サッカーコロンビア代表の登録選手2019!フォーメーションやFIFAランキング、監督、背番号情報!

サッカーコロンビア代表の登録選手2019!フォーメーションやFIFAランキング、監督、背番号情報!

南アメリカに位置するコロンビア。

コーヒーの産地として有名ですが、サッカーも強豪国として有名ですよね。

かつてはバルデラマやリンコンなどの一流選手が。

近年はファルカオハメス・ロドリゲスなどの一流選手がいます。

しかもイケメン揃い!

今回はそんなコロンビア代表の最新メンバー監督などを紹介していきたいと思います。

強さの目安であるFIFAランキングも紹介しますよ!

また、いったいどんな国でどこにあるのか…サッカー目線で簡単に見ていきましょう。

スポンサーリンク

【2019】コロンビア代表の登録メンバー

紹介するメンバーは最近の大会で活躍していたメンバーとなります。

親善試合などの情報は反映しきれないのでご注意下さい。

どの大会でのメンバーかは、下記を確認して下さい。

【3/22更新】キリンチャレンジカップ2019の登録メンバー

GK

ダビド・オスピナ (David Ospina)

背番号:

生年月日:1988年8月31日

所属クラブ:ナポリ(イタリア)

怪我のため辞退

アルバロ・モンテロ (Alvaro Montero)

背番号:1

生年月日:1995年3月29日

所属クラブ:デポルテス・トリマ

カミーロ・バルガス (Camilo Vargas)

背番号:12

生年月日:1989年3月9日

所属クラブ:デポルティーボ・カリ

イバン・アルボレダ (Ivan Arboleda)

背番号:18

生年月日:1996年4月21日

所属クラブ:バンフィエルド(アルゼンチン)

スポンサーリンク

DF

エリベルトン・パラシオス (Helibelton Palacios)

背番号:2

生年月日:1993年6月11日

所属クラブ:アトレチコ・ナシオナル

ウィリアム・テシージョ (William Tesillo)

背番号:3

生年月日:1990年2月2日

所属クラブ:レオン(メキシコ)

クリスティアン・ボルハ (Cristian Borja)

背番号:6

生年月日:1993年2月18日

所属クラブ:スポルティング・リスボン(ポルトガル)

ジェリー・ミナ (Yerry Mina)

背番号:13

生年月日:1994年9月23日

所属クラブ:エバートン(イングランド)

デイベル・マチャド (Deiver Machado)

背番号:17

生年月日:1993年9月2日

所属クラブ:アトレチコ・ナシオナル

ジェイソン・ムリージョ (Jeison Murillo)

背番号:22

生年月日:1992年5月27日

所属クラブ:バルセロナ(スペイン)

ダビンソン・サンチェス (Davinson Sanchez)

背番号:23

生年月日:1996年6月12日

所属クラブ:トッテナム(イングランド)

スポンサーリンク

MF

ルイス・オレフエラ (Luis Orejuela)

背番号:4

生年月日:1995年8月20日

所属クラブ:クルゼイロ(ブラジル)

ウィルマル・バリオス (Wilmar Barrios)

背番号:5

生年月日:1993年10月16日

所属クラブ:ゼニト(ロシア)

グスタボ・クエジャール (Gustavo Cuellar)

背番号:8

生年月日:1992年10月14日

所属クラブ:フラメンゴ(ブラジル)

ハメス・ロドリゲス (James Rodriguez)

背番号:10

生年月日:1991年7月12日

所属クラブ:バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)

ルイス・ディアス (Luis Diaz)

背番号:14

生年月日:1997年1月13日

所属クラブ:アトレティコ・ジュニオール

マテウス・ウリベ (Matheus Uribe)

背番号:15

生年月日:1991年3月21日

所属クラブ:クラブ・アメリカ(メキシコ)

ジェフェルソン・レルマ (Jefferson Lerma)

背番号:16

生年月日:1994年10月25日

所属クラブ:AFCボーンマス(イングランド)

ファン・フェルナンド・キンテーロ (Juan Fernando Quintero)

背番号:

生年月日:1993年1月18日

所属クラブ:リーベルプレート(アルゼンチン)

怪我のため辞退

スポンサーリンク

FW

アルフレド・モレロス(Alfredo Morelos)

背番号:7

生年月日:1996年6月21日

所属クラブ:レンジャーズ(スコットランド)

ラダメル・ファルカオ (Radamel Falcao)

背番号:9

生年月日:1986年2月10日

所属クラブ:ASモナコ(フランス)

ドゥバン・サパタ (Duvan Zapata)

背番号:11

生年月日:1991年4月1日

所属クラブ:アタランタ(イタリア)

ルイス・ムリエル(Luis Muriel)

背番号:19

生年月日:1991年4月18日

所属クラブ:フィオレンティーナ(イタリア)

ジミ・チャラ (Yimmi Chara)

背番号:20

生年月日:1991年4月2日

所属クラブ:アトレチコ・ミネイロ(ブラジル)

セバスティアン・ビジャ (Sebastian Villa)

背番号:21

生年月日:1996年5月19日

所属クラブ:ボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)

監督

カルロス・ケイロス (Carlos Queiroz)

生年月日:1953年3月1日

国籍:ポルトガル

就任:2019年

スポンサーリンク

コロンビア代表のフォーメーション!

キリンチャレンジカップ2019 日本戦のフォーメーション

コロンビア代表の注目のイケメン選手!

ハメス・ロドリゲス

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hoy justo hace 7 años debutaba en la selección. Es un sueño ponerme esta camiseta 🇨🇴. Gran victoria!

James Rodríguezさん(@jamesrodriguez10)がシェアした投稿 –

精度の非常に高い左足が持ち味の選手です。

ロシアワールドカップでは怪我もあり…といった状況でしたが、2018年10月のアメリカとの親善試合でしっかりと復活した姿を見せています。

パスやクロスの質に定評がありますが、左足から放たれるミドルシュートを筆頭に得点能力も高い選手です。

代表では左サイドでの起用が多いですが…本来はトップ下の選手かと。

コロンビア代表の4-3-3だと左サイドになってしまうのでしょうが…監督も2019年からカルロス・ケイロスさんになりましたので、この辺りをどうするか楽しみです。

キリンチャレンジカップ2019では、4-2-1-3の1の部分と言いますか…4-2-3-1の2列目センターに置かれました。

やはり彼はトップ下の方が活きる印象がありますね。

スポンサーリンク

ラダメル・ファルカオ

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Es fantástico jugar ante nuestros hinchas. A donde quiera que vayamos allí están dándonos su apoyo. Es importante seguir marcando y dar el 100 por ciento por el equipo. Gracias a Dios por esta victoria y el gol 😁

Falcaoさん(@falcao)がシェアした投稿 –

古典的なセンターフォワードタイプの選手です。

ゴール前での駆け引きが非常に上手く、マークを外す動きに長けた選手ですね。

そのためにワンタッチ、ツータッチというゴールが多く、ペナルティエリア内が主戦場となっています。

キックの精度は非常に高く、セットプレーも蹴れるほど。

右も左も、更には頭でもゴールが取れる点取り屋です。

スポンサーリンク

コロンビア代表の基本情報!

コロンビアは南アメリカに位置する国ですね。

1990年代のバルデラマを筆頭としたチームは強かったですね。

その後は低迷期がありましたが、2010年代はファルカオハメス・ロドリゲスの活躍もあり、強豪国の1つとなっています。

ワールドカップへは1958年より参加。

2014年のベスト8が最高成績となっています。

コパ・アメリカへは1945年より参加。

途中に棄権していた期間もありますが、1990年代から好成績を残しています。

主要成績

ワールドカップ:ベスト8(2014年)

        ベスト16(1990年、2018年)

コパ・アメリカ:優勝(2001年)

        準優勝(1975年)

        3位(1993年、1995年、2016年)

FIFAランキング

12位 (2019年4月4日発表)

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

コロンビア代表のメンバー、監督を本文内で紹介

主要成績やFIFAランクを本文内で紹介

コロンビアと言えば、やはり2018年のロシアワールドカップのグループステージの初戦。

日本代表は世界の強豪を相手に見事な勝利を掴みました。

そしてキリンチャレンジカップ2019では、やはり強さを見せつけられましたね。

とは言っても、日本もなかなか良い試合をしたのも事実です。

コパ・アメリカ2019でも、決勝トーナメントで再び対戦する可能性も。

コパ・アメリカに関してはこちらの記事が詳しいです。

南米サッカー連盟が開催する、南米大陸の10か国+招待国で行われるコパ・アメリカ。 2019年のブラジル大会は、我らが日本代表も招待されてい...

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする