マンチェスターユナイテッドの10番を歴代で紹介!次の10番候補は誰になるのか?

マンチェスターユナイテッドの10番を歴代で紹介!次の10番候補は誰になるのか?

イングランドの強豪であり世界的に人気の高い、マンチェスター・ユナイテッド。

日本でも人気が非常に高いクラブですよね。

そんな名門であるマンUの10番を背負った選手は誰がいるのでしょうか?

歴代で振り返ってみたいと思いますよ。

その中でも特に気になる選手をピックアップして紹介します。

更には現在の10番と、次の10番は誰になるのか…その辺りも見ていきましょう。

スポンサーリンク

マンチェスターユナイテッドの背番号10を歴代で紹介!

シーズン 名前 生年月日 国籍
1992-93 マーク・ヒューズ 1963.11.01 ウェールズ
1993-94
1994-95
1995-96      
1996-97 デビット・ベッカム 1975.05.02 イングランド
1997-98 テディ・シェリンガム 1966.04.02 イングランド
1998-99
1999-00
2000-01
2001-02 ルート・ファン・ニステルローイ 1976.07.01 オランダ
2002-03
2003-04
2004-05
2005-06
2006-07      
2007-08 ウェイン・ルーニー 1985.10.24 イングランド
2008-09
2009-10
2010-11
2011-12
2012-13
2013-14
2014-15
2015-16
2016-17
2017-18 ズラタン・イブラヒモビッチ 1981.10.03 スウェーデン
2018-19 マーカス・ラッシュフォード 1997.10.31 イングランド
2019-20

イングランドのプレミアリーグでは、背番号固定制になったのは確か1993-94シーズンですね。

それ以前はスタメン選手に1~11の数字を割り当てていた形でした。

チャンピオンズリーグでは背番号が違う…なんてことも90年代中頃まではありましたね。

ユナイテッドの場合は、固定制になる前もマーク・ヒューズが背負っていた印象が強いです。

スポンサーリンク

マーク・ヒューズ

178cmと決して大柄ではないものの、体の強さを活かしたポストプレーが持ち味の選手でした。

強烈かつ上手いシュートが武器でしたね。

マンチェスター・ユナイテッドのユース出身で1983年にトップチームデビュー。

1986-87シーズンにバルセロナに、1987-88シーズンにバイエルン・ミュンヘンを経て、1988-89シーズンよりマンUに復帰。

1992-93シーズンの26年ぶりのリーグ優勝の立役者となる大活躍を見せていますよ。

1994-95シーズンまで10番を背負い、1995-96シーズンからチェルシーFCへ移籍しています。

Mark Huges Manchester United Legend!

ルート・ファン・ニステルローイ

世界の点取り屋であり、オランダ、イングランド、スペインの3つのリーグで得点王を獲得。

チャンピオンズリーグでも実に3回の得点王を記録しています。

マンチェスター・ユナイテッドへは2001年に加入し、シェリンガムが移籍したことにより空いていた10番をいきなり付けています。

ベッカムとのホットラインで得点を取り続け、エースストライカーとして大活躍していましたね。

しかしルーニーの台頭やクリスティアーノ・ロナウドとの相性の問題などもあり、2006年7月にレアル・マドリードへ移籍。

マンチェスター・ユナイテッドに在籍した5シーズン、全てで10番を背負っていました。

Ruud van Nistelrooy UCL Goals For Manchester United
スポンサーリンク

ウェイン・ルーニー

マンチェスター・ユナイテッドの歴代通算得点ランキング1位です。

そしてイングランド代表の通算得点ランキングも1位ですね。

ストライカーでありながら生粋の点取り屋というタイプではなく、オールラウンドに何でも出来る選手です。

トップ下の位置からゲームの組み立てにも参加出来ますし、自らゴールを奪うことも出来ます。

快足とキックの上手さを活かしたゴールが多いですね。

マンチェスター・ユナイテッドへは2004-05シーズンに加入。

加入当初の背番号は8番で、2007-08シーズンより10番に変更しています。

そして2017年7月にエヴァートンに移籍するまで、実に10シーズンに渡り10番を背負いました。

Wayne Rooney – Best Goals Ever [HD]

現在の背番号10はマーカス・ラッシュフォード

2019-20シーズン現在、背番号10を背負っているのはマーカス・ラッシュフォード。

マンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身で、2015年にトップチーム入り。

2016年にプレミアデビューとなっています。

フェイントとスピードを活かしたドリブル突破が持ち味ですが、比較的万能型の選手のような気がします。

偉大な10番、ルーニーのような選手に育つでしょうか?

2015-16シーズンは39番を、2016-17と2017-18シーズンは19番を付けており、2018-19シーズンより10番を背負います。

2019-20シーズン時点で22歳と非常に若く、生え抜きということもあり期待の10番と言って良いでしょう。

Marcus Rashford 2018-19 | Dribbling Skills & Goals
スポンサーリンク

マンチェスター・ユナイテッドの次の10番は誰になる?

マンチェスター・ユナイテッドの時期10番ですが…しばらくの間は変わらないと思われます。

現在の10番であるラッシュフォードとの契約は、2023年6月まで。

2019年7月に新たに4年契約を結んでいます。

報道によると、更に1年間の延長オプションも含まれているようで…5年契約となる可能性も。

仮に2024年までの契約となっても、満了時にはまだ25歳。

チームの状況次第ではありますが…まだまだエースとして活躍している可能性が高いでしょう。

10番の重さに潰されない限り、長期政権となるのではないでしょうか?

2019-20シーズンは10番を背負って2シーズン目となるだけに、ここが勝負所かもしれません。

何があるかわからないサッカー界ですが、現在の契約を更に延長する可能性も十分に考えられます。

そうなると、まさに長期的に10番を背負い…ルーニー並みになる可能性もありますね。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

マンチェスター・ユナイテッドの歴代10番を本文内でまとめ

現在はイングランドのマーカス・ラッシュフォード

時期10番は…しばらく変わらない?

ユナイテッドの10番と言うと…やはりルーニーの印象が強いでしょうか?

記事内では紹介しませんでしたが、デビット・ベッカムも96-97シーズンに付けています。

彼は7番のイメージが強いですが…。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

イングランド、プレミアリーグに所属するマンチェスター・ユナイテッドです。 最新の2019-2020シーズンのフォーメーションや登録選手・背...
スポンサーリンク