2022年のカタールワールドカップのアジア予選では、初となる1次予選を突破しています。

ワールドカップへは2002年の第17回大会から参加。

2018年のロシア大会までに予選を突破したことはありません。

AFCアジアカップへは2000年から参加。

こちらも2019年のUAE大会までの予選を突破したことはありません。

主要成績

ワールドカップ:予選敗退

AFCアジアカップ:予選敗退

FIFAランキング

183位 (2019年9月19日発表)

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

モンゴル代表のメンバー、監督を本文内で紹介

主要成績やFIFAランクを本文内で紹介

東南アジアの国ということで、何かと日本とも馴染みのある国ではありますよね。

強い国ではないですが、元代表は初のワールドカップのアジア1次予選を突破しているだけに油断は出来ません。

2022ワールドカップのアジア二次予選では日本と同じくF組に。

そんなワールドカップアジア予選兼、アジアカップ2023予選の詳細は別記事が詳しいです。

2022年のカタールワールドカップに向けたアジア予選。 我らが日本は2次予選からの参加となっています。 ちなみに、このワールドカップアジ...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする